洋麺屋五右衛門の洋麺

ひさしぶりに「洋麺屋五右衛門」にやってきてみる。お勉強です。
はじめて経験したのは40年ほど前のコト。まだ五右衛門という店が生まれたてで、若い女性が渋谷にでかける目的のひとつと言われた人気店。飲食店の経営者の人たちが若い人たちの食の現場をみたいからと、当時まだ大学生だったボクに案内役の白羽の矢がたった。
ボクにとってもはじめての店。ワクワクしながらでかけたのだけど、平均年齢40半ばのおじさんたちのグループです。まるで異物をみるようなお店のスタッフの冷たい雰囲気にいたたまれない気持ちになって、何をどう食べどう感じたかは今でも全然思い出せない。
一緒にいった人たちが「渋谷という街はカッコはいいけどコストパフォーマンスの悪いパッとしない食べ物が流行る街」と言い放ったのは覚えてる。その人たちはみんな後に地方の飲食チェーンで成功をして、渋谷の街は今でもコストパフォーマンスの悪い料理で溢れてる。

さて今日の店。
新宿の伊勢丹の近くにあるビルの地下。
食事時がはじまったばかりでまだガラガラ。
厨房の中には女性スタッフひとり、客席側にはおばぁちゃんがひとりでサービスしてる。
40席以上はある店がこの人数で回るんだ…、ってびっくりします。
この界隈だけでも3軒もお店があって、人気があるっていう以上に少人数で運営できるから店をたくさん作れるんだって思ったりする。
テーブルの上には半月盆。
それから割り箸とあたかも日本料理のお店のようなセッティング。スパゲティー屋でなく「洋麺屋」となのる所以のひとつでありましょう。
メニューも和風スパゲティー。
人気のスパゲティーをハーフサイズで2種類選べるセットがあって、中でも一番人気という茄子とトマトのスパゲティーと、明太子とエビのスパゲティーを選んでたのむ。
スープが最初にやってきて、飲んでみると松茸の味のお吸い物の味がするのネ。そういえば五右衛門のスパゲティーの味のベースは昆布茶か松茸の味お吸い物と昔言われていたから味の統一感がとれている…、ってことなんでしょう。

スパゲティーの麺はほどよき状態で、歯ごたえはよい。
ソースの味も悪くなく、例えば明太子のスパゲティーはほんの少量の明太子で、よくもここまで明太子味に整えられる…、って感心させられるような味。
しかもどちらのスパゲティーも鍋の中でタプンタプンとしてないのです。
ソースをかけて軽く和えただけなのに、とろみがついてて麺にからむ。化学の力で乳化させているソースなんでしょう。すべすべしていて食べ続けるとそこはかとない不自然を感じてしまう。
それにしてもお皿に入ったこういう料理を箸だけで食べることのむつかしいコト。みんな音を立てずに食べようとするから頭を皿に近づけてネコのように食べてらっしゃる。かっこ悪い。

単品メニューはどれも1000円以上の値段。それに比べて具材は貧弱。味も悪くはないけれどコンビニエンスストアで売ってるスパゲティーと同じようなモノ。つまり「炭水化物と調味料」」で出来上がっている料理です。
もしこれがうどんだったら500円。ラーメンだったら800円がいいとこでしょう。スパゲティーにはスパゲティーの値段があってそれがおそらく1000円前後。得しているなぁ…、ってしみじみ思う。
そしてもし、業界ナンバーワンの彼らが安売り戦略をとったなら値ごろ感が一気に下がるに違いなく、業界ナンバーワン企業が安売り企業か否かは業界にとって死活問題。うどん屋さんは本当に大変。なやましい。

 

関連ランキング:パスタ | 新宿三丁目駅新宿駅新宿西口駅

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。