朝のオキニイリ、昼のオキニイリ、モスに酔心

a baga bag inside朝、役所に行く用事があって、ついでに朝をモスバーガー。そのまま家に帰らなくちゃいけないからと、テイクアウトして帰る。

あまりモスでテイクアウトはしないのです。
ここ数年ではほぼはじめてで、お待たせしました!って手渡されたバッグにビックリ。
しっかりとした紙の素材感が上等で、とってのついたトートバッグ状でしかも蓋が付いてる。
うれしいなぁ…、持って帰るたった5分がとても楽しく、思わず鼻歌うたってしまうほどに足取り軽やかで、もうニッコリです。
帰って中を覗いたら、きれいに料理が並んでて、今度はウットリ。日本の生まれのファストフードは、こういうもてなし方をするんだ。海外から名前ばかりのハンバーガー屋が来るけれど、彼らはこういう心をはなから持ち合わせない。

そういう本場に憧れハンバーガー屋が次々できる。
でもこういうコトを当たり前に、何百店もでやり切れるモスバーガーのような会社やお店をもっと勉強すべきと思ったりする。

a mosせっかくだから袋の中身をきれいによそおう。
お皿に並べてパチリととると、とても上等な料理に見える。

今朝の朝にと買った料理は、菜摘のエビカツ、朝食限定のパンとスープのセットから豚汁選んで組み合わせたもの。
包んでもらってたった5分で、菜摘のレタスがちょっとしんなりしてしまう。
どこでも食べるコトができる便利な料理がファストフードの料理だけれど、でも出来立てはもっとおいしい。
バンズで挟んだサンドイッチならこれほど変化はしないのだろうけど、葉っぱ野菜に時間と温度はかなり残酷。ちょっと青い香りが強くします。
作りたてだとレタスの冷たさを感じる料理。けれどちょっとあったかくって、すぐに食べればよかったなぁ…、って反省をする。

ただ、実際食べると、どうだろう…、熱の入った部分のレタスがしんなりしていてみずみずしくて、まだ冷たいところはシャキシャキしていて2つのレタスの食感たのしい。
これはこれでありかもしれない。
千切りキャベツが変化ではなく、劣化寸前。次からこれをテイクアウトするときは、千切りキャベツを抜いてといえばいいのかもね…、と思ったりする。
軽い酸味の味噌がおいしい豚汁に、フッカリとしたパンの食感もおいしくて、気持ちおだやか、オゴチソウ。

午前中に家で仕事し、午後から新宿で打ち合わせ。ランチを新宿。「酔心」にくる。

suisin3suisin1suisin2

伊勢丹会館という古い飲食ビルの地下。場末のビルのスナックフロアのごときうらびれ感が漂う立地。決していいロケーションとは言えない場所で、けれどおなじみさんたちに愛されている、いつもほどよくにぎやかな店。
おなじみさんはオーバー還暦のアダルトさんで、お客様同士で挨拶をしたする仲の良さ。そういう人たちに愛されるだけのよき料理が揃う良き店。和服の女性のサービスもしっとりしていてホッとする。
色は明るく薄手の生地も軽やかな、夏の装いになっていました…、季節感。

suisin teishokusuisin somenもうひとつ、季節感といえばこれから夏に向けて「小イワシ重」がお休みになる。
小イワシのお腹を開いて漬けにして、それをたっぷりご飯の上に並べてネギをぱらりと散らす。
青い魚をコレほどおいしく、しかも手軽にたのしめる料理は他になかなかなくて、時折無性に食べたくなる。
ただ残念ながら、その小イワシが今の季節は手に入らない。鮮度が保てなくなるからなんでしょう…。
代わりにやってくるのが夏のココの名物。
「鯛素麺」。

鯛の切り身を煮付けた汁で、茹でて冷ましたそうめんを味わう夏のゴチソウ料理。
広島の郷土料理のお店なのだけど、その広島の向かい側の松山で生まれ育ったボクにもこれはなつかしい。

瀬戸内地方の甘い醤油で煮こまれた、鯛はキチッと強い繊維が潰れて奥歯に張り付くような食感で、魚の旨みが溶け出したスープの中に茹でたそうめん。
二口分ほどをクルリとまとめて、小山のようにしたモノを煮汁の中に3つ並べる。
同じ煮汁で煮込んだしいたけ。分厚くチュッと潰れて汁の旨みを広げる。茹でたエビに鯛の切り身に寄り添わせ、木の芽を添える。なんと丁寧で見事な手仕事。ウットリしながらスルリと食べる。

ズルズルたべてお腹を満たすためのそうめんじゃないのですネ。ご飯のおかずにもなるそうめん。

suisin nikogorisuisin kawaそのスベスベスルスルした食感と、鯛の煮付けの歯ざわりが好対照でどちらもおいしくしあうゴチソウ。

シャキシャキ、冷えて歯ざわりの良いサラダが少量。
大きなアサリを実にしたお澄まし。
小さな天丼がサイドにつきます。キスにエリンギ、シシトウ、メゴチに鯛の切り身と、天ぷらだけど敢えてエビを天ぷらのネタにしないところが、気が利いている。
甘めでけれど出汁がしっかりきいた丼タレも、瀬戸内的でなつかしい。

鯛の煮付けの皮の部分に、煮凝りタップリ。そうそう、これが魚の煮付けの一番おいしいところでござる。
小さなときには、前の日に作った煮付けの煮凝りだけを熱々ご飯の上にののっけてザブザブ食べるのが好きだった。皮を残すと叱られて、けれど残した皮を全部、ばぁやさんが食べてくれたので、皮を嫌いな大人になった。それもなんだかなつかしく、この上もなきオキニイリ。

 

関連ランキング:郷土料理(その他) | 新宿三丁目駅新宿駅新宿西口駅

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。