朝のドトール、朝のエジンバラ、雨が降ります金曜日

近所のドトールコーヒーで朝。
今日は通りの反対側から店の遠景を撮ってみる。ペンシルビルです。しかも古い。全フロアーが埋まっているとは思えぬ静かな佇まいにて、その天辺だけまるでおもちゃのお城のような形をしてる。かわいらしくてクスッとします。
入り口を開け放って風通しのいい1階スペースはいつも一杯。
大きな窓から外の景色がキレイにみえて、居心地のよい2階も人気で今日も一杯なんだっていう。それで地下。
かつては2階が喫煙フロアだったから地下をメインに使っていたけどひさしぶりにやってきてみて大テーブルに衝立ができていたのにちょっとビックリ。まるで透明仕切りの一蘭みたいで、もしかしたら一蘭は未来からきた店だったのかも…、って思ったりした。

いつものようにAモーニング。
アイスラテのMサイズを一緒にもらう。
トーストの間からレタスが顔をのぞかす姿。
真正面から写真をあまり撮ったことがなくレタスが顔の主役だったんだとしみじみ思う。
大きな葉っぱを折ることなく、丸めるようにふっくら挟む。
上にパラリと刻んだパセリをふりかけて緑に緑の模様が入ってなんとすがすがしく見えることでございましょう。
それにトーストのこんがりキレイに焼けれていること。いつもこういう状態で、小麦が焦げた香りもおいしい。カサカサ表面乾いて仕上がり、前歯をくすぐり感じがおいしい。オキニイリ。

切り分けた断面もきれいなものです。スパッと2つに切り分けられててレタスを土台にトマトにたまごサラダにハム。これほど多彩な具材が重なり合って一度に口の中にやってくるのに、ひとつひとつの素材の味や食感が口の中でしっかり確認できるというのにまず感心。
レタスはパリッと青くこわれてみずみずしくて、ハムはムチュン。ぽってりとした卵サラダはなめらかで、なによりトマトがほどよく酸っぱくほどよく甘い。トマトが主張しないところがボクは好き。
それにトーストブレッドの味そのものはそっけなく、だから挟んだ素材の持ち味がいかんなく発揮されてパンは歯ざわりだけを担当している感じ。カサカサ前歯をくすぐるパンを堪能しながら、パクパク食べて冷たいラテでお腹を潤す。トレイにのっけて片付ける。

 

関連ランキング:カフェ | 四谷三丁目駅曙橋駅新宿御苑前駅

 

朝から雨の涼しい一日。
ひさしぶりの友人と会う約束で新宿に出て、珈琲貴族エジンバラにくる。
かつては24時間営業。深夜営業自粛の今も朝早起きで朝から営業してくれている。朝はのんびり。お客様もまだまだまばらで特定喫煙店とはいえ空気がキレイでありがたい。
サイフォンがずらりとならんでサイフォン点てのブレンドコーヒーが12時までならおかわり自由というのもうれしい。じっくり時間をかけてたのしく打ち合わせ。胸が重たくならないここのスッキリコーヒーが朝の頭をめざましてフル回転の金曜日。

 

関連ランキング:カフェ | 新宿三丁目駅新宿御苑前駅新宿駅

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。