明楽時運の夜、朝食2回の岐阜の朝

火曜日の夜。
春先取りの日本料理でお腹を満たし、仕事の話やよもやま話を喫茶店にてたのしんで〆。
「明楽時運」というこの界隈にチェーン展開している郊外型の喫茶店。
贅沢な空間。作り込まれたインテリア。
ハンドドリップのコーヒーがたのしめる。お店の中にはパラリパラリとお客様。みんな大人でお店の人はなんと一人でオペレーション。大変だなぁ…、ってちょっとしんみり。

コーヒーゼリーをたのんで食べる。
ビターなコーヒーをゼリーの形にとじこめて上にアイスクリームとホイップたっぷり。口にふくむとたちまちゼリーが冷たいコーヒーに姿をかえてアイスオレのようになってく。贅沢な味。
話ははずみ、ブレンドコーヒーもいただきましょう…、とお願いしたら先日ここに来たときに出てきたカップでやってきた。
人に合わせてコーヒーカップを選んで提供する店で、ボクのイメージはこのカップ?って不思議に思う。夜が更ける。

 

関連ランキング:コーヒー専門店 | 穂積駅

 

いつものホテルで軽く朝食。茶碗にご飯のちょっとだけ。スライスオニオンとスイートコーン、ツナのオイル漬けとベーコン二枚をのっけて醤油をたらり、少々。それをグシャッと混ぜて朝のメインとして食べる。ご飯はときおり奥歯を叩く程度の分量。ほぼスライスオニオンという内容なれど不思議とご飯を食べてるような気持ちになるのがオモシロイ。コーンポタージュスープをお供にゴクリ。お腹温めほどよき感じ。
おむかえくるまでホテルのロビーで仕事をしながらコーヒーを飲む。ボタン一つで手に入るコーヒーとしては上出来で、にも関わらずコーヒーをワザワザ飲みに来てもらう喫茶店という商売は大変だなぁ…、ってしみじみ思う。

お迎えがきて打ち合わせ。岐阜の朝の喫茶店。コーヒーたのむとやってくるモーニングセットで2回目の朝。
クレソンって言うちょっとお洒落な造りの店で、けれどお店に入るとお客様はおじさん、おばさん。どちらかといえば「じ」と「ば」の後ろに「ぃ」や「ぁ」は挟まった方が正しく伝わる感じの景色。

朝を喫茶店ではじめめるという地方の文化は、もしかしたら絶滅寸前なのかもしれない…、なんてちょっと心配したりする今朝。
朝食専用の仕切りについた器にコーヒー。茹でた玉子に厚切りトースト。ポテトサラダでひとそろえ。


厚切りトーストの半分にバター。残り半分にあんこが置かれる。あんこをきれいに塗り込めば小倉トーストになるのだけれど、交互に食べる。塩味バタートーストと小倉トーストを代わる代わる食べてる感じにお得を感じる。玉子を割ります。思いがけずもスルンと剥ける。ほんわかあったか…、ポテトサラダと一緒に食べると完熟玉子の黄身のパサパサした食感がなめらかになり味も整う。
玉子サンドイッチを追加でたのんでみんなで分ける。この界隈は焼いた玉子のサンドイッチと潰した玉子のサンドイッチがほぼ半々で入り混じる場所。ここはほっかり焼いた玉子を焼かないパンで挟むスタイル。
ふかふか、しっとり。甘み控えめでパンの甘みや芥子マヨネーズの風味が生きる。のんびりしました、さぁ、仕事。

 

関連ランキング:喫茶店 | 柳津駅

コメント

  1. いにしえ

    サカキさん、
    コーヒーにしっかりおつまみ付いてますね。しかも袋にはお店のロゴ入りで気合いが入ってますね。

    岐阜の我が家は勤め人の家庭でしたのて、朝食を喫茶店のモーニングで採る習慣はなかったですが、やたらと喫茶店に寄る傾向はありました。子どもの頃は親に連れられて行って、今から家に帰るのに、、なんて思ったこともあったような。大人のおしゃべりの間、子どもはクリームソーダを与えられておりました。

    総務省の家計調査では、喫茶代の部門で、岐阜市は堂々第一位、全国平均の2.5倍以上です。喫茶文化が続いていって欲しいなと、今は東京住まいですが思ったりします。
    その他外食でもいくつかの部門で上位に居て興味深いです。

    • サカキシンイチロウ サカキシンイチロウ

      いにしえさん
      岐阜に伺っていると、喫茶店に限らず外食が全般的に生活の中に根付いているなぁ…、と感じることがあります。
      繊維の時代に豊かを謳歌した地域という歴史があるからかもしれません。今でも中小企業が多くて、社長さんと呼ばれる人の数も多い。どこかに旦那さん文化が根付いているようにも感じます。
      喫茶店代の部門第一位なんですネ…岐阜。たしかに、食事を終えるとまず喫茶店って街の人たちに誘われます。好きな地域のひとつです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。