木蘭はチャイニーズレストランアンドパブだったのだ

夜をひさしぶりの木蘭で。
家の近所の本格的で、なのに気軽な値段の中国料理の専門店。
お店のインテリアがちょっと変わってて、スナック仕様。お店の一番奥が厨房。手前にカウンターがあるのだけれど内側の壁にはお酒の瓶を並べる棚が設えられてる。
今日撮ったお店の入り口の写真を見ると、「Chinese Restaurant and Pub MURAN」とかかれてあった。なるほどレストランパブ。期せずして看板の表示と店の設えが一致した(笑)。
預けてあった紹興酒をあけてもらって、料理をあれこれ。白菜の酢漬けに春雨サラダをまずたのむ。
上等な店では白菜の白くて分厚いところを使って作る料理。ここでは青い葉っぱの部分も使う。千切りのニンジンや昆布も混ぜてシャキッと酸っぱく仕上げてシャリシャリ奥歯をくすぐるような食感痛快。バサバサとした歯ざわりがたのしい春雨サラダもオゴチソウ。

ここで必ず食べるのがイカボール。イカのすり身を丸めて揚げる。ムチュンと歯切れる食感にイカ独特の繊細なのに強い旨味が口の中ではじけてとろける。ズッと熱々。だからハフハフ。鼻からおいしい匂いが抜ける。
それからここの名物料理。豚ひき肉の辛味そば。
味噌と唐辛子でよぉく炒めたひき肉を醤油スープの汁そばの上にたっぷりのっける。刻んだ白ネギをスープの表面いっぱいに散らして蓋をしているように見える。麺は細いストレート麺。なめらかにしてスルンとお腹の中に飛び込む。スープ自体にコクがありそこに炒めたひき肉の脂の甘みや味噌の辛味が溶け出している。ヒリヒリじゃなくあとからじわじわ辛味が滲み出してくる熱いゴチソウ。

5種類ほどある夜の定食の中で一番好きな鶏味噌炒め。
ぶつ切りにした鶏肉とキャベツを味噌で炒めたもの。
いい意味で鶏らしくないふっかりとしてやわらかな癖のない肉。
シャキシャキ、キュッキュとしたキャベツの歯ごたえが好対照のたのしい味わい。
油でツヤツヤしていて口に入れると一瞬ひんやり。
ご飯をねだる。
金属製の楕円の器に盛られているのも、ちょっと本格的な感覚。
それからも一つ、ここでオキニイリなのがかに玉。ポッテリとしてやわらかで、関東風の甘酢じゃなくて青湯スープにとろみをつけたあんをたっぷり、まとって登場。

割ると中からゴロゴロ、カニ肉。この値段で本当にいいのかしら…、って思うくらいにたっぷり入ってて、細かく刻んだネギのシャキシャキした歯ざわりが卵のなめらかを引き立てる。
定食のご飯が皿盛りというのがここの特徴。型に入れて抜いたわけじゃないのにきれいな円形。角のRの整っていてうつくしい様にいつもウットリ。ほどよく押し付けられていて、ご飯の粒がガッチリ手を組み箸でススっと持ち上がる。錦糸卵が浮身のスープもどっしりとした味わいです。
ご飯の上にかに玉のっけて天津飯のようにする。どれもがボクの好みの味で、満ちるお腹が心地よい。オキニイリなり、好きな店。

 

関連ランキング:中華料理 | 新宿御苑前駅四谷三丁目駅曙橋駅

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。