朝のパスタにシュトーベリジャァム

日曜日の朝。2021年はじめてのパスタを作る。
ショートパスタのリガトーニ。
大きなマカロニみたいな形。大きさに比べて薄くてギザギザが入っているから口の中で遊ぶ感じがたのしいパスタ。
しかもソースを思う存分からめとり、口の中をソースまみれにしてくれる。
だからちょっとソースに気合を入れてみる。
玉ねぎをみじん切りにしてオリーブオイルでコトコト煮込む。みじん切りにしたにんにくとちょっと多めの赤唐辛子。
昨年暮にパエリアを作るために買ったチョリソをぶつ切りにしてしっかり炒める。チョリソの辛味と脂が滲み出して切った断面がボロっと壊れはじめたところでトマトソースを注いでグツグツひと煮立て。
弱火でじっくり温め仕上げる。
塩をたっぷりほどこしたお湯の中でゆっくり茹でる。
20分ほど。アルデンテをちょっと過ぎた頃合いがリガトーニならではのクニュクニュしたなめらかさを堪能することができるので、ちょっと長めに20分。茹で上がったらソースと合わせブロッコリで彩りつけて出来上がり。チョリソの力強い風味とトマトの酸味と甘み。思った通りのペロペロクニュっと歯茎を撫でるパスタの食感が肉感的にてオキニイリ。

すき焼き用の薄切りの肉に小麦粉をまとわせクシュッとたたむ。
しばらくすると粉と肉汁が混じって張り付いたところで、ほぐさぬように壊さぬようにいじらずそっと焼いていく。
脂が滲み出してプシュプシュ脂が爆ぜる音がする。
ひっくり返してまたそっと焼く。
表面こんがり仕上がって、フライパンに残った脂でケールを焼いてお皿に飾る。スライスステーキのようであり、けれどハラリとほどける感じはハンバーグみたいでもありオモシロイ。
昨日使い残したレタスで一品。半分に切って塩水にしばらく浸す。
フライパンにオリーブオイルを熱したところに断面を押し付け蓋して焼き上げる。ガーリックチップをちらし焦げる匂いがしてきたらもう出来上がり。シャキシャキとしてしかも甘くてなんとおいしい、オゴチソウ。

茄子をジップロックに入れて塩。白だしを入れグイグイ手でもみ休ませて、浅漬っぽくして一品。キュッキュと歯茎が痒くなるような食感がなんともたのしい。オモシロイ。
それから数の子。上等な数の子を買ったらサービスでって端材をもらった。粒は小さくカスカス感が強くってちょっと情けない食感だけどこれも数の子。たのしく食べる。ほうれん草と豆腐と白味噌で味噌汁を炊き、一味をパラリとちらしてゴクリ。ひとそろえ。

軽くお夜食。
昼、とびきりのパンを見つけた。ドゥヌラルテのパンドミでズッシリ重たく、切ると耳が驚くほどに薄くてやわらか。
分厚く切ってトースターで焼く。
縦に3筋、横に3筋深めにナイフを入れておき、パンの中まで熱が入って焼けるようにする。
焼いてあいだ、ずっと甘い香りがするのにココロワクワク。
大好きだったエディアールのストロベリージャムにクリームチーズを添えて食べることにする。
トーストにボクはマーマレードが好きだったけど、タナカくんは断然イチゴ。何を塗る?って聞くと必ず「シュトーベリ」ってふざけて言ってた。エディアールのシュトーベリジャァムはピュレのようにやわらかで、なのに果肉のつぶつぶを感じる本当に特別なジャム。
トーストを切り目にそってちぎってたっぷりぬぐって食べる。焼いただけなのにまるでフレンチトーストを食べてるみたいにふわっふわでやわらか、なめらか。しっとりしてて、イチゴのジャムやクリームチーズをたっぷりのっけて食べてもパンの風味や味わいが負けないおいしさ。甘いゴチソウ…、あったかい。

コメント

  1. ちい

    シュトーベリって、仲良しがじゃれてる感じて可愛らしい。
    今年も素敵なエピソード楽しみにしております。よろしくお願いいたします。

    • サカキシンイチロウ

      ちいさん
      アメリカの子供がStrawberryを発音するときって、こんな感じだよね…、って言い訳しながら。
      かわいい人でした。
      今年もよろしくお願いします。

  2. まぁ助

    滅多に行かない都内に出た時、サカキさんのブログでお店を選んで、幸せのお裾分けをいただいております。
    レシピも楽しく、早速レタスを焼いてみます。
    今年も楽しませて頂きますね。

    • サカキシンイチロウ

      まぁ助さん
      レタスはビクビクしないで大胆に。
      ちょっと焦がすくらいがおいしいです。醤油味でも塩だけでも、あるいはポン酢なんかでもおいしく食べることができますよ。
      今年も色んなものを食べ、色んなものを作ってたのしもうと思っています。よろしくお願いいたします。

  3. kiko

    食の好みがタナカさんと似ているなぁと思いながらブログを拝見することが多いのですが、ジャムは私もマーマレード派です。でもエディアールのイチゴジャムはちょっと気になるので、次回伊勢丹に行ったら買ってみようと思います。
    サカキさんのおかげで食べることがますます好きになり、また、作ることも丁寧に心がけるようになりました。本年もおいしい発信を楽しみにしています。

    • サカキシンイチロウ

      kikoさん
      エディアールのいちごジャムって、使いやすくって本当においしい。しかもそんなに高くはないのがありがたいところ。
      ヨーグルトにたっぷりかけて食べるとまるでスイーツみたいな味わいにもなります。おすすめです。
      丁寧に作ってたのしく食べる。1人でいるとそれがちょっと大変なことになっちゃいますけど、それでも丁寧に、そして楽しく。
      生きていくってこういうことなのかもしれないなって思っています。

  4. ボルテイモアのおかず

    昨日の夕飯は、ブロッコリと人参蒸しのみの予定でしたが(市販のビーフシチューがメイン)途中でアレ、どうして青梗菜茹でと椎茸オーブン焼きも食べてるんだ?と。
    何故ならこのブログで、サカキさんがブロッコリ、ケール、レタス、なす、ホウレンソウと野菜を沢山召し上がったのを見ていたのに影響されたのでしょう。これをしも「無意識サカキさん効果」と呼びます。野菜沢山でご一緒に免疫力アップしましょうネ!

    • サカキシンイチロウ

      ボルテイモアのおかずさん
      最近、本当に野菜がおいしいです。
      お肉も食べなきゃと思って料理をするも、ちょっと食べるとお腹がいっぱいになったような気がしてくるんですよね。
      野菜だともりもり食べられる。食べることができるもの。進んで食べたいと思うものが体にはいいものなんだろうと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。