沼津港の寿司、ガッカリなバーキン

火曜日の夜。ひさしぶりの沼津港。
グルメ系といえばいいのかなぁ…、決して安くない値段で売り切っている回転寿司です。
ちょちょっと食べるとすぐ2000円。普通に食べて3000円で腹一杯になろうとすると5000円。…、あくまでボクのお腹の具合にあわせてのことなんだけど、それだけの値段を払うにふさわしい寿司が必ずでてくるところがオキニイリ。
今日もインバウンドの人たちの方が日本人よりずっと多い店内。みんなニコニコしながらたのしんでいて、もしかしたらこの価格帯が日本人には高すぎて海外の人たちにとっては適価なのかもしれない。
だって品質はすばらしいんだもの…、なんで日本の人がこないんだろうって思った答えがもしそれだったらすごく寂しい。

いつもは入り口近くに座る。
メインの握り手さんの前だから気軽に注文できるのがありがたい場所。
今日は反対側のお店の1番奥の席に陣取る。
目の前から一直線にベルトが向こうに寿司がのっかるお皿を運ぶ。
目の前にいる職人さんに食べたい寿司を注文すると、入口近くの職人さんに注文が飛ぶ。出来上がった寿司はその職人さんが運んでくる…、っていうのがたのしい。
タコを握ってもらって食べる。甘だれつきでずっとクチャクチャ噛んで味わう。ボクのじぃさんがタコを握ったにぎりが好きで、ずっと年寄りが食べるもんだと思っていたけど、おいしいモノです。オキニイリ。
それから穴子。やわらかい。けれどシャリと混じるとキチキチ奥歯がきしむような食感がなんともおいしい。オゴチソウ。

今日は貝類が不作でした。海がどんどんあったかくなりはじめているからなんでしょう…、活で食べられるのがホッキ貝だけ。そうそう、コハダも痩せていました。残念至極。生のヤリイカがおいしくて、たのんで食べたらなんとそれで今日の仕入れがおしまい。ちょっとラッキー。
ゴリゴリとした活け〆カンパチ。今日はブリが売りのようで冬のブリとは違って脂がさっぱりしていて風味おだやか。
漬けのマグロにうにの軍艦。漬けだれの中で水気を吐き出してむっちり、ねっとり。奥歯に粘りつくような肉感的なる噛み心地。うには甘くて〆にぴったり。満足しました、満たされた。

 

関連ランキング:回転寿司 | 新宿三丁目駅新宿駅新宿西口駅

 

水曜日の朝。昨日と打って変わって寒くてなのに蒸し暑い。ぐずった空から今にも雨が降ってきそうで近所で朝食。バーガーキングにやってきてみる。
そしたらなんと朝食メニューがなくなっていた。グランドメニューが朝から用意されていて、ハッシュブラウンはあるの?と聞いたらもうなくなったって。クロワッサンサンドイッチも一掃されて、しょうがないからホットドッグを選んで食べる。
朝食メニューは頻繁に来られるように休め価格で朝しか用意されないメニューが魅力的だった。けれどおそらく効率化の一貫でしょう…、限られた時間だけ使われる食材を用意するのが面倒くさくなったのでしょう。グランドメニューの商品もどんどん安くなって朝食メニューの価格的魅力が失せたというのも理由のひとつでしょう。
駄目だなぁ…、マクドナルドに比べてマシなチェーンストアと思っていたけど、こんなことじゃぁ、マクドナルドの方がまし。もったいないなと思う朝。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。