池袋の昼・かるかやのうどん・三松の定食

池袋には西武百貨店がある。
新宿三丁目に伊勢丹があるのと同じように、その存在は特別。
新宿三丁目 − 伊勢丹=パッとしないただの交差点。池袋 − 西武百貨店=ターミナル駅のある田舎の玄関。今、世界のファッションのメッカは新宿伊勢丹だと言われてる。
でもかつて、池袋西武がその名をほしいがままにした時期があり、でもそれもバブルの崩壊と同時にすっかり過去のもの。屋上ののんびりとした景色の中に身をおくと、ここがかつて世界のファッションの中心だったと思えぬのどかに、またこれもよし。

最近、「食と緑の空中庭園」と銘打って屋上の飲食施設がリニューアル。
毎月異なるテーマにしたがってメニューを変えるフードカートが並んで皆様をお迎えします…、ってなんだかオシャレに思えるけれど、結局のとこ屋台が並んだ屋上です。
メニューはオシャレでフレンチフライやチキンウィング、ピザにフレンチトーストなどなど、流行りの料理が提供されてる。でも「流行りの料理はどこにでもある料理」であって、屋上にほしい料理は焼きそば、たこ焼き、綿菓子じゃないか…、と思う。それをとびきりおいしくすれば流行りのモノなんか売る必要はないのに憐れ。
そんななかにあって、孤高の存在が「讃岐かるかや」。昭和43年からこの屋上にあって、つまり今年で50年。メニューも一切かわることなく、変わること無い看板メニュー「かるかやうどん」をたのんで食べる。

浅い色をしたキレイなスープ。出汁がしっかりしていて自然な甘みと塩の旨みのバランスが良い。ただ讃岐うどんといいつつ、イリコの風味より鰹節や鯖節の香りが強く、やさしく旨みがスッキリとした飲みやすい汁。
麺は太くて若干平打ち。よじれて仕上がり、太さ、厚さが一定ではない。素朴な手打ちって感じがたのしい。
歯ごたえがある。コシというより麺そのものが固くてどこか武蔵野うどんのような食感。小麦の香りが強く湧き出し、固く仕上げたすいとんを食べてるような感じがするのがオモシロイ。甘いお揚げに鰹節、かまぼこ、ネギと具材豊富で味わい深く、一口ごとに口がおいしいスープに満たされ潤う感じがオキニイリ。

 

関連ランキング:うどん | 池袋駅東池袋駅都電雑司ケ谷駅

 

せっかく池袋に来たのだから、やってるのならよってみよう…、と「美松」を覗く。
やっていました。連休中も暦通りの営業というのがなんともありがたい。
暖簾に相撲取りの絵と描かれた「美松のごはんでも喰うてみよか」というメッセージ。頭に「池袋に来たら…」とつければ今日の気持ちがそんな感じでまたまたニッコリ。
すでにうどんを食べてはいるけど、暖簾をくぐるとお腹がほどよく空いてくる。

おむすび一つでも気持ちはすんだ。けれどいろいろ食べてみたいものがあって、「麦とろ定食」たのむ。ご飯は十六穀米を選んで量は半分。一緒に玉子焼きをたのんだら、一人前にしましょうか…、それとも半分で焼きましょうか?と言われて半分。代わりに明太おろしをたのんで食卓、にぎやかにする。

味を好みで選んで焼いてもらえる玉子焼き。醤油と砂糖であまから味に仕立ててもらう。明太おろしはおろして搾った大根おろしの上にたっぷり明太子。色鮮やかで食欲誘う。
アジの干物が一枚つきます。皮がパリパリなるまで焼けてて、ジリジリ焼かれる音が聞こえてくるよう。まだ熱々で、箸でいるのものもったいなくて手づかみにしてバリバリ食べる。脂ののった魚の皮は焼けるとこんがり、なんとも旨い。
自家製ぬか漬け。それから小鉢はリンゴのサラダ。水菜や小松菜、ニンジン、大根をリンゴの絞り汁と油と出汁であえたモノ。このリンゴが熟れてとぼけた食感。カリカリシャクシャクのリンゴが苦手なボクにはうれしい食感だった。

ご飯がおいしいので人気の店です。十六穀米も炊き加減が抜群で、ホツホツ、奥歯に当たる感じが心地よい。
とろろはなめらか。出汁と一緒にすりおろされていて、上に青海苔、そして胡麻。
よく混ぜご飯にトロンとかける。ズルンと口にかきこむと、雑穀ご飯がスベスベしながら口の中を転がりまわる。
上にせせった干物のアジの身をのっけてみる。
とろろのネットリした食感に魚の旨みがマジてこれもなかなか旨い。
甘辛に焼いてもらった玉子焼きをご飯にのっけて上からトロリ、とろろをかける。とろろのトロリとふっくらとした玉子焼き。そしてホツホツご飯が口の中でひとつに混じり合う。滋養に満ちたオゴチソウ。
野菜がたっぷりはいった味噌汁でお腹をあっため、食事を終える。お膳の上に残ったのはアジの骨と頭だけ。5月1日、昼ご飯。

 

関連ランキング:定食・食堂 | 池袋駅要町駅

コメント

  1. 薬局の末息子

    そういえば、西武の屋上でビアガーデンをやってたとき、セゾンカードが使えなくちょっとびっくりした。東武池袋店は、8階催事場のフロアに「スカイデッキ」があるので、8階の「物産展」で買ったものを持って、スカイデッキでビールを買って、飲み食いする、ってのが好きです。

    • サカキシンイチロウ サカキシンイチロウ

      薬局の末息子さん
      なんと、ハウスカードが使えないなんて、大人の事情がいろいろあるのでしょう。
      セゾングループがもう実体をなくしてしまい、セブンアイホールディングスに組み込まれてしまった今、もしかしたらナナコカードなら使えるのでしょうか。この長閑な屋上にセブンイレブンが出店していなことを心の救いと思いましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。