御苑の木蘭、おひさしぶりの昼ご飯

mulanひさしぶりに木蘭にくる。
土曜の昼ののんびりランチ。
四谷の街も四谷三丁目の交差点から空気が変わる。
新宿御苑のおかげでしょうか…、空気が軽く伸びやかになる。
地番で言えば新宿1丁目。
けれど新宿という呼び名がちょっと窮屈そうなのびのびとした雰囲気で、ここから新宿三丁目に行くまで歩いて10分ほどのエリアは、どこでもないような不思議なムードに満たされている。
のどかな空気に変わる入り口的なる場所。

昼に見ると寂れた喫茶店。
夜に見ると妖しいスナック。
ここがステキな中国料理のお店とはなかなか思えぬこの外観にかなり損したお店なんだけど、それでもお店はそこそこ繁盛。
こういうボクもずっと敬遠してたのだけど、実際入って食べてみるとそのおいしさにビックリしました。今ではすっかりおなじみさん。

mu-tensinhanmu-harumakiココのランチと言えば天津飯。
これでもかと蟹肉がどっさり入った卵焼きを、ご飯の上にポッテリのっけてあんをとろりとかけて仕上げる。
関東風の甘酢ではなく、上湯スープを塩で整えとろみを加えたあんというのがちょっと独特。
スープ自体がおいしくて、あんとご飯だけで十分、味がピタッと決まるおいしさ。

かに玉はというと脂をたっぷり吸い込んで力強くてしかもトロトロ。
蟹肉以外には刻んだ白ネギたけというのが潔く、玉子のふっくらした食感が際立つ仕上がり。
夜のメニューには天津飯はなくって代わりにかに玉がある。それとご飯を別にたのんで一緒に食べても同じようなモノ。けれど単品のかに玉のあんは固め。丼のそれは緩めになっててだからご飯とのからみがずっといいのですね。
今日もご飯がスルスルお腹の中に流れてやってくる。
カニ玉は玉子を味わう一品料理。
天津飯はご飯を味わうご飯料理で、「カニ玉+ご飯=天津飯」ではないというのにニッコリします。昼に来なくちゃ行けない理由…、アリガタイ。

それから必ずたのむ春巻。表面サクッと軽く揚がって中はトロリと具材タップリ。たけのこ、椎茸、豚の挽き肉とそれらが壊れて散らかる揚がった皮と一緒に、口の中を騒々しくする。オキニイリ。

mu-happoランチ用の定食も10種類ほどと多彩に揃う。
一品料理に水餃子。
春雨サラダにスープにご飯という組み合わせ。
八宝菜をメインに選ぶ。

塩味でしっかり味が決まっているのに感心します。
豚肉、鶏肉、茄子に玉ねぎ、パプリカ、椎茸、ピーマン、たけのこ。
スナップエンドウ、イカにエビ。
具材の数を数えてみたら8種類どころかなんと11種類。
しかもそれぞれ一番おいしい食感で、玉ねぎなんてシャキシャキ、熱が入っているのに歯ざわりが良い。
確かな技にウットリします。
しかも最近、中国料理のお店でこういう料理をたのむと大量にエリンギが入っているのが普通なのに、ここでは一切使われない。
きのこが苦手な友人が、そこに一番感心したっていっていた(笑)。

mu-side春雨サラダはやさしい味わい。
こういう料理が丁寧に、しかもおいしくできる人っていいなと思う。
春雨の茹で方。
食べやすいような長さに揃える切り方や、その春雨と同じに揃えた千切りキュウリや錦糸卵。
さっぱりとしたごまダレでやさしく味をととのえる。
口の中でモサモサしながら、ツルリとちぎれて散らかっていく。
メインの料理の脂で疲れた舌をそっとリセットさせる。

水餃子が浮かんだスープは一味足りない塩味スープ。鶏ガラの旨みがほのかに感じられて、そこにネギの油が浮かぶ。

餃子のあんが味をしっかり含んでいるのでそのまま食べてもおいしいのだけど、お酢を入れようか、胡椒をちょっと足してみようかと工夫するのがまたオゴチソウ。
卵スープは醤油の風味がどっしりしてて、メインの料理の負けぬ味わい。ご飯が進んでしょうがない。

mu-m1mu-m2mu-m3

そしてココの名物の汁そばたのんで2人で分ける。醤油の味のスープの中に細いストレート麺。刻んだ白ネギタップリ浮かび、上にひき肉を炒めたモノがのっかっている。
担々麺のようでもあって、けれど味わいがまるで違ったやさしいおいしさ。
辛味控えめ。さらりとスープは醤油スープで上のひき肉を溶かずに食べると普通のねぎそばのような味わい。食べてるうちに徐々にひき肉がスープに混じって香辛料とほのかな辛味が加わっていく。食べるに連れて味が複雑になっていくのが面白く、スルスル食べてお腹を満たして温める。

 

関連ランキング:中華料理 | 新宿御苑前駅四谷三丁目駅曙橋駅

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。