昼の峨眉山

日曜の昼、近所で食事。ひさしぶりに峨眉山にくる。
四川料理の専門店。
かつて四川料理が、辛くて香辛料の強い中国の一地方の変わった料理と言われた時代からずっと同じように頑張っている小さなお店。
さすがに四川料理だけで繁盛ができるでなく、日本好みの一般的な中国料理も上手でおいしい。けれどどこか四川風のアクセントがついているのがおもしろく、オモシロイだけじゃなくておいしい店でボクは好き。
日曜日にランチをしてくれるというのがこれまたありがたく、いつもニギヤカ。ほどよく忙しいお店でできる料理はなぜだかおいしく感じる。しかもテキパキ、テーブルの間をサービスしてまわる人がニコニコしているお店の料理は本当においしく感じる。今日もそういう感じでニッコリ。

まずはココの定番にして名物の麻婆豆腐の定食ひとつ。
週替りのランチの定食がいつも3種類。肉に野菜にシーフードと種類だけじゃなく、その内容がいつも多彩でたのしく迷える。今日の気持ちは木須肉。豚肉ときくらげ、玉子を炒めて作る料理がメインの定食選ぶ。
麻婆豆腐は辛さが選べて、いつも激辛。激辛とはいえ辛さよりも旨みが強くて器の縁にたっぷり漂うラー油を避けて食べればおいしい。山椒がステンレスのポットに入って自由に使える。ほんのちょっと降っただけでも口の中が痺れて熱い。お水を飲むと甘く感じる、麻痺した感じをたのしめるのが四川的。
木須肉には春雨。ネギのシャキシャキした食感も玉子のふっくら感を引き立てる。コリコリとしたきくらげも食感楽しく、ごちそう感をかきたてる。

この2つの定食にあんかけ焼きそばを追加して分け合い食べるのがいつものスタイル。
今日もそう。
四川料理店らしからぬ甘めでやさしいあんがタップリ。
エビにイカ、白身魚に衣をつけて一旦揚げたものが具材の主役。衣があんをすってネットリ、とろけるように仕上がってるのがしっとり旨い。
筍、青菜、きくらげと野菜が沢山入っているのも昼のお腹にありがたい。

定食のサイドには日替わりのおかずがひとつ。
今日は出汁巻き玉子がついていた。
中国料理のお店なんだから、これも中国料理風かというと決してそうじゃなくいつも日本のご家庭的な惣菜がついてくるのがオモシロイ。
オモシロイし、ホっとするのね。いい感じ。大根を八角と一緒に醤油、紹興酒に漬け込んだ漬物はいつも定番。シャキシャキみずみすしくて、コリコリ歯ごたえたのしめる。スープは卵白だけをつかった塩味。フワフワ玉子がスルンと喉をかけおりていく、やさしいあじもに口がスッキリ。ホっとする。

あんかけ焼きそばの麺は極細。ココの麻婆豆腐と並んで人気の名物が担々麺。その担々麺に使うコシのある麺を蒸してこんがり焼いてる。多めの油で強めに焼くと、ところどころが焦げて仕上がり、パリパリサクサク。挙げた麺と蒸した麺の両方同時たのしめるのが得した感じ。
麺を持ち上げあんとからめる。時間をかけて丁寧に、麺の表面がもれなくあんで覆われるようにしながら食べる。あんを吸い込んだ麺そのものもネットリとろけるような感じになるのがたのしい。オキニイリ。
しかもこのあんかけがタップリで、ご飯に乗っけてたべると五目あんかけご飯な感じをたのしめる。当然、麻婆豆腐もご飯の上にのっけてパクリ。お腹、たのしくみたされる。

 

関連ランキング:四川料理 | 四谷三丁目駅曙橋駅新宿御苑前駅

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。