杏ジュース、天ぷらそばにエビフライのサンドイッチ

11回目の23日。浅草寺さんにお参りするため浅草にきて喫茶店のアロマで朝食。
チーズトーストを作ってもらってお供は冷たい杏ジュース。
たっぷりの氷と一緒にミキサーでジャジャっと混ぜてとろりなめらかなジュースが完成。酸っぱくって甘くって、シャリッと冷たくシャキッと目覚めるオゴチソウ。
今日もおなじみさんがにこやかに和気あいあいと世間話をたのしんでいる。
恰幅のいいおじさんが、中国料理のコースに出てくる北京ダックってなんで一人一貫だけなんだろう…、ってぶつくさ言う。4、5貫食べなきゃ食べた気がしないんだよなとふてくされたような表情が、タナカくんにそっくりでちょっと笑った。「長生きしたきゃ3貫くらいにしときなよ」って一緒に来てたお友だちに言われて「はいはい」って首をすくめる。ちょっと泣く。

 

関連ランキング:喫茶店 | 浅草駅(つくばEXP)田原町駅浅草駅(東武・都営・メトロ)

 

お参り終えて浅草の街をふらふら歩き、お腹をすかして尾張屋本店。
天ぷらそばで昼にした。
浅草の街には二人でよくきた。
浅草寺さんに道具街。ちょっと手前には上野の森の美術館とか博物館。新宿なんかとは空気が違って、小さな旅行の気分にひたれた。
帰りに御徒町の吉池で魚をどっさり買ってかえったりしてネ。そんなときのお昼は大抵、尾張屋にきて天ぷらそば。
お腹が本当に空いてたときには天丼をひとつたのんで二人で分けたりもした。結局、必ずここではエビの天ぷらを食べることになっていた。
おいしいんだからしょうがない。
天ぷらの衣が厚すぎず薄すぎず、チリチリ花が咲いたように揚げられていてそれが汁をすって散らかっていくと汁がどんどんおいしくなっていく。そう言えばここではいつも熱いそば。夏でも熱いそばだった。

今日も熱々の天ぷらそば。器を見事に横切る立派なエビの天ぷら。むっちりしていてプチュンと歯切れ、甘くて香りがしっかりしてる。天ぷらの衣をまとってもまけることなく、むしろ衣がサクサクハラハラ壊れて散らかる感じがエビの食感を引き立てるのが心地よい。
ばっさり歯切れるそばの風味は力強くて、豊かなうま味をたたえた汁は後口スッキリ。やさしい酸味が舌に残って、次のひとくちをねだるおいしさ。
するんするん、ハフハフ食べる。
香りの強いゆずは外してネギも食べずに尻尾は食べた。汁一滴も残さずにキレイに食べたよ…、また来よう。

 

関連ランキング:そば(蕎麦) | 浅草駅(つくばEXP)田原町駅浅草駅(東武・都営・メトロ)

 

帝国ホテルのランデブーラウンジ。
大好きだったエビフライのサンドイッチを食べに来る。
日本で一番好きだったエビフライサンドイッチがここのこれ。
エビフライサンドを売り物にしているお店は結構あって、ほとんどの店がエビをそのままフライにし、パンに並べる。隙間を千切りキャベツでギッシリ埋めて切るから断面がフォトジェニック。
けれどここのはエビを一旦開いて平らにして揚げる。だから薄っぺらいカツを挟んだカツサンドみたいに見える。
タナカくん曰く…、「エビがいばってないのがいい」。
見た目に反して、食べるとエビがこれでもかって主張する。ムチュンと歯切れる食感にエビの香りに甘みにうま味。力強さに溢れてる。
サンドイッチといえばお供は紅茶でしょうな…、とアールグレイをミルクティーでと、お願いしました。

食パンは4枚で一人前。ごく薄切りでパンを味わうというよりもソースをまとわせたエビフライを手づかみするために添えられた…、という感覚。こんがりトーストされて香り、歯ざわり極上です。
ひと組はカクテルソース、もうひと組はタルタルソース。どちらもレタスの葉っぱが一枚挟まれ、色合い、食感を整える。
どちらもおいしいのだけれど、好きだったのはタルタルソース。酸味の強い刻んだピクルス、ディルに潰した卵の黄身と風味豊かでサクサクに揚がった細かなパン粉の食感ひきたてる。
あぁ、なんておいしいゴチソウなんだろう。カリカリに揚がったフレンチフライにケチャップ。ポットに差湯をもらってしばらくぼんやり。昔のことを思い出しましょう…、オキニイリ。

 

関連ランキング:ラウンジ | 日比谷駅内幸町駅有楽町駅

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。