枯れず、しおれて、つちばしのそば

勉強会を終えて移動。飛行場に向かう前に小腹なだめる。
高知の市街地。アーケード街がいくつも重なりつながるエリアのど真ん中。高知唯一の百貨店、大丸さんの向かい側にある「つちばし」という蕎麦屋を訪ねる。
中心地と言ってもかなりしおれた感じが漂う地域。
地方都市には珍しくない、しんみりさみしい商店街の、そのしんみりに溶け込むようなしんみりとした古い店。
「かつて高知の城下を南北に走る堀の名残」とNHKのブラタモリで、この店のこの看板が紹介されたときにはちょっとビックリしました。ずっと見事な萎れっぷりに感心していたこの場所が、由緒あふれる場所だったとはと、ぐっと身近に感じたのです。いつも見ている店構えも、どこか違って感じる不思議。

中はこれぞ町場の蕎麦屋の姿。お店の奥に厨房があり前にカウンター。カウンターの上には料理の名前を書いた札が並んでる。入り口脇のお帳場には優雅な風情のおばぁちゃまがいて、「ようこそいらっしゃいました」と土佐弁ではない都会的に感じる言葉で挨拶をする。背筋がちょっと伸びたりします。

天ぷらそばを選んでたのむ。
高知は不思議と蕎麦屋が多い土地柄で、そういえば鹿児島なんかも蕎麦食文化が根付いてる。
東日本は蕎麦、西日本はうどんを食べるとわかりやすいけど荒っぽい定義じゃ日本の食の文化は語れないのがオモシロイとこ。

注文すると、カラコロ天ぷら油の中で衣とエビの水分がはぜて仕上がる音がする。
透き通った西日本的つゆがタプンと、丼の中で揺れて輝く。
刻んだネギにエビの天ぷら。
海苔にかぼちゃの天ぷらと彩りキレイで、汁の香りも軽く華やか。
蕎麦は細めで角張っていて、噛むとネッチリ、前歯に貼りつくような食感。とは言え汁と一緒にすするとスルンと汁と一緒に口の中へとやってくる。

蕎麦の香りはどっしりしてます。汁そのものの味はやさしく、鰹節独特の軽い酸味が旨み、甘みをひきしめる。お江戸の蕎麦とはまるで違った蕎麦の味わい。麺を味わうというよりも、丁寧にとった出汁の香りや旨みを味わうために蕎麦を沈めた…、とそんな感じのオゴチソウ。

お口安めに…、と、小さな器におむすび一個。一口でパクっと食べられそうなところを箸で切り分け三等分。口の中に放り込んでは出汁を吸い込み口の中で雑炊化する。蕎麦がネットリするのと違って、ご飯がぱらりと散らかり転がる。一層汁をおいしく感じるたのしい食べ方。
それにしても天ぷらのキレイに揚がっているのにウットリ。尻尾もキレイな上等なエビ。衣は優雅に花咲くように仕上がっていて、汁を含んでぽってりとなる。天ぷら油が汁に移ってコクと風味をしっかりつける。甘いかぼちゃの天ぷらや、風味豊かな海苔の天ぷら。ネギはシャキッと歯ざわりたのしく、気づけば器の中は空っぽ。ちょっと汗かく夕ご飯。

 

関連ランキング:そば(蕎麦) | はりまや橋駅蓮池町通駅堀詰駅

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。