沼津港の寿司、高野フルーツパーラーのイチゴ

昼、寿司を食べようと新宿の沼津港。
オキニイリの回転寿司。いつもにぎわい、出遅れると行列になっちゃう店でイソイソ急いでやってくる。
ところが朝から冷たい雨の土曜日です。
お客様の出足は遅く、開店してからもしばらく静かで拍子抜け。寿司という料理はイメージ敵に体を冷やす料理だから、寒い日には気持ちがなかなか向かっていかないのかもしれません。
握り手さんを独り占めって感じでたのしむ。ベルトの上にも寿司が並んで流れているけど、流れているのはサーモン、赤身に炙りえんがわとインバウンド向けの寿司がほとんどで、握ってもらおうと壁を見る。
値段ごとにネタの札が並べて貼られているんだけれど、値段の札が真新しい。ちょっと価格が上がりましたか。まぁ、しょうがない。あれこれたのむ。

まずはいつものように貝。
活きたホッキと赤貝をまず。ネットリとして軽い渋みと金属っぽい味が独特のホッキ貝。分厚く、なめらか。今日のシャリはちょっとやさしい味わい。お酢がぼんやりしていて旨味が強い。プルプルとした赤貝は昆布にも似たとろみと味が独特で、紐がゴリッと壊れて潰れる。
パリパリ、砕けるように壊れるつぶ貝。ホタテは分厚くネットリとろける。
蒸し鮑なんてメニューがあって、どうしようかと悩んだ末にたのむ。そしたらすかさず「蒸し鮑、山です」と。寿司屋さんの符帳で品切れの「山」。なんだかちょっと得した感じ。むっちりとしてやわらかで、噛めば噛むほどシャリに馴染んでおいしくなってくアワビを堪能。

それから生サバ。
今の時期のサバは脂がのって旨味が強い。
青い魚独特のまったりとした香りに生姜の風味が混じって味わい力強い。
一方、シマアジはザクッと歯切れる。
そしてスッキリとした旨味を残して潔いほどサラッととろけて消える。
大ぶりのシャコ。
分厚く、しかも重量感があって舌にドシッとのっかる。
苦味を帯びた甘ダレが、シャコの持ち味ひきたてて軽い渋みと一緒に消える。
煮穴子を最後に炙って仕上げた一貫。
とろける。
そしてキチキチ奥歯に居座って、シャリと混じって味わいどっしり。
そろそろ〆に巻物をと思ったところで隣の人がウニをたのんだ。色もきれいで粒がそろっておいしげで、それでボクもたのむことにした。
思った通りにきれいなウニ。軽い塩味と一緒に旨味が口に広がり、最後に甘みを残して終わる。
〆にとお願いしたのがトロ鉄火。大葉と一緒に巻いた一本。口の中が一瞬ひんやりするようなトロの脂にまずウットリ。大葉の香りが脂をすっきりさせシャリと混じってとろりととろける。海苔の風味もオゴチソウ。お腹がほどよく満たされる。

 

関連ランキング:回転寿司 | 新宿三丁目駅新宿駅新宿西口駅

 

食後に季節の甘いもの。新宿駅の西口近くのメトロビルにある高野フルーツパーラーに来る。
いちごの季節です。
年中いちごはおいしい果物になったけど、クリスマスが近づく今の季節が中でもおいしく感じる。ショートケーキといちごとベリーのパフェをたのんで二人で分ける。パフェグラスの中にはいちごのゼリーやアイスクリーム。フランボワーズやブルーベリーも混じって口を華やかにする。
そのにぎやかさもおいしいんだけど、ショートケーキはなおおいしい。
ふっくら焼けたスポンジケーキにホイップクリーム、そしていちごととってもシンプル。テイクアウト用のケーキと違ってホイップクリームが軽くてなめらか、しっとりしてる。気持ち華やか、お腹においしく蓋をした。
それにしてもこのお店のウェイターさんたちのみんなスタイルよろしいこと。女子の花園にふさわしい容姿で、足の長くてほそいことに感心しました。これもひとつのおもてなし。

 

関連ランキング:フルーツパーラー | 新宿西口駅新宿駅新宿三丁目駅

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。