汁なし麻婆麺のちホノルルコーヒー

暑い。太陽の光は強く、足元のアスファルトは熱い。熱くて暑い今日みたいな日には熱いくて辛いもので体に喝を入れようと赤坂見附の麻婆豆腐がおいしいことで人気のお店。
「雲辣房」という店にくる。
実は二階に「同源楼」っていう同じく麻婆豆腐で人気の店があってその支店。本店はランチタイムの間、ずっと行列なんで待たずに入れる支店を選ぶ。
食べて汗をかきに来てるのに待つ間も汗だくになるのはどうにも嫌だったから(笑)。
麻婆豆腐が一番人気。ただ入り口脇のメニューに「麻婆麺」とあって、それを無性に食べてみたくなった。スープの中に沈む麺。縮れてるんだろうか、それとも細めのストレート?麺の上に浮かんでフルフル、スープと混じって揺れる豆腐の姿を思い浮かべて、お腹を鳴らす。かなりの繁盛店でほぼ満席。

二人がけのテーブルがメインの造り。
そのテーブルの真ん中に大きなメニューが置かれてて、それが仕切りの役目を果たす。
相席当然という店であります。
まずは前菜代わりの料理と漬物、スープがやってくる。
料理はキャベツときくらげ、湯葉の塩炒め。
コツコツ奥歯を叩く食感。
やさしい味わいで食欲さそう。
漬物はザー菜のラー油炒め、スープはとろみのついた塩味スープ。
これからやってくるであろう辛い主役を受け入れるためお腹の準備をさせるほど良さ。
周りの人たちはみんな麻婆豆腐をご飯のおかずでハフハフ食べる。ボクのテーブルには白い紙エプロンが添えられていて、麻婆豆腐定食の人らにそれはなし。飛び散るんだろうなぁ…、今日は白い麻のカッターシャツを来てきたから忘れず紙エプロンを首のところでキュキュッとしめて食べる準備を整える。そしてやってきた麻婆麺。

丼の上に麻婆豆腐がのっかって豆腐の隙間から麺がのぞいて見えている。けれどスープの姿はなくて、箸をつっこみ麺をヒックリ返してみると麺だけズルンと姿をあらわす。不揃いに太くてよじれた平打麺で、麺は蒸しているのでしょう…、熱々だけど乾いた感じで小麦の匂いがムワッと強い。
よくかき混ぜます。豆腐が壊れてもラー油が周りに飛び散ろうが構わずひたすら混ぜてそれからズルンと食べると、これがおいしい。
麻婆豆腐が細長い麺の形になって口の中で暴れてる。歯ごたえのよい豆腐というものがこの世にあるのかって思ってしまうほどに麻婆豆腐と麺の一体感は素晴らしく、なるほどこの料理の名前が「麻婆豆腐麺」でなく「麻婆麺」であったというコトに気がつく。
食べすすめるとかなりの量のラー油が底に溜まっていて、それを麺がグイグイ吸い込みあとからあとからおいしくなってく。麻婆豆腐をかけたご飯もおいしいけれど、もしかしたら麺と一緒にこうして食べるのが麻婆豆腐の一番おいしい食べ方かも…、って思ったりさえするオキニイリ。
ほどよく舌も痺れてピリピリ。食後のサービスの杏仁豆腐がこれほどおいしく感じることもはじめてでした。汗がひく。

 

関連ランキング:四川料理 | 赤坂見附駅赤坂駅永田町駅

 

食後、ホノルルコーヒーでちょっとのんびり。
居心地のよい空間。明るいのだけど明るすぎない、日陰のようなムードがあって天井ではシーリングファンがゆったりまわり、ハワイの音楽が流れてる。
ホノルルのロイヤルハワイアンショッピングセンターの向かい側あたりのカフェの午後2時って感じが一日漂う好きな店。
マカデミアナッツの香りのコーヒーが放つ甘い香りにホッとする。
シェイブアイス的なフローズンドリンクのキャンペーンをやっているけど、やっぱりここではマカデミアナッツフレーバーのブレンドコーヒー。辛くてしびれる麻婆麺で熱々になったお腹を急に冷ますより、熱いコーヒーで辛味、痺れを薄めてやるのもいいかと思う。これで昼寝ができたらどんなにシアワセ?って思ったりした。のんびりす。

 

関連ランキング:カフェ | 赤坂見附駅永田町駅赤坂駅

コメント

  1. Eiko

    1Fは系列店なんだろうか…と気にはなっていたのですが、「同源楼」の支店なのですね、知らなかったので嬉しいです、ありがとうございます。

    麻婆麺は中国飯店の麻婆担々麺の印象が強くて、汁なしは戴いたことが無かったデス、これは食べてみたい!

    • サカキシンイチロウ サカキシンイチロウ

      Eikoさん
      このスタイルの麻婆麺はボクもはじめてでした。しかもおいしい。新たな料理の発見にかなり興奮いたしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。