暑さの盛りを終えての鰻、秋に備えて滋養をもらう!

暑い盛りの鰻もいいけど、夏の盛りを過ぎて疲れた体を養生するような鰻も粋です。
秋に向けての元気をもらおう…、とそれで新宿の登亭。
お盆前から軒に下がっていた風鈴が、チリンチリンと夏の名残を耳に響かす。
一階がテイクアウトの売店と厨房。二階が食堂。さすがに土用の丑の時期に比べるとのんびりとしたムードです。
鰻の脂は夏に薄くて冬に濃い。だから本当は夏の鰻は痩せて食べどきじゃないんだよ…、って言われるけれど食べたいときがおいしいときです。
ここではいつも同じ注文。一番安いうな丼に白焼き半尾。肝焼き、うざくに肝吸いつけてひと揃え。今日もいつものように注文をして、いつものようにテキパキ料理が整っていく。メインのうな丼を残して他の料理が揃う。

最初にくるのはたいていうざく。焼きおきの鰻の蒲焼きを使って作る。蛇腹胡瓜にトマトに玉ねぎ。シャキシャキとしたキュウリの歯ざわりが鰻のねっとりした食感を引き立ておいしい。スッキリとしたポン酢を食欲わかせてくれる。サラダ代わりのような一品。
それから白焼き。続いて肝焼き。
白焼きにはワサビがたっぷり。すりおろしたワサビに塩をたっぷりくわえて薬味というより調味料。コッテリとしたたまり醤油が添えられる。
肝焼きを一個串から外して食べる。コリッとしていてプルンでもあり、ほろ苦くって口いっぱいに滋養が溢れてくるのを感じる。残りを串から外して白焼きの器に乗せた頃合いで、うな丼到着。

残った料理を半月盆の上に並べて本格的な食事のスタート。
白焼きは醤油は使わずワサビをたっぷりのっけてパクリ。
鰻の脂に塩とワサビがくわわって甘みに変わる。
浅蒸し仕上げの、表面パリッとした鰻。噛んでるうちに脂がとろけていくのがおいしい。
蒲焼きのタレは辛めで甘み控え目。だからか照りは強くなくさっくり歯切れる。
蒲焼き、白焼きをそれぞれ一口ずつ食べて、さて、丼の中に白焼き、肝焼きをのっけて「肝焼き白焼きうな丼」にする。
ちなみにここで陶器の丼に入ってやってくるのは一番安いうな丼だけ。それ以外はお重に入ったうな重になる。器を手に取り、手のひら伝いに感じるずっしりとした重たさ、それにあたたかさ。ご飯の最後のひと粒までも食べるためには器に口つけ食べるにもお重よりも丼がいい。

それにしても口の中がにぎやかになること、たのしくニッコリ。
ふっくらとした鰻の蒲焼き。パリッと焼けた白焼きにコリコリクニュクニュ、口の中でその食感を変える肝焼き。そのまま食べてもおいしいそれらが、ご飯と一緒に食べると味わい、食感が引き立ち存在感が増すのがたのしい。しかもご飯に鰻の香りがつくことで、ご飯自体もおいしくなってく。
鰻ご飯じゃなくてうな丼という料理のこれが真骨頂。
蒲焼き、白焼き、肝焼きを満遍なく食べようと思うも結局、好きなものが残ってく。ボクの場合は蒲焼きがまずなくなって白焼き、最後に肝焼きが残って丼、空っぽになる。さっぱりとした肝吸いにキュウリの漬物がみずみずしくて後口さっぱり。ご飯ひと粒残さず終える。おゴチソウです、元気になった。

関連ランキング:うなぎ | 新宿三丁目駅新宿駅新宿西口駅

コメント

  1. kiko

    東京から関西に越して二十数年、当初は口に合わなかったバリっと焼き上げた鰻が今では大好物になりました。
    なんとなくサカキさんのブログの影響のような気もします。
    昔は見向きもしなかった白焼きも、最近は頼むようになりましたし。

    やたらステーキが恋しくなるのも理由はおなじなんだろうなと密かに思ってます(笑)。

    • サカキシンイチロウ サカキシンイチロウ

      kikoさん
      クシュッと潰れて脂がジュワッとにじむような鰻…、酒の肴にもご飯のお供にもおいしいなぁってしみじみ思います。
      肉!
      確かに今の時期、食べたくてしょうがなくなりますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。