沼津港、酉の市の花園神社経由でモンスナック

夜、なんだか今日も花園神社のにぎやかを味わいたくて新宿に出る。
お参りの前にまず夕食。
本格的な夕食どきには少々早くて、これ幸いと沼津港にやってくる。
いつもは大抵行列ができていて、タイミングが悪いと待たなきゃお店に入れないのに、今日はすんなり。
しかも職人さんの真正面の一番好きな場所をもらえた。
ベルトの上を流れてるのは巻物、お稲荷さん、あるいはデザートと暇なときモードで、好きなものをどんどんたのんでくださいね…、ってメッセージ。
それであれこれ注文注文をする。ほぼボクたち二人が職人さんをひとり独占と言う贅沢さ。たのむとすぐに料理がでてくる。まず貝をと思うも今日は仕入れ少なく、活きてた貝は赤貝と北寄貝だけ。作ってもらうも、どちらも小さくちょっと残念。とは言え鮮度は抜群でクニュクニュネットリ味わい食べる。

貝が不作の代わりに魚は旨い。
中でもシマアジがおいしいですよ…、と握ってもらうとネットリ、むっちり。
ざっくり歯切れる感じもおいしい。
ボクらがたくさん食べる人…、って馴染みの職人さんがわかっているからなのかなぁ。
シャリは小さめ。
いろんなネタを食べられそうで、こりゃありがたい。
冬です。
カニです。ズワイを握ってもらって食べる。
ふっくら、しっとり。シャリと一緒にはらりと崩れ海の旨味を口の広げる。
アオリイカがおいしいですよ…、と今日のおすすめ。
サクッと歯切れてネットリとろける。甘くてウットリ。季節季節でおいしいものって変わるんだなぁってしみじみ思う。
そしてブリ。脂がのってたくましく、ざっくり歯切れてブリ独特の香りを口に撒き散らしながら口をひんやりさせるおいしさ。なにか酢〆のものが食べたくしめ鯖たのむ。上を覆った薄く削った昆布もおいしくお腹がスキッとさっぱりおいしい。ウニの軍艦巻きで気持ちがひと段落。それにしても甘くて香り芳醇ないいウニでした。季節感。

ツメの甘辛味が恋しくて、それで穴子とシャコをたのんだ。
ふっくらと煮た脂ののった穴子をパリッと焼き上げて、シャリを少々。口に入れる前からおいしい香りが鼻をくすぐって、口に含むとまずはサクッ。脂が滲んでたちまちとろけて消えていく。
おいしいなぁ…、うなぎと煮ていてうなぎとまるで違った味わい。大きく分厚いシャコはムチュンざっくり。口の中をみずみずしくする。
さてそろそろ〆をと中トロ鉄火。わさび多めでお願いするも、トロの脂のおかげでまるで辛味を感じず風味と甘みにかわってく。大葉の香りもおいしくて口をスッキリしてくれる。都合全部で11種。よく食べました…、花座神社に特攻す。

 

関連ランキング:回転寿司 | 新宿三丁目駅新宿駅新宿西口駅

 

花園神社をウロウロし、ちょっと体が冷えたよう。
屋台からながれてくるむせ返るようなおいしい匂いにお腹も空いた。
正確を期せば、ただお腹が空いたような気がしただけに違いなく、でも家に帰る前になにか食べておこうと「モンスナック」。紀伊國屋書店の地下の食堂街の中でも抜群に老舗のお店。かつて隣に博多うどんのお店があって、その両店を行ったり来たりしていた時代があったほど、よく通ったお店であります。
スープのようなサラサラカレーが珍しくって、しかも不思議なことにここのカレーを食べると体やお腹の調子が良くなったような気がして、今でもときおり無性に食べたくなる。
900円のカツカレーが大抵いつもサービスプライスで800円。ご飯少なめでマイナス50円。辛味追加で500円。つまり800円のオゴチソウ。カツは熱々の揚げたてで、カレーの中にはよく煮込まれた豚バラ肉がゴロゴロ転がる。

最初の一口はちょっとひと味足りないかなぁ…、といつも思う。おいしいのだけど刺激や旨味が足りないかなぁと思いながら、食べ続けるとどんどんおいしくなっていく。舌に辛くはないのにどんどんお腹がポカポカあったまり、じんわり汗をかいてくる。
旨味も十分。カツの揚げ油が混じってコクもでてくる。このカツがおいしいったらありゃしない。ザクザクとしたパン粉衣にがっしりとした歯ごたえの肉。とんかつとしてもっとおいしいカツはあるに違いなく、けれどカレーのお供としてのカツはとても優秀。
スプーンでザクッと切り分けられてご飯、カレーと一緒に食べると口の中がシアワセになる。福神漬けや青シソの実漬けを加えて、食感、風味を変えて味わい、器は空っぽ。サービスチケットに、昭和39年創業。元祖サラサラカレーの店って誇らしげに書かれてた。そういう店の、そういう味です。オキニイリ。

 

関連ランキング:カレーライス | 新宿三丁目駅新宿駅新宿西口駅

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。