沼津港で寿司、かのやでそば

土曜日の昼…、ひさしぶりに新宿の街にでてのんびり。回転寿司をまず食べる。
時間は12時ちょっと過ぎ。沼津港を目指していきつつ、こんな時間じゃすぐに入るのは無理だよなぁって思って着いたらなんとすんなり座れてビックリ。
運良く、お客様の入れ替わりのタイミングだったようで、ボクたちが座ったところで満席。待ちの行列がたちまちできた。
握り手さんの向かい側という一等席に座れたことも含めて今日はラッキーな昼。いつもの握り手さんよりずっと若い新人さんでらっしゃろうか…、声も元気でそれで寿司もおいしげにみえてくるのがオモシロイとこ。まずは貝。季節柄でしょうか…、貝類が少なく活きてる貝はつぶ貝、ホッキと2種類でそれがどちらもおいしくニッコリ。バリバリ砕けてとろけるつぶ貝、むっちりねっとりプルンとなめらかなホッキにしばし舌鼓。

ベルトの上にもぎっしり寿司が流れてる。
ただお店の中のお客様はインバウンド客が半分以上。
だから彼ら好みのマグロやサーモン、炙りネタが多くてお店の人は「どんどんたのんでくださいネ」と。
それでシマアジ。
サクッと歯切れる潔い身質の魚。脂はほどよく乗っていて強い旨味にウットリとなる。
続いてヤリイカ。分厚く切り分け細かく切り目を入れて仕上げる。食感かなりたくましく、しばらく奥歯のところで抵抗するもゆっくりとろけて強い甘みを残して消える。
イカって種類や部位でまるで食感異なるところがオモシロイ。
タチウオのおいしい季節です。軽く炙って皮の脂を焼ききって塩で味わう。甘みを感じるほどに脂がおいしい。
夏のブリは脂がスッキリしていてむしろ肉の旨味が広がる感じ。薄く削った昆布をまとった小肌はシャキッとお酢がきいてて、お腹をすっきり空かしてくれる。
ウニの軍艦をたのんでみれば、今日のウニの甘いコト。海苔がパリッと壊れてとろけウニのとろけと一緒になって、口の中をなめらかにする。魚卵ってなんでおいしんだろう…、としみじみ思う。おゴチソウ。

ベルトの上をスイカが流れる。いつもの季節はパイナップルが回る。日の丸、ドイツの国旗にスターズ・アンド・ストライプス。みずみずしくて色鮮やかでおいしそうだなぁ…、と思うもさすがに回転寿司でスイカを食べるのもどうかと思ってスルーした。そしたら何度めかに2つスイカのカップが減ってた。食べる人もいるんだなぁ…、ってちょっとビックリ。
分厚いシャコに煮穴子に甘辛のつめをたっぷりかけてねっとり味わう。シャコをたのむと「ガレージね」って奥に向かって注文するのが、若い人でもそうなんだってちょっと笑った。大葉で風味をつけたとろ鉄火を食べて一旦〆る。席を立つ。

 

関連ランキング:回転寿司 | 新宿三丁目駅新宿駅新宿西口駅

 

寿司を食べると体が冷える。
だから何か温かいもの。しかもスープであったり汁麺であったりを食べたくてしょうがなくなる。
それで〆を蕎麦にする。沼津港の近くにあるセルフの蕎麦屋の「かのや」。
岩のりそばをたのんで、コロッケつける。関東風の蕎麦出汁じゃなく、関西風のうどん出汁を使ってもらいコロッケは別添え。
まずサクサクカリッとじゃがいもコロッケを齧って口に油をなじます。バリバリ乾いた岩のりがゆっくり汁をすってとろけるところを眺めつつズルンと一口、ひとたぐり。
バッサリとした歯切れよい蕎麦。鰹の風味と昆布の甘み。白醤油と塩の味でととのった汁がうまくて汁も飲む。そこにコロッケつっこんで、あとはズルズルただただ食べる。岩のりところけ、コロッケまでもがとろけて汁をおいしくさせる。お腹もしっかりあったまる。

 

関連ランキング:立ち食いそば | 新宿駅新宿三丁目駅新宿西口駅

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。