沼津港

ランチの時間に新宿に出る。用事があったわけではないけど、日曜の昼に営業している飲食店が家の近所に少なくて、それで新宿。何を食べるるか気持ちが決まらぬときに、街を歩くと食べたいものが決まってくれるという利点もあって、それでブラブラ。
混んでるだろうと思ってた沼津港に行列はなく、最後の二席が運良く残っててそれで寿司にすることにした。カウンターの奥の方。目の前に握り手さんがいないところで、サービススタッフに食べたいものを注文をする。そしたら一気に出来上がり、あっという間に目の前にズラリとお皿がならんじゃう。

職人さんにたのむときには、一度に2皿程度が目安。
だからこうしてカウンターの上にギッシリ。
並べる場所に困っちゃうほど一度に来るのはちょっとめずらしい。
とは言え、にぎやかなコトってステキであります。
気持ちが上がる。

どういう順番で食べていこうか、迷いながらもまずは貝。
つぶ貝、北寄とたのしみます。
ゴリゴリ、奥歯で砕けて壊れるようなつぶ貝。
耳の奥から砕ける音が響いてくるのがたのしくて、それでゴリゴリ。
音がおさまるとシャリと混じってとろけてく。変化に富んだ噛みごたえ。
北寄はクニュンと、歯になめらか。
強い旨みと一緒に軽い渋みが口に広がり、ネットリ感が持続する。
続いて光ったコハダとイワシ。むっちりとしたコハダの味わい。イワシは大きく脂がのって、若干残った小骨がホジホジ。ついさっきまで活きてたんだなぁ…、って思いながらウットリ食べる。脂がとろけてシャリと混じってポッテリとした食べ心地。
甘い白イカ。ざっくりとした歯ごたえなんともたくましいカンパチ味わいお皿がキレイに片付いていく。

夏休みです。
ファミリー客がかなり目立って、しかもいつものように外人観光客も賑やか。
それでかベルトの上にはサーモン系やロール系。
赤身や軍艦とお子様、あるいは外人好みのネタが並んでる。
ブラジルとユニオンジャックの旗たてたスイカが思いがけずもおいしげで手が出そうになるのをガマン。
食べたいモノをまたたのむ。

今日のシャコは若干小さめ。
卵を抱いてもいない小さなオトコノコで、その分しっとり。肉がなめらか、これもよし。
ひさしぶりにマグロの漬け。甘辛タレに漬け込まれ、マグロの赤身はネットリ、とても肉感的。ピトッと上顎に貼り付くような食感にウットリします。
醤油のタレに漬け込んだだけで、なんでこんなに味わい、食感が違って別の食べ物みたいになるんだろう…、って今日も感心しながらパクリ。鰻の白焼きは蒲焼きにない脂の旨みを味わえて、口でとろける感じがゴチソウ。

大盛り甘エビをもらう。
シャリの上に甘エビを3尾のっけて一貫となす。
口にほうばり尻尾を3つつまんで前歯でしごくようにして尻尾だけを残してパクリ。
ネットリ口の中でとろける甘い甘エビ。
一尾だけでも十分甘く、それがみっつ揃って口の中にはいってくるのがおいしい。
ベルトの上をトロが流れてやってくる。シャリの温度で脂がとろけところどころがちぎれているのが健気でパクリ。ちょっと長めにベルトの上にいたのでしょう…、シャリが少々乾いてて、けれどそれさえ気にならないほど脂が強くおいしく味わう。トロ鉄火を〆にパクリ。同じトロでも海苔でこうして巻いたほうだおいしく感じる。オゴチソウ。

 

関連ランキング:回転寿司 | 新宿三丁目駅新宿駅新宿西口駅

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。