朝のゴキゲン。シーズン最初のカキフライ

仕事の打ち合わせにて朝の銀座。
ゴキゲンな友人とゴキゲンな仕事の話をゴキゲンに…、と思って銀座ウエストを場所に選んだ。そしたら気持ちがウキウキで、待ち合わせ時間の30分ほど前に着いちゃう。
開店直後のファーストゲスト。まずはひとりでのんびりと。いい飲食店の開店直後の空気はどこかピリッとしてる。いい1日になりますように…、とやさしい気合がみなぎるようで背筋が自然としゃんとなる。
アールグレイのアイスティをお供に待ちます。注文受けて作る熱々アールグレイを氷に注いで冷やして作る。だから浮かんだ氷は角がなめらか。カリンと氷がグラスを叩く音がさわやか…、目が覚める。
待ち人来たりてテーブルの上がたちまちにぎわう。フレッシュハーブのお茶が届いてテーブルの上の空気が変わる。
朝のメインはサンドイッチ。ハムと玉子を具材にし、ライ麦パンをトーストにして仕上げてもらう。ここで一番のオキニイリ。ふたりでひと皿分け合うくらいが、今のお腹にほどよい分量。

薄切りのパン。こんがり焼かれてサクサク軽い。
具材はたっぷり。パンの厚さより厚みがあってにもかかわらず舌の上にスッと乗っかるほどよいサイズがひと切れ分。たっぷり挟んだ具材がはみ出し、溢れる心配をせずに食べられ、口を満たす感じがステキ。
ハムが上等。ムッチリとした歯応えにやさしいうま味が口に広がる。ぽってりとした玉子サラダがカサっと壊れるトーストと互いの食感引き立てあってとろけて消える。ライブレッド独特の香りと軽い酸味がすべてを受け止めて、朝のお腹がたのしく満ちる。
磨き上げられた銀食器。グラスやお皿に踊る金箔押しの天使が優雅に光る。レモンの皮は表面の苦いところを削ぎスクイーザーに挟む入念。いつもながらにウットリします。会話が弾み頭もたのしく動いてくれる。ボクたちにしかできぬ仕事がやっと見つかる。がんばろう!

 

関連ランキング:喫茶店 | 銀座駅日比谷駅内幸町駅

 

さてランチ。10月になったからカキフライを食べたおかなきゃ…。さて、どこにするかと思案した。
かつて銀座の界隈でカキフライといえば「レバンテ」にとどめをさした。生牡蠣もおいしくカキのピラフもたのめばカキ三昧と洒落ることもできたのだけど閉業しちゃった。
それで代わりに三州屋。
細い通路の奥にこじんまりと一軒家。最近こういう敷地を「旗竿地」って呼ぶって知って、なるほどたしかに竿の先に付く旗の部分がこのお店。
竿の付け根に置かれたメニューに「カキフライ定食」の文字。入り口脇には「期間限定カキフライ」と書かれてもいて意気揚々とお店に入る。
カキフライたのむ人はまだ少数派。海鮮丼が一番人気で、おいしいもんなぁ…、って思いながらもじっと待ちます。5分ほど。

細かなパン粉をぎっしりまとったカキフライ。全部で5貫。レタスのサラダと千切りキャベツ、芥子が彩り添えたひと皿。
薄付き衣がサクッと壊れる。
中にはふんわり、みずみずしさをなくさぬ状態のカキが収まりしっとりおいしい海のジュースが迸り出る。カキはふっくら。なめらかにしてデリケート。だから細かなパン粉が砕け、散らかる感じがよく合う。オゴチソウ。タルタルソースなんてつかない。ウスターソースにレモンで食べる。レタスサラダに缶詰の桃が混じってて、そのなめらかと甘み、酸味がフライをおいしくするのもステキ。
汁にとろみをつけるほどなめこがたっぷり入った赤出汁。ミニサラダくらいの分量のあるキャベツやきゅうりの浅漬けもどれも上等。満ちました。

 

関連ランキング:定食・食堂 | 銀座一丁目駅有楽町駅銀座駅

コメント

  1. おたの

    懐かしい店名が!
    レバンテのカキピラフ、ほんとうに絶品でしたね…。あの美味しいソースがもう食べられないなんて。
    広場にせり出すようなガラス張りの箱の中で、けやきの緑を眺めながらビールを飲むのが大好きでした。お店の方々も気持ちよい接客をしてくださる方ばかりでしたし。
    オリンピックのために地下へ移転させられたのがいけなかったように思います。さみしいですね。

    • サカキシンイチロウ

      おたのさん
      宙に浮かんだレストラン。緑に囲まれて本当に気持ちのいい店でした。おっしゃるように地下ではああいう空気感を作り出せない。同じメニュー、同じ人でも場所が変わるとこんなにまでムードが変わっちゃうんだ…、ってびっくりしたものでした。
      ピラフにソースをかけて味わうというのも独特でした。的矢牡蠣のカキフライがあればいいなぁ…、なんてワクワクしながら訪ねたことを思い出しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。