朝のパスタにセガフレ、それからブルーなボトル

今朝はちょっとのんびりの朝。
パスタを作る。
伊勢丹の地下に大きなホワイトマッシュルームが売られてた。
ぎっしり詰まったブロッコリーとパルミジャーノを使ったパスタ。
まずブロッコリーの房を茎から外して茹でる。
たっぷりの塩で10分ほども茹でるとグズグズ、やわらかになる。
マッシュルームは細かく切ってフードプロセッサーで細かく挽いて、パルミジャーノはすりおろす。ブロッコリーを鍋から取り出しニンニク、赤唐辛子をオリーブオイルと一緒に熱したフライパンに入れ、潰す。マッシュルームも一緒に合わせパスタの茹で汁を使いながら熱をくわえてソースに仕立てる。
茹でたパスタをくわえてオリーブオイルをかけまわしつつタプンタプンと揺すって仕上げ。お皿に移してパルミジャーノをたっぷりかけて出来上がり。一人前でいいのになぜだか二人分を作ってしまった。ハフハフ、一生懸命食べてもやっぱり残してしまう。もったいない。

明日から本格的に雨が続くことになる。今日はしっかり歩いとかなきゃ。
新宿まできて、ちと休憩。
セガフレードザネッティでちょっとのんびり過ごしてやろうと飲み物2つ選んでたのむ。
ここで一番のオキニイリのマキアート。
それからブラッドオレンジジュースの一番小さいサイズを選ぶ。
一階のカウンターに座って待ちます。窓が大きく外の光りがたっぷり入って明るく満たす。天気が悪くても明るく気持ちいいのがステキなお店。
カウンターの端っこでカプチーノを飲み終えたおじぃさまが、ここのカプチーノはお腹がいっぱいになるなぁ…、ってニコニコしながら出ていった。ぽってりとしたミルクの泡は案外お腹を満たしてくれる。ボクもそろそろおじぃさまと呼ばれる年齢。だからいつもマキアート(笑)。

エスプレッソ用の小さなカップでやってくる。
泡はたっぷり、表面張力のおかげでようよう溢れずカップの中に収まっている。エスプレッソの細かな粉を感じる喉越し。軽いザラザラをなめらかにするやわらかな泡。ぽってりふっくら、口から喉を満たしてゆったりあっためる。
ブラッドオレンジジュースとはまことに不思議な飲み物です。
エッジの効いた酸っぱさに喉が痒くなるような甘さがあっておしつけがましい味なのに、不思議とゴクゴク飲めるのですね。香りが華やか、原色の味。ひと飲みごとに舌の縁が震えて背中がブルッとするのがおもしろい。

 

関連ランキング:カフェ | 新宿三丁目駅新宿駅新宿西口駅

 

待ち合わせのためブルーボトルにやってくる。
新宿駅の南口下。ニュウマンという商業施設の一階にある。清澄白河に日本一号店ができたときには1時間待ちも当たり前とさえ言われた話題の店だった。
ただ新宿にできたこの店はたまに行列ができるものの、それは入念にコミュニケーションをしながら注文を受ける手順に手間取るからであって、大繁盛というわけじゃない。
話題は作った。
けれど人気は出なかった。「話題店」と「人気店」はまるで違った代物で鳴り物入りの店に限って話題は産むけど人気が出ないってことがある。話題は次々やってくるからぼんやりしてるとかつての話題は終わってしまう。この店で待ち合わせを安心してできるというのが話題が終わってしまった証拠。
味が個性的過ぎますものね。

全体的に酸っぱい。コーヒーという飲み物は豆がフレッシュであればあるほど酸っぱいもので、その酸っぱさをたのしんでという商品作りが好きになれない人が案外多いようで、ボクもいささか苦手に感じる。
ひさしぶりに飲んだコーヒーも酸っぱくお腹がキュンっとなる。まずくはないけど好きじゃない。そういうものがこの世にあるのも悪くない…、って思ったりする。待ち人来たりて話に興ず。

 

関連ランキング:カフェ | 新宿駅新宿三丁目駅代々木駅

コメント

  1. EIKO ISHIKAWA

    あれっセガフレードもスイカジュース?と見間違えてしまいました。

    もうお飲みになりましたでしょうか、今日PRONT行ったら、今年もスイカジュース始まってました~!

  2. サカキシンイチロウ サカキシンイチロウ

    EIKO ISHIKAWAさん
    スイカジュース、はじまりましたか!早速行かなくちゃ。ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。