木蘭の夜、春雨サラダがなぜかおいしい…。

今日も友人がたずねてくれて、晩御飯を一緒に食べる。
長らく行ってなかった近所の木蘭。ボクの姿を見て、お店の人がキープしてあった紹興酒のボトルを取ろうとお酒のラックに歩いてく。
彼が飲んでたボトルです。ボクは紹興酒があまり好きでなく、それでお店の人に「いつも飲んでた人が亡くなったもので、今日はボトルは遠慮します」ってひとこと添える。
それはご愁傷さまです…、と代わりにジャスミンティーをもらった。ありがたい。
注文はいつものように好きなモノ。揚げたイカボールをまずたのむ。イカのすり身をボール状にしてふっくら揚げたオキニイリ。プチュンと歯切れてイカ独特の強い旨味とむっちり感をたのしめる。ふっくら揚がった姿が今日も艶っぽっく、ハフハフしながらハフハフ食べる。

小皿料理をいくつかもらう。
まずは酢漬けの白菜。普通、白菜の白い部分、しかも芯に近い分厚いところを細切りにして作る白い料理なんだけど、ここは葉っぱの緑の部分を使って作る。だからシャキシャキとした歯ざわりと容赦なくお酢を吸い込んだキリッと酸っぱい味が独特。お腹が震えて食欲が湧くたのしい味わい。
それから春雨サラダ。春雨ってザクザクしていてしかも乾いた感じがするのが独特で、その歯ざわりが否応なく発揮されたオキニイリ。千切りキュウリがカリカリと、錦糸卵がふっくらしていて口の中がにぎやかになる。
パリッと揚がった春巻はオイスターソース味の餡がぽってり、濃厚味でそのままバリバリ味わい食べる。

それからここの名物料理。
辛子肉味噌そば。
ぱっと見、担々麺のように見える。
けれど別物。
スープは鶏ガラスープに塩と醤油で味の輪郭をつけたスッキリ味の淡麗スープ。
刻んだ白ネギがたっぷり浮かび、ネギの香りがフワッとスープに立ち上がる。
肉味噌はピリッと辛くはあるけれどヒーハーするような辛さではなく、あとからじんわり、どっしりとした辛味がおいかけやってくる、おだやかにして濃密な辛さ。
その肉味噌が食べすすめるにしたがってスープに混じって味がゆっくり変わっていくのが特徴的でオモシロイ。極細の麺がザクザク歯切れてちらかり、スープの味や肉味噌の辛味をしっかり受け止め消える。食感儚く、なのに味わい濃密な不思議なご馳走。オキニイリ。

夜の定食をメインにします。主菜は鶏とキャベツの味噌炒め。味噌の味は回鍋肉のそれと似ていて、回鍋肉の豚肉を鶏肉に替えたような感じではある。けれどキャベツとぶつ切りの鶏肉の大きさを揃えて仕上げてあるので回鍋肉のキュッキュと奥歯をくすぐるような食感はない。
鶏肉のふっくらとした食感をキャベツが引き立てご飯をねだる感じがステキ。
スベスベご飯とスープが付いてひと揃え。ネギと錦糸卵を実にしたスープがどっしりとした味わいなのに後口スッキリ。これでご飯が食べられそうなおいしさに、お腹もしっかりあったまる。

 

関連ランキング:中華料理 | 新宿御苑前駅四谷三丁目駅曙橋駅

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。