板前寿司のち、凪のラーメン…、歌舞伎町

it3it1it2

夜、歌舞伎町で用事があってそれで夕食。ちょっと早めの時間帯。寿司をつまみたいな…、と思って「板前寿司」にやってくる。
歌舞伎町のど真ん中にあるシネコン、ホテルの複合ビル。コマ劇場があった頃には猥雑として妖しい空気を漂わせていた一角が明るく、健全なムードになった。それに惹かれて外国人の観光客がニギワイ作って、数年前とはまるで違った街。この店も半分以上がインバウンドのお客様たち。海外にあるすし屋にきているみたいな気持ちになれるところがオモシロイ。

it-susiit-saladまずは生牡蠣、数の子とつまみをもらって寿司を待つ。
この生牡蠣がおいしいことにはビックリしました。ポッテリ舌の上にのっかりトロンととろけて海の旨みが口に広がる。
殻からはずしてポン酢とあわせる。
最近、オイスターオンハーフシェルばかりを食べてて、けれど日本的なるこういう牡蠣の食べ方も悪くないなぁ…、とウットリします。

好みの寿司をあれこれたのむ。
塩モノ三貫という、スルメにホタテに生ダコという組み合わせ。
ひかり三貫にはしめ鯖、コハダにマアジが揃う。
ココはマグロが売り物で、それを5貫。赤みに中トロ、炙りになかおちと味わいさまざま。さすがに旨い。
周りを見渡すと海外からの人たちはマグロとサーモンの盛り合わせをたのんでみんなで分けている。世界の寿司は日本の寿司とちと違う。

日本の寿司をおこのみで…。穴子にハマグリ、赤貝とたのんで食べる。
ハマグリの一番好きな食べ方は…、と聞かれればまず間違いなく、煮蛤のにぎりとこたえるほどに好きな食べ物。クニュクニュとした食感に甘くてコクのあるこってりタレがまったり口に広がるおいしさ。今日も堪能。ただ、穴子が思った以上においしくて、口の中にとろける感じにウットリします。

it-akaebiココにくると必ずたのむ、海鮮サラダ。
葉っぱ野菜の上に刺身の端材がタップリ。
サーモン、白身にマグロにイカ。ゲソを刻んだものをあわせて、上にタップリトビコをちらす。いくらものっけているのだけれど、パリパリ砕けるトビコの食感がたのしくて、葉っぱのパリパリ、クリスピーなる食感引き立てなんともおいしい。
ドレッシングは生姜味。
海外の日本料理のお店にいくと、大抵こういう味のドレッシングをつかってサラダを作ってる。これも世界的なる日本料理の流儀のひとつ。オモシロイ。

赤エビの天ぷらっていうのがあって、たのんでみればこれもたのしい。
分厚くふっくらとしたフリッタ状の揚げ方で、頭を食べるとまるでソフトシェルクラブのフリッタ食べてるみたいな食感。なるほどこれも海外の人が好きな料理に違いなく、日本人の口や舌にはエキゾチックでそれもよし。
時代や環境、場所に合わせて料理は変わる。変わらないものもよいけれど、変わっていくものもまたおもしろしと思ったりする。席を立つ。

 

関連ランキング:寿司 | 西武新宿駅新宿西口駅新宿三丁目駅

 

n3n2n1

野暮用すませてお夜食タイム。時間は11時ちょっと前。そんなコトをせずに家に帰ればいいのだろうけど寿司を食べた後にはなぜだか汁物麺が食べたくなる。
それに歌舞伎町の街がますますニギヤカで、街往く人の怪しさが徐々に濃さを増していく。その街の変化もたのしくしばらく身を置きたのしみたかったりしたのであります。健全になったとはいえ闇の中にはかつての歌舞伎町が生き残ってる…、そんな感覚。
煮干しラーメンの専門店「凪」に来ました。お店の前に佇む艶っぽいお店の客引きさんでしょうか…、黒い肌が闇に溶け込み妖しいムード。歌舞伎町。

n-menu深夜近くに流行るラーメン店というのは、どこか共通点があるようで、例えば味にメリハリがある。
普通の時間帯に食べるとちょっと濃いかなぁ…、とかキツイかなぁ…。
と思うような強い味。
例えばそれが脂だったり、例えばそれが化学調味料だったりするのだけれど、疲れはてた体や、酒で疲れた体にそういう「強さ」がやさしい。
ちなみにココは煮干しのエグみや香りや風味。
いつもは煮干し臭さにちょっと覚悟が必要なのに、深夜になるとそれが普通においしく感じる。
オモシロイ。

スープの種類は一種類。つけ麺かラーメンか。それにトッピングをどうするかというかなり絞りこまれた商品構成。
そこに油や醤油だれ、麺の固さやコクの出し方など、自分の好みにカスタマイズしていくことができるというのがここの売り。ひとつひとつお店の人が丁寧に注文とっていくのがちょっとウレシクて、そこはかとない人間味を感じさせるのがステキなところ。

nagi-sobanag醤油の味付け、固めの麺。
味は薄めで油の少な目。
辛味を足してラー油を加える。
一反麺という幅広の麺を一枚余分に足してもらって出来上がり。
スープの色は醤油色。
油がキラリと表面彩り、薄く大きなチャーシュー2枚。半熟卵に海苔にネギ。
丼の表面をしっかり覆って、麺をすっかり隠してる。

端をつっこみ麺をたぐってひきずりだした。
太めで縮れた麺と一緒に、幅広麺が一枚ペロンと飛び出してくる。
追加した一反麺も、今までココに入ってたんだけど、今日は別添え。お皿に入ってやってくる。
追加した…、っていうのが目で見てわかるのと、熱が入るのが一旦とまる。
食べたいときにもう一度、スープに戻すとほぐれながら温まっていく。
いつまでもシコシコ状態がたもててこれはなかなかにいい。

醤油色したスープが醤油の味かというと、醤油の風味のいりこダシ。旨みが強くて、しかも軽い酸味と渋味が食べてて飽きない。これほど太い麺でありながら、しっかりスープの味がからむところもスゴい。
上に浮かんだざく切りのネギ。これがシャキシャキうまいのですネ。噛んでるうちに芯がとろけて甘みを感じる。体が芯からあったまり、気がすみました。夜のコト。

 

関連ランキング:ラーメン | 西武新宿駅新宿西口駅新宿三丁目駅

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。