朝の東京ステーションホテル

ts asa東京駅からはじめる朝。
前から気になり、まだ行けてなかった場所で朝食。
東京ステーションホテルのラウンジで…、とやってきてみる。
便利な場所です。
東京駅の丸の内側。改札口を抜けるとススッとやってこれる場所なんだけど、わかりにくい入り口と「用のないもの入ってくることなかれ」的なムードをプンプン発散していて、1日静か。
朝は完璧にノーゲストという静かさで、ビックリしちゃう。
ネオゴチック調とでもいうのでしょうか…、あるいはシンガポールのラッフルズ的とでも言えばいいのか。高い天井にフッカリした椅子。うやうやしくサービスをする女性スタッフと、朝を贅沢にする見事な環境。
パンとお茶だけの簡単なモノと、メインディッシュのついた朝食セットがあって、せっかくだからメインのついたセットを選んでたのむ。

ts bfts pbまずお茶とペストリーのバスケットがくる。
バスケットの中にはアプリコットのデニッシュと、小さく焼けたバゲット、それからクロワッサン。
朝食のパンの組み合わせとしてはなかなかによく、しかもクロワッサンのおいしいこと。
パリッと焼けたタイプでしかもバターの風味がすばらしい。
口の中で散らかり、とろけて甘い香りとコクを残して消えていく。
お供についてくる絞り出して固めたバターに、とろりと煮込んだベリージャム。とても丁寧でウットリします。
アールグレイを選ぶとポットでやってきて、それを注いでくれるのですネ…、よき1日をと言ってくれてるみたいでなんだかシアワセになる。

しばらくすると最初の料理。
野菜ジュースとフルーツヨーグルト。豆乳のグラタンが並んでやってくる。
野菜ジュースはペットボトルに入ってたのでありましょう。まぁ、それはよし。
ヨーグルトの中にはメロンにオレンジ、グレープフルーツに黄桃。朝のお腹がぱかっと開いて、次の料理をねだらせる朝のごちそう。
豆乳を使ったグラタンは若干酸っぱく、オランデーズソースを舐めてみたいな感じで、確かにそれも朝の味かなぁ…、とバゲット浸して食べたらおいしく笑っちゃう。
そして朝のふた皿目。

ts secondts ebサラダにサーモン、シャルキュトリー。
ポーチドエッグをスモークサーモンでグルンと巻いてオーロラソースをかけ覆う。
ナイフを入れるとネットリ、サーモンがからみつき、中からとろりと玉子の黄身が流れ出す。お皿の上が一瞬にして黄金色に染まっていくのに目がさめる。

温泉卵と違って白身がカチッと固まり仕上がってるから、これは平気、食べられる。
もともとネットリしたサーモンが玉子の黄身をまとってなおさらネットリとなり、口の隅々撫でてネロンとからみつく。
白身はツルンとスベスベしてて、ネットリ感に拍車をかける。これをよく焼けたライブレッドの薄切りトーストにのっけて食べれば、おいしかったに違いないって思いながらもパクリパクリと食べ進む。

シャルキュトリーはハムにベーコン、ソーセージという3種類。
ガツンと奥歯を叩くように頑丈でみっちりとしたソーセージ。ひき肉の癖を封じ込めるように使われたスパイスの香り、独特。
ハムはネットリ。脂のおいしいベーコンと、朝の体に元気をガツンと叩き込むような力強さのウットリします。

ts finit食べ終わりつつある、朝のお皿の美しきさま。
日の出を描いた一幅の絵のごとき様子に写真をパチリ。この後、パンで黄身は拭われ、描き始める前のキャンバスのようになって朝の食事を仕上げて終える。

アールグレイを飲みながら仕上げの作業をしていたら、ぞろぞろ10人ほどがワサワサやってきて、企画書広げて打ち合わせ。
アイスコーヒーをお供の仕事の声がうるさい。
おそらくテレビの人たちなんだろうけど、仕事を仕切って説明している人の声が特に大きく気になってたら、お店の人がやってきて、お静かに…、って注意されてた。
しばらく静かだったんだけど、そのうち声の大きなおじさんが唸るような低音ボイスでしゃべり始めた。これが妙に通るんだ!
大きな声を出しちゃいけないと言われたことのアウトプットが低い声。自分じゃ小さな声で喋ってるつもりなんだろうけど、おそらくこの人、大きな声を出すのを仕事にしてきたんでしょう。
部外秘って真っ赤な判子を押した企画書の内容ダダ漏れ(笑)。
そういや最近のテレビって大きな声が出る人ばかりが出てるよなぁ…、って思ったりもした。つまらない。

 

関連ランキング:カフェ・喫茶(その他) | 東京駅二重橋前駅大手町駅

コメント

  1. りんご

    この頃、東京で過ごすとっておきの一晩には丸の内を選ぶようになりました。
    愛する生牡蠣の待つ八重洲にも近いですしね。
    もちろんご存じのこととは思いますが、いつも朝ごはんをいただかない私にとってもシャングリラのメロンジュースとエッグベネディクトは抗い難い絶品です。
    男性・女性いずれのスタッフも、落ち着いた声音でこれまた絶品のサービスをして下さいます。
    爪の垢を煎じて飲んでいただきたい、と思ってしまいました。

    • サカキシンイチロウ サカキシンイチロウ

      りんごさん
      シャングリラのアフタヌーンティーもスバラシイですよね。
      パレスホテル、丸ノ内ホテル、シャングリラ。
      ちょっと足を伸ばしてマンダリンオリエンタルと、どこに泊まるか迷うエリアになりました。
      ちなみに「龍名館」というホテルが丸の内側にあるのですが、ココの朝食はすばらしいです。
      もし機会があられましたら。

  2. RHEIA

    グッジョブホテルマン!(笑)
    しかし空間の美しいこと。こんな美しい空間でミーティングして出来た番組が、同じように美しければいいのに…と思っちゃいました。

    最近、朝はゆったりできない。起きたくないんです…お気に入りの朝食を自分で誂える気分にもならない。
    結果、朝はバタバタ…これじゃあイカンと思うのだけれど、なかなか気分が切り替わらない。

    たまには誰かに作ってもらう朝食も、いいかも知れません。

    • サカキシンイチロウ サカキシンイチロウ

      RHEIAさん
      ボクもここ数週間。寝苦しくて熟睡出来ていないからか、ちょっと朝が起きづらい。
      そんなときには、おいしい朝ご飯が逃げちゃうぞと思って目覚めることにしています。
      暑い毎日。
      お体ご自愛めされてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。