松井製麺所でホルモンうどんに大きなキツネ

家に戻る途中で昼食をとる。家の近所の松井製麺所。
讃岐うどんの専門店。料理も讃岐的だし、セルフスタイルも讃岐的。店をやってる人は讃岐でずっと店をやっていて、そちらを畳んで東京に来た。たまたま選んだ場所がボクが住んでる四谷三丁目という街で、なんだか不思議な縁を感じる。
おとといまで香川県から徳島、高知をウロウロしていてにもかかわらずうどんを一度も食べずじまい。なぜだか四国に帰ると蕎麦ばっかりを食べてる随分へそ曲がり。讃岐のうどんで今日の昼。ホルモンうどんっていうのがあった。
初めて目にする新商品。迷わずそれをたのんで冷たいかけうどん。スパムおむすびに大きなキツネ、讃岐名産のエビちくわの天ぷらもらってひと揃え。

牛ホルモンを煮込んだものがたっぷりのっかるホルモンうどん。
コリコリとした噛みごたえがおいしい小腸。
脂がたっぷりのった大腸。
讃岐の醤油と出汁に刻んだ赤唐辛子と一緒にコトコト炊き上げたモノ。ビリビリ辛味があとからあとからおいかけてくる。
いりこの香りが漂う出汁。そこに牛ホルモンの甘い脂が溶けて混じってなんともおいしい。
麺をすすると熱々の汁をたっぷりたぐりよせ、むっちりとした麺がとろけて消えていく。
冷たいかけうどんにお揚げを乗せる。分厚く大きなお揚げで器の上がきれいにピタッと蓋される。中にネギをたっぷりちらし、しばらく休ませ汁にキツネの煮汁が溶け出すがままにまかせる。

塩の輪郭がはっきりとした冷たい汁。そこにお揚げの油と甘みが溶け出して太いうどんの麺にしっかり絡んで味が整っていく。いつも以上に今日のうどんが硬くてゴリゴリ。にもかかわらずうどんを食べると味をしっかり感じるところに感心します。
カリカリに焼けたスパムに甘くてしっとりした卵焼き。ご飯と海苔で挟んで仕上げたおにぎらず型のスパムおむすび。パクっと食べるとパラっとちらかり口の中を騒々しくする。ふっかりとしたエビの風味がただようちくわがさっくり揚がった天ぷらもいい。
スパムおむすびを一口分だけ残してそこに天ぷらのっけてパクリ。口の中にいろんな味がやってきて気持ちも満ちる。オキニイリ。

 

関連ランキング:うどん | 四谷三丁目駅新宿御苑前駅曙橋駅

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。