桃太郎祭ずしから酢重正之楽の蕎麦

岡山から夕方、新幹線で東京移動。とんぼ返りの出張でした。
昼をちょっと控えめ量にして終えたので、旅のお供に弁当一個分のお腹は空いていた。それで「桃太郎の祭ずし」。弁当売場には「贅沢祭ずし」だとか「究極の祭ずし」だとかいろんなバリエーションが並んでて、でもやっぱり岡山の旅の帰りにはこの定番。
半透明のショッピングバッグの上からも桃太郎の姿がほんのりうかがい知れて、取り出しまずは写真をパチリ。
ずっと変わらぬ桃太郎の凛々しい笑顔に「日本一」ののぼり旗。猿とイヌはみえるのだけど、キジはどこにいるんだろう…、と思いながらアンパック。中から桃色のプラスティックの器が出て来る。蓋を開ける前にこんなにワクワクできる駅弁って他にそうそうないなぁ…、って思ったりする。

で、パッカーン!
蓋を開けてもにぎにぎしくてワクワクできる。

シャリの上に錦糸卵がぎっしり。下を覆い隠してネタをのっけるベッドの役目。
一番手前に青菜のおひたし。
甘辛煮込みの椎茸に、キリッと酸っぱい生姜の酢漬け。
この椎茸が甘くて甘くて、まるでデザートみたいな甘さがまた旨い。
シャキシャキとした食感のこした筍煮付け。
小鯛の酢漬けの下には蒲焼き状にした穴子。細かく刻んでパラリとのっかる。
酢じめの鯖に、タコの酢漬けをスライスしたの。
アサリの佃煮。煮たエビ、下には酢蓮が二枚。
そしておそらくこの寿司のメインの具材のままかりが、一枚ペラリとのっかっている。

ネタのひとつひとつはしっかりとした味付けで、出張帰りの正しい食べ方は多分、ネタだけつまみに飲んで、酢めしは最後に錦糸卵と一緒に食べる…、ってスタイルなんじゃないかと思う。
今日は帰ってまたひと仕事。電車の中でも読まなきゃいけないレポートがあり、だからお茶と一緒にパクパク。お腹を満たすだけにする。

東京に着き、打ち合わせの前にちょっと腹ごしらえ。
小腹満たし程度の何かをと思って、そうだ蕎麦!
ここ数日間、ずっと蕎麦を食べたい、食べたいって思ってた。なかなか機会がみつからず、今日はなんとか蕎麦を食べよう。
そうそう、新丸ビルの地下二階に蕎麦の店があったはずと、打ち合わせの場所にも近いと行ってみる。

酢重正之楽という店。カウンターだけ。しかもコの字で一番奥の隠れたところに厨房がある。一人で十分、サービスできそうな小さなところに女性スタッフが2人いて、にもかかわらずお店の外でどうしようかウロウロしてても声をひとつもかけてくれない。
先払いなのか、それともそのままお店に入っていいのかどこにもノーティスがなく、結局、お店に入って座れば注文とりに来てくれる。多分、ビルの中に勤める人たちだけを対象として十分商売になっているからなんでしょう…。なんだかちょっと不親切。

太い麺というのが売り。
ゴリゴリしていて歯ごたえのある麺と、それに負けない力強いタレ。
冷たい蕎麦はぶっかけで。
温かい蕎麦は熱いタレに浸して食べるつけ麺風。
蕎麦にのっけるトッピングが10種類ほどあって特に、鶏肉系が人気だという。
そこまでガッツリしたくはないので、おろしそばのあったかいのを選んでたのむ。

太い麺だからでしょうネ…、ちょっと待つ。
深い鉢に結構たっぷりの太い麺。大根おろしに胡麻がタップリ。刻んだ海苔がのっかってサイドに熱いタレが来る。
カウンターの上には自由に使える天かすに、辛味味噌に七味が置かれてまず天かすをたれにどっさり。麺を浸してズルンと味わう。
太いのだけど蕎麦の香りのしない蕎麦。固くて歯ごたえゴリゴリしていて、なのに噛んでもとろけていかない。なんだか不思議な味わいで、食べつつずっと考える。天かすを足してみようか、七味を加えてみようかとあれこれ工夫をしながら食べるも、結局蕎麦の味ではなくてタレの強烈な味でグイグイ食べてく感じ。
お腹を満たすためにはこういう蕎麦もいいのでありましょう。でもボクがこの数日間食べたかった蕎麦はコレじゃぁなかったよな…、としんみりします。

辛子味噌を麺にのっけて食べてみる。辛いだろうと覚悟しながら食べたらこれが甘くてビックリ。みりんと味噌を練ったような感じの味で、ところが甘いと油断してたら後から後から辛くなってくる。周りの人を見てみると、この味噌をタレや麺に塗ったくって食べてるようで、なるほどコレが味の要になるんだなぁ…、と。
そういえばこの蕎麦のありようは、港屋リスペクト系でもあってでも甘辛に煮込んだ肉が乗らない港屋。だから味噌で足りない味を補っているのに違いない。これもひとつの料理のスタイル。ちなみに大根おろしはタレに混ぜずにそのまま食べた。薬味ではなく口直し。蕎麦湯を最後に注いでゴクリ。冷えたお腹を温めて、今日の仕事の仕上げに向かう。頑張ろう。

 

関連ランキング:そば(蕎麦) | 東京駅大手町駅二重橋前駅

コメント

  1. Eiko

    港屋系のお蕎麦って、どうして蕎麦の香りがしないのにお蕎麦の色をしているんだろう…って毎度不思議思います。
    見た目蕎麦!と思って食べるので頭と味覚が一致しないせいか、いつもお腹はいっぱいなのにどこか満足できないんですよね…

    • サカキシンイチロウ サカキシンイチロウ

      Eikoさん
      しかも太い蕎麦に無理やり味をのせないといけないから、ツユや汁がエグいほどに味が強いんですよね。
      もうこれは蕎麦ではなくて、蕎麦色の醤油つけ麺と思ったほうがいいのかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。