母と妹、寿司の居酒屋、高松の夜

高松の週末。ホテル近くの高松築港という駅から電車にのって街の中心街へと移動する。
不思議な駅です。敷地はかつてのお堀の跡です。もともと新駅開発までの仮の駅舎だったところ。再開発が中止になってそのまま駅になっちゃった。だから建物自体も仮住まい的イメージばりばり。つましい感じがむしろかっこよかったりするオモシロサ。
しかもホールの一角にビールスタンドがあったりします。自由でステキ。
切符をかって駅員さんに見せるとパチッと改札鋏で印をいれる。昔はみんなパチパチ、切符に切り目を入れてた。手渡された切符をを見てると、なんだかしみじみあったかで、ステキだなぁ…、って思ったりした。
便利がなくしたさまざまなコト。なくなっちゃうと元に絶対戻らない、人間的なことって他にもたくさんあるんだろうなぁと思う。電車で二駅…、瓦町。

妹も鎌倉から合流して、親子3人で晩ご飯。何を食べよう。どこに行こうかと話していたら、母が驚きのカミングアウト。
「私、居酒屋という店に行ったことがないのよね」って。
なんたる姫さま、お嬢さま。ならばと駅前の寿司居酒屋に飛び込んだ。「や台ずし」という店で、高松を中心に岡山、徳島、松山とこの界隈にお店を持ってるローカルチェーン。寿司だけじゃなく刺身や焼き物、天ぷらと多彩なメニューが揃ってて酒も飲めるし食事もできる。
だから仲間同士でも、家族でも楽しめるのがいろんな人や機会に便利なのでしょう。お座敷席やテーブル席はほとんど予約埋まってて、運良く最後のひと席もらって落ち着いた。

おかずがあってご飯があって、汁があってお新香がある。…、そういう定食的な食べ方が苦手な母にとって、ほどよき量の料理が数多く揃う居酒屋のメニューはとてもたのしいようで、あれもいいわね、これもいいわねと大はしゃぎ。いくつかたのむ。
生ダコのネギ塩ごま油って変わった名前の料理があって、たのんでみると薄切りにした生ダコの足に刻んだネギとごま油。塩で味をととのえ食べるという趣向。韓国料理の生ダコ料理のような味でクニュクニュ、口の中に居座りなかなか消えてくれずたのしく難儀。
刺し身の盛り合わせがやってくると、まずまっさきにウニをつまんで食べる母。だって好きなモノを最初に食べないとすぐにお腹がいっぱいになる。だって年寄りなんだもん…、って不思議な言い訳(笑)。ホッケの塩焼きをフウフウしながら味わい食べる。

居酒屋の花形メニューと言えば揚げ物。
大抵の店は唐揚げに力を入れる。
ところがココで一番人気がイカの豪快揚げ。
ほとんどのテーブルで豪快にたのまれ、そして食べられていた。
大きなイカを一杯丸ごと。
ぶつ切りにして耳もゲソも、足もみんな天ぷらにする。
甘めでしっかりした味の天つゆ。塩や唐辛子を使って食べていくんだけれど、思った以上にふっくらやわらか。油も新鮮でもりもり食べてもお腹が重たくならないのがいい。
それからフグの唐揚げが今の時期だけの人気の商品。醤油やみりんのタレにしっかり漬け込んで、それで揚げるからかなりの色黒。手づかみにしてむしゃぶり食べると、しっかりとした肉の食感は鶏肉のよう。ゼラチン質がまた旨い。

店名にすしがついてるようにやっぱり寿司が売り物で、学生さんたちのグループがいきなり寿司をたのんで飲んでた。お腹もふくれて酒もたのしめ、安く飲むにはいい工夫。
盛り合わせメニューも揃っているのだけれど、食べたい寿司の個数を書いてお店の人に手渡す注文伝票がメニューに挟まれ用意されてる。たのしい工夫。ボクらは〆の巻物たのむ。穴きゅう、サーモンオニオン、それからトロタク。それと一緒に茶碗蒸しやら肉吸いたのみ、お腹をたのしくあっためる。
昔にくらべて食べられなくなっちゃった…、といいはするけどそれでもしっかり食欲あって、食べたいモノがイメージできる。まだまだ若くてホっとする。それからカラオケ。たくさん歌って夜更ける。

 

関連ランキング:居酒屋 | 瓦町駅栗林公園北口駅栗林駅

コメント

  1. 岐阜の市より

    榊さん、素敵な時間ですね❢
    ほのぼの感が伝わって来ます。
    親孝行して下さい。

    • サカキシンイチロウ サカキシンイチロウ

      岐阜の市さん
      元気でいてくれることに、本当にありがたく思います。一緒にいると母もボクも元気になる。今日も1日、親孝行の日曜日です。

  2. のえまみ

    サカキさん
    お母さまと妹御さんとの楽しい食のとき、うっとりとうらやましく思います。お母さまの可愛らしいこと…、やるわねママって感じ。おいしくてもまずくても(もちろんまずいのははヤだけど)食べる楽しみってステキだわ。サカキさんのチョイでもよかったよってところに行ってみよう!! ああ、箱寿司食べたいなあ!!

    • サカキシンイチロウ サカキシンイチロウ

      のえまみさん
      折角のお料理。おいしく食べたいですもんね。
      おいしい料理をよりおいしくしてくれるのも、ちょっと残念な料理もたのしい思い出にしてくれるのも、一緒に食べてくれる大切な人たちがいてこそ。
      ありがたいなぁ…、って思います。箱寿司…、そう言えばボクも長い間食べてないことを思い出しました。食べに行かなきゃ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。