未来のとんかつ…、まい泉本店

表参道にあるまい泉本店。ボクはここを「未来からきたとんかつ屋」と思ってて、それというのも表参道というこの街が未来から来た街のように感じるから。
とんかつが男の料理だった時代に女性を意識したメニューを作った。
宴会もできる。お年寄りにもやさしく、老若男女を問わぬお客様に受け入れられるとんかつ店を彼らは目指した。
今、とんかつ専門店が生き残ろうと模索している方向のひとつがまい泉のようなあり方。
だからたまにきて、彼らのなかに未来をみよう…、って食事する。
ひさしぶりに来てびっくりしたのが、入り口脇がオープンキッチンのカウンター席が出来ていたこと。今までもカウンターがあったけれど、奥のメインダイニングに向かう通路に申し訳程度に設けられた客席みたいだったのが、一躍一等席になっちゃった。

おひとり様がさみしくならないいい工夫。サービスの大根おろしを食べながら、一緒にカニときゅうりのサラダ。カニのほぐし身とマヨネーズがこれでもかっとからんだ薄切りきゅうりをシャキシャキ食べて、お腹の準備を整える。
メニューもちょっと変わっていました。ここの人気のメニューのひとつでもある「若葉膳」。寿司にそば、それから揚げ物というシニアやご婦人方に人気のメニュー。今まで揚げ物はひれかつと椎茸のフライの盛り合わせだった。それが新しいメニューでは小さめのロースカツ1枚に変わってた。これを召し上がってた方々から、やっぱりカツはロースがいいね…、とご意見が多かったものですからとロースに変わった…、というのです。

年寄りだからロースは重い。
ヒレカツで十分だろうと思い込むのは、シニアに対して失礼なコト。
おいしいものをちょっとだけ。
しかもここのカツはそもそもやわらか。
脂も最小限だから、どんな人のお腹にもやさしいカツであったわけ。
それにしても寿司も蕎麦もそれぞれメインをはれるだけの存在感のある料理。

専門店の料理と比べて、やっぱりとんかつ店がついでに作る料理だね…、って思われると台無しになる。そうならないよう工夫をしてる。
寿司はマグロがメインです。赤身と中トロの握りに鉄火。品質管理が魚の中では割とたやすく、仕入れさえしっかりしていればなんとかなるからというコトでしょう。

蕎麦は麺ではなくてタレにこだわる。脂ののった鳥もも肉を軽く焼きあげネギと一緒にクツクツ炊いたつけダレにひたして食べる。
脂の旨味と風味が蕎麦にしっかりからみつき、カツにまけないどっしりとした味わい、風味でたのしめる。カツ寿司そばの組み合わせだとそばはどうしても汁がわり。食べはじめるのが後回しになる。だから蕎麦が伸びてしまってくるんだけれど、汁がおいしくそんなことなど気にならないのがオモシロイ。
別添えのわさびをたっぷり赤身にのせてスキッと口をさっぱりさせる。サイドの生湯葉もポッテリ濃厚。お腹がしっかり満たされる。
なによりカウンターで料理が次々仕上がっていく活気に満ちた景色がゴチソウ。勉強しました…、オキニイリ。

 

関連ランキング:とんかつ | 表参道駅外苑前駅明治神宮前駅

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。