朝に味噌汁、アンナミラーズでピーカンパイ

amg-espressoamg東京駅の南口。かつて郵便局のあったところに再開発でできたビル。その地下フロアの端っこにある「美噌元」という店。

日本全国の味噌をおいしく召し上がれという、提案のある小さな店で、季節季節の素材を使った味噌汁が揃ってて、ときどき無性に寄ってみたくなる。
特に今日は体を芯からあっためたくて、それでフラッと寄ってみた。朝食代わりに味噌汁を飲む。
好きな味噌汁にご飯やおかずをつけてセットにできるのだけど、今日は純粋に汁だけで。そういうお客様も多いんですよ…、と、だからかココの味噌汁は単品価格がついている。
定食の添え物的な味噌汁が、恥じて顔を赤らめるようなココの味噌汁。オキニイリ。

中でも一番のオキニイリが、定番商品。「シジミプレッソ」。
シジミを煮だした栄養満点の汁に味噌の風味をくわえた、味わい強烈な味噌汁で、沢山飲めない。だからデミタスカップでやってくる。シジミの汁のエスプレッソで、シジミプレッソ。
本当はこれだけ飲むことができればとても嬉しんだけど、お味噌汁をたのんでそれに100円足すと、飲ませてくれるという仕組み。
おまけの方が目当てで買ってたチョコエッグ…、みたいな感じ(笑)。

amg-yubaamg-tohuグイッと飲むとガツンと旨みが口に広がり、最後に味噌の風味が鼻か抜けていく。一気に飲むと体がブルッと震えるようで、おそらくそれは体の細胞ひとつひとつが目覚める証拠のオゴチソウ。

それから味噌汁。湯葉とごま豆腐の味噌汁っていうのをたのんだ。
紅色の大きなお椀。塗のお椀でほどよく軽くて、触り心地が上等で、中のお汁が居心地よさ気に見えるのがいい。
まずはコクリと汁を飲む。
唇に触れるお椀のなめらかさ。味噌もやさしく、味もなめらか。気持ちがほっと落ち着く感じがありがたい。

ツルンと喉を撫でる湯葉。ムッチリとしたごま豆腐。どちらも香りが豊かで独特。味噌の風味と引き立てあって、一口ごとに滋養を感じる。
その両方の具材の他に、モロヘイヤとオクラがタップリ入ってて、飲むとトロリと粘り気感じる飲み心地。お腹がポカッとあったかになり、しみじみ元気がやってくる。

 

関連ランキング:和食(その他) | 東京駅二重橋前駅有楽町駅

 

amちょっと移動で、打ち合わせ。
品川で集まろうよと、アンナミラーズ。
アメリカから来たパイのチェーンで、かつて東京のいろんなところにお店があった。
広尾の店なんて、よく行ったものです。
パイがおいしいというコト以上に、そこで働いている女の子たちのユニフォームがかわいらしくて、お店のムードも明るくて。
まるでカリフォルニアに来たみたいな気がしたモノでした。
今ではココ、品川のお店だけが残っていて、それがなんだかなつかしい。
朝早くから朝食営業。ランチやディナーも用意されてて、ファミレス使いができるところもいい感じ。

ミニスカートのユニフォームも昔ながらにかわいらしくて、なんで一軒だけになっちゃったんだろう。もったいない。個人的にはHOOTERSなんかができるより、アンナミラーズが復活するほうが便利でたのしい。

am-p3am-p2am-coffee

ピーカンパイをたのんで食べます。温めてもらってバニラアイスクリームをつけてホットピーカンパイアラモードにする。
ボリュームたっぷり。ピーカンナッツがカリッと砕けてクシュッととろける。おいしい油とピーカンナッツ独特の明るい渋みが口に広がる。ゼラチン分で固めたフィリングがカラメル味でピーカンナッツの食感ひきたて、トロンととろける。
パイはザックリ。アメリカンスタイルとでもいいますか…、ボロリ崩れてフィリングと一体となりシットリとする。お替わり自由のコーヒーもアメリカ的で、ニッコリしました。オキニイリ。

 

関連ランキング:ケーキ | 品川駅高輪台駅北品川駅

コメント

  1. Eiko

    美噌元さん、ギフトではよく使うのですが、お店はいったことが無くて…
    しじみエスプレッソは呑兵衛さんへのプチギフトの定番です(笑)

    • サカキシンイチロウ サカキシンイチロウ

      Eikoさん
      しじみエスプレッソ…、効く感じが確かに呑兵衛さんにはウレシイでしょうね。
      お味噌汁って汁であると同時に、主菜のひとつでもあるのかもしれないなぁ…、ってココに来ると思わされます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。