浅草今半、百年牛丼

東京駅の近くで仕事。
しかも今日は東京駅から出発ということもあって、昼を東京駅の近所。
グランルーフという、八重洲口の駅舎の地下にある施設。かつてはおそらく資材通路であったであろう、細長いスペースを一年ほど前リニューアル。
JRのデベロッパーとしての商売上手な手腕を遺憾なく発揮したような飲食店ばかりの集まる小さな商業施設の中に「浅草今半」の店があり、そこを選んで食べることにした。

今半と言えば、「人形町」と「浅草」を名乗る会社が2つあるj.
飲食店を手広く展開しているのが「人形町今半」。百貨店などの売店を展開するのが「浅草今半」と見事に住み分けがなされてる。
ちなみに一軒だけ「代々木今半」なる店があり、実はココが隠れた名店。ひさしぶりに近々行こうと手ぐすね引いて企んでおる。
で、浅草今半の料理を食べることができる支店は結構珍しく、グランルーフのほとんど一番端っこという、あまり良くない場所にありつつ結構人気。特に売店で売ってる「ココだけ」すきやき弁当や牛丼を予約する人や電話がひっきりなしにかかってる。

牛丼食べます。
「百年牛丼」という名前の料理。
1980年代の創業ですから、100年以上の歴史を込めて…、というコトなのでしょう。
しかももともと浅草今半は「牛めし専門」の店として創業したという起源ももってる。
ならばなおさら、誇りをもってということなのでありましょう。
注文して待つ。
とは言え、すき焼きを目当ての人たちもいらっしゃり、お店の人が張り付き世話焼き、おいしそうなすき焼きができていくのがみてとれる。
お腹もなります。
ワクワクしながら待ってくるのがこのお膳。

口が広くて浅めの丼。蓋付きでくる。
例えば京橋の伊勢廣の焼鳥丼の器もそうだけれど、上等な店の上等な丼は浅めで口広って姿が多い。
ご飯は控えめ。
ご飯の上にのっかる具材がたっぷりで、しかもその全容を一目にして眺めることができるというのがいいのでしょう。ただ盛り付けには入念な手際が必要。
炊いた豆腐を向こうに置いて、肉に玉ねぎ、グリーンピースと色鮮やかでうつくしく、牛丼というよりすき焼きのおいしい状態をストップモーションでながめているような気持ちがするのがまずオゴチソウ。

肉は大きい。大判の和牛をクツクツ、割り下でたきそれを2枚のっけてる。たった2枚で丼の中のご飯を見事に覆い尽くしているというのがまずゴージャスで、当然、食べるときには歯切って味わう。肉を噛み切る食感に、口の中でとろける感じ。肉を食べてるって実感がわく。
割り下は醤油の風味がキッパリとした味わいで、肉の脂の旨みを引き立てご飯をおいしくしてくれる。甘めの赤出汁。赤かぶの漬物がつくところがなんともボク好み。
ちなみにこの牛丼の中で最もおいしい部分。それは断然玉ねぎで、生の状態を思い出させる絶妙な火加減見事で、甘みよりも辛味に傾く玉ねぎの味。シャキシャキとした食感と、肉の旨さを引き立てる見事な脇役。感心す。

 

関連ランキング:すき焼き | 東京駅京橋駅二重橋前駅

コメント

  1. りんご

    ときどき無性にすき焼きの甘さが欲しくなるときがあります。
    きっと疲れているタイミングなのでしょうね。
    勢いのある焼肉も、威風堂々のステーキも、牛肉全般もちろん大好きなんですけどね!
    我が家のすき焼きはたっぷりの割下に数回くぐらせて、柔らかいうちに戴くしゃぶしゃぶ風です。
    書いてるうちに食べたくなってまいりました☆

    • サカキシンイチロウ サカキシンイチロウ

      りんごさん
      すき焼き味のしゃぶしゃぶ。
      おいしそうですね!
      日本人好みの脂のほどよく乗った牛肉を、一番おいしく食べる方法がすき焼きなんだろうと思います。
      うちのすき焼きには茹でたじゃがいもが入ることが多く、そのじゃがいもがどんどん崩れていく割り下をご飯にのっけて食べるとおいしいのです。
      食べたくなりますねぇ…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。