朝のおむすび、マキアート

家から新宿までのんびり歩く。出張すると車移動がほとんどで歩かなくなる。Apple Watchが普通ならこの時間にもっと歩いているはず。どうしたの…、って煩くブルブル手首でなるほど、運動不足を痛感します。
その反動でか東京にいるときはまとめて歩く。
昔は地下鉄の駅を一駅前で降りて歩くを心がけてた。今では2駅くらいはまるで平気で、JRの一駅分もよく歩く。おいしくずっと食べ続けるための修行に似たり。今日も二駅分で新宿二丁目につく。
歩いたご褒美におむすび食べる。「リッツボン」。
カウンターだけ。夜はスナック。朝からご飯が売り切れるまで、大抵2時とか3時には店じまいという小さなお店。そういえば今年はじめての来店でした。新年のご挨拶をしながら着席。いつもの注文、ニッコリと。

おむすびを二個。
梅のおむすび、スパムのおむすび。
甘い卵焼きをふた切れ、鳥の唐揚げを二個もらい、味噌汁たのんでひと揃え。
野菜のピクルスがサイドにちょこんとやってくる。
ここのおむすびはボクの好みでありがたい。
ご飯がちょっと硬めでパラッと口の中で散らかる感じ。それをやさしくむすんでいるからハラッと崩れる。それを海苔が受け止めるのだけど、その海苔がおいしいコト。風味豊かで歯切れも良い。
梅は酸味がキリッと強く、こう書きながら思い浮かべるだけで口が潤う感じ。スパムはこんがり焼き上げられて、ご飯に胡椒が混ぜられている。マヨネーズもたっぷりほどこし、食感、味わいかなりドッシリ。気持ちが満ちる。

玉子焼きはどちらも端っこ。玉子焼きの端っこはよく焼けていて空気をたっぷり含むから軽い仕上がり。それも好き。パリッと歯切れてさくっと砕ける揚がり具合が好きな唐揚げ。大根やアボカド、にんじんのピクルスの酸味と食感で口がリセットされるのもいい。
今日の味噌汁は春菊とさつま揚げが実。刻んだ春菊がたっぷり浮かんで緑の香りがなんともご馳走。子供の頃は嫌いでしょうがなかった春菊。家族みんなが苦手だったから、うちのすき焼きには春菊が入ったことがなかったほど。今は不思議なことに自分で買って胡麻和えなんかで食べるほど、好きな野菜になっちゃった。お腹も気持ちも満ちました。

 

関連ランキング:おにぎり | 新宿三丁目駅新宿御苑前駅新宿駅

 

食後を近所のオールシーズンコーヒーでお茶。
いつも朝からインバウンドの人たちでにぎわうここも、今日は不思議なほどに静かだった。
お店の人に、今日は静かですね…、って言ったら昨日は店からお客様が溢れるほどに賑やかだったんですよ…、っていう。お帰りになった
人もたくさんいらっしゃり、今日だったらこんなにのんびりしてましたのに…、って。人の気持ちと店の混み具合は思うようにならぬもの。いつものオキニイリ。マキアート。
小さなカップ一杯分の分量で、なのにたっぷりコーヒーをたのしんだ気持ちになれる濃厚な味。味だけでなくぽってりとした喉越しはまるでビロード。喉のすみずみ撫で回し、口の中にはエスプレッソの甘い余韻を残して消える。体のすみずみが目覚める感じがオゴチソウ。さてさてちっと仕事をば。

 

関連ランキング:コーヒー専門店 | 新宿御苑前駅新宿三丁目駅新宿駅

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。