沼津港で回らぬ寿司、サムギョプサルとプデチゲで夜

今日はなくなった彼の四九日で、いつも一緒に4人で遊んでた女ともだちふたりと一緒に食べて喋って供養する。
まずランチどきに新宿集合。沼津港で寿司をつまんだ。
よく来た店です。この場所に移る前、新宿西口のヨドバシカメラの近くのビルの地下にあったときからずっと通ったお店。ここも数日前から営業再開。開店時間を12時と若干時間短縮モード。
開店直前に近所で待ち合わせて、12時ちょうどにお店の中に入れてもらった。
レジの上にビニールカーテン。ベルトは動いているのだけれど、上にお皿はひとつもなくて寿司はみんな注文してから握ってもらう。それならベルトを止めればいいと思うのだけどベルトがとまってしまうとへんてこりんな寿司屋にしか見えなくなっちゃう。なかなかなやましい現実ですな。むつかしい。

まずホッキ貝。
今日は活の貝がこのホッキだけ。
ムチュンとなめらか。
軽い渋みと強い旨味にウットリします。
ただシャリがちょっと甘く感じた。
もともとここのシャリは塩味が控えめで、スッキリとした酸味と自然な甘みで味が整う好きな味。
ところが今日は酢がボケていて代わりに甘みを強く感じた次第。
もしかしたらちょっと疲れているのかなぁ…。
たしかに今日は5時ちょっと過ぎに起きてそのままぼんやりしてた。

それからカンパチ。脂がおいしい。
生のイカゲソ、コリコリとした食感たのしく生姜がおいしい。
赤身の漬けはねっとりとした噛み心地。赤身の持ち味の酸味がシャリの甘みを抑えてなかなか旨い。
炙った穴子にスベスベとしたサヨリの握り。軽い渋みが食欲誘う。
今日は伊勢海老が入ってます…、と、まず握ってもらって殻で味噌汁。エビの風味がかなりゴージャス。トロたく巻きにマグロの赤身にわさびをたっぷり合わせて巻いた涙巻き。お腹がほどよく満たされる。

 

関連ランキング:回転寿司 | 新宿三丁目駅新宿駅新宿西口駅

 

家で思い出話に花を咲かせる。
ボクが知ってた彼とは違ったたのしい彼の話が聞けて、気持ちがちょっと軽くなる。
晩ご飯を近所のとんちゃん。サムギョプサルを食べに出る。
10種類を越える葉野菜と一緒にたのしめるセットがあって、それを目当てに来たのだけれどコロナのこともあって今日はサンチュだけしかないという。
こんなところにも影響が…、って思いながらもサムギョプサルを焼いてもらった。酸っぱいキムチと分厚い豚バラ。溶岩石の板でじっくり焼いてくと豚の脂が滲み出し表面カリッと揚がったように焼けていく。ハサミでジョキジョキ切ったのをサンチュに乗せてネギのせて、塩を溶かしたごま油と焼いたキムチの酸味で食べる。モサモサとしたサンチュが豚の脂をさっぱりさせてくれ、噛みしめる度に脂の旨味が口に広がる。おゴチソウ。

ケランチムをお供にもらう。ケランは鶏卵、チムは鍋。卵鍋とでも言えばいいですか…、スープをたっぷり加えた卵を石鍋に入れて沸騰させてかためて仕上げる。空気がたっぷり含まれていて、ふっくらまるでスフレのような柔らかさ。ハフハフしながら口やお腹を温める。
せっかくだからプデチゲ食べて〆にする。
牛骨のスープに辛味噌、赤唐辛子の粉をたっぷり。キャベツにもやし、キムチにネギ。エノキにチーズ。スパムに刻んだソーセージ。豚バラ肉にトックにインスタントラーメンと具材たっぷり。グツグツ煮込んでそれら全部が渾然一体となったところでハフハフ食べる。家に帰ってのんびりす。

 

関連ランキング:焼肉 | 四谷三丁目駅新宿御苑前駅曙橋駅

コメント

  1. ボルテイモアのおかず

    四十九日経ったのですね、お辛かった事と拝察致します。(それなのに)毎日ブログを更新いただき、どうも有難うございます。
    中の良いお友達とご一緒に供養ができて、良かったですね。ご伴侶もきっとお隣にいらして、喜んでらしたのでは—?
    お酢が甘く感じられたとの事、お疲れでしょうか。暑くなる折、コロナと熱中症も、どうぞくれぐれも御自愛下さいネ。

  2. サカキシンイチロウ サカキシンイチロウ

    ボルテイモアのおかずさん
    最近、夜明け前によく起こしに来てくれるんです。彼が逝った時間が5時ちょっと過ぎ。それでなんだろうと思うのですが、ちょっと寝不足。それで舌の感度が変わってしまっているのかもしれません。
    まだまだ気持ちをもとの状態にすることは難しいですが、ちょっとづつ気持ちを整えながらがんばろうと思っています。
    ご心配ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。