最適なチーズバーガー、最良のマキアート

日曜の昼にナイフフォークで食べるハンバーガーを味わって、でもハンバーガーはやっぱり手づかみで食べたい料理。
バーガーペーパーなんかなくてもサクッと。
しかもボリュームたっぷりで肉を食べてる感じを堪能したいもの。バーガーキングでカスタマイズして、理想のハンバーガーに仕立てて食べてみるのもいいか…、と家の近所のバーガーキングに駆け込んだ。
先日、ワッパーチーズの野菜抜きというのをたのんで食べたのだけど、バンズにビーフパテが負けてしまって残念だった。
ならばと今日はダブルワッパーチーズからトマトとレタスと玉ねぎを抜いてもらってピクルス多めにしてもらう。オニオンリングとアイスティーをお供にし、家に持って帰ってお皿に移す。トマトとルッコラをオリーブオイルと塩で味付け。サイドに添えてハンバーガープレイとの出来上がり。

手で持てます。ずっしり重たくけれど中身がこぼれだすようなこともなく食べるとこれがなんとおいしい。
バンズがサクッと歯切れると、前歯がとらえるものはいきなりビーフパテ。サクッと歯切れて口の中へ飛び込んで舌にストンとのっかるステキ。噛むと肉汁がほとばしり出てそれをバンズがキチンっと受け取る。
ざっくりとしたパテがちらかり、それをチーズがまとめてとろかす。肉を食べてるって感じに気持ちが盛り上がる。
ただ今度はパテがバンズに対して主張しすぎて口が乾いていく感じ。おそらくチーズもダブルにすればバランスがとれるんじゃないかと思った。近々試してみなくっちゃ。
オニオンリングにケチャップつけて、お腹がしっかり満ちるゴチソウ。一口分のハンバーガーとオニオンリングにケチャップがウィンクをする顔に見えます。オモシロイ。

 

関連ランキング:ハンバーガー | 四谷三丁目駅曙橋駅新宿御苑前駅

 

月曜日の朝。銀行に行く用事があって西新宿にやってくる。
父の田舎の銀行で、東京に2軒しかない支店のひとつが西新宿。
そもそも口座を持っている人は香川県の出身者がほとんど。
だから利用者は少なくていつも静かでテキパキ用事が片付くことに感謝しながら、今日は思って以上にスムーズだった。
それでのんびりお茶でも飲もうと、ポールバセットにやってくる。
西新宿のビルの地下。
地下のはずなのにお店に入ると奥に向かって明るくて、どうしたことかと見上げると大きな天窓。
朝の光が惜しみなく、お店の中に降り注ぎその明るさがやわらかい。
隣がイタリア料理のサルバトーレ。隣と言っても壁があるわけじゃなくなんとなくここから向こうがサルバトーレでこっちがポールバセットって感じのゆるい関係。
サルバトーレに間借りをしているような感じもするオモシロさ。
サルバトーレには大きなテーブルがドンッと置かれて、それがとてもフレンドリーでダイナミックな景色を作っていたのだけれど、今日はその大テーブルがなくなって変わりに二人がけの丸テーブルが観葉植物の鉢を挟んで4卓並ぶ。感染予防対策のためなんでしょう…、あの大テーブルはどこに行ったの?って聞いたら、表に移しました。テイクアウトを待つ人たちのウェイティングコーナーみたいに使っているんですよ…、って。

コーヒー飲んで表にでたら、たしかにデンッとお店の外に置かれていました。なんだか贅沢…、オモシロイ。
大テールがあるレストラン。しかもその大テーブルが人気のある店って好きなんです。知らない同士がひとつのテーブルを囲んで同じ時間と空間を共有する。ゆるやかな共同体が出来上がっているような、そんな感じが好きなんだけど今の時代ではそれもリスクということでしょう。
マキアートを作ってもらってちょっとぼんやり。
ぽってりとしたミルクの泡の下にエスプレッソ。トロンと喉を撫でるようななめらかさにて、苦さの中に自然な甘みがあるのがおいしい。朝のゴチソウ、オキニイリ。

 

関連ランキング:カフェ | 西新宿駅新宿西口駅都庁前駅

コメント

  1. junchan

    バーガーキングは、たまに寄っていたお店がなくなってしまって残念に思っていたところ、そこよりも家の近くにできたことがわかり、はやく行けるといいな、と思っています。
    サカキさんのように、カスタマイズもしてみようかしら。行ける日を楽しみにしています♪

    • サカキシンイチロウ

      junchanさん
      うちの近所のお店はスタッフさんたちがほぼ外国人。カスタマイズするためのコミュニケーションでギクシャクすることがあるのですが、それがなんだか海外に来て食事をしているみたいで、そこまで含めてありがたいお店です。
      早くカスタマイズをたのしめますように!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。