旨くて辛い宮崎辛麺。〆に銀だこ、ペプシがお供

辛いものを食べたくなって「華火」までくる。
宮崎名物の辛麺の店。歌舞伎町や東新宿とこの界隈に何軒かお店があって、昔は朝も営業してた。
今は昼から深夜まで。
基本、辛麺1商品。辛さを選べていつもたのむのは「大辛」。
カウンターだけ。券売機で買ったチケットをカウンターの中のスタッフに手渡して「こんにゃく麺」をと伝えて座る。中華麺とこんにゃく麺が用意されてて、こんにゃく麺が基本。とは言えこんにゃくで作った麺じゃなくてそば粉と小麦粉を使って作った韓国の冷麺に似たこんにゃく色の麺。角張っていて歯ごたえがあり熱々のスープにずっと沈んでいても伸びずにシコシコ感がずっと残るところがおいしい。
お店に入るとすでに辛い匂いがしてくる。カウンターには二種類の赤唐辛子の入った容器。麺を茹で、手鍋でスープを温めながら卵をカシャカシャ溶く音がする。お待たせしましたと黒い丼。ご飯と一緒にやってくる。

目に入るのはたっぷりの赤唐辛子の粉。それをささえるふっくらとした卵のかたまり。
ニラの緑が彩り添えて、スタミナ満点って匂いがふわっと漂ってくる。卵の中には豚のひき肉、大きく切ったがゴロゴロ入って仕上がっている。スープはどっしりとした旨味があって韓国料理のチゲを食べてるような気持ちになってもくるのね。
卵をすくってご飯にのせる。一緒に赤唐辛子もまとわりついてご飯にのっかり、ふわふわピリ辛たまご丼のようになるのがおいしい。
麺をずるんと啜ると咳き込む。だかられんげにのせて口にそっと運んでモグモグ食べる。ビリビリ辛く舌も唇も喉もヒリヒリしてくるんだけど強い旨みを頭が欲しがる。ひと口ごとに汗がふきだし体もポカポカあったまる。

 

関連ランキング:ラーメン | 新宿御苑前駅新宿三丁目駅四谷三丁目駅

 

「銀だこハイボール酒場」に寄って〆。
銀だこは昔、四谷三丁目にもお店があった。
テイクアウト専門の店。
たいして交通量もないのになんでこんな場所に作ったんだろう…、って思っていたらあっという間に潰れてしまった。
あったときには重宝しててスーパーに買い物に行ったついでよく買っていた。
銀だこのたこ焼きは最後に油をかけて表面をカリカリに揚げて仕上げる揚げたこ焼き。だから時間がたっても食感や風味があまりかわらない。むしろできたては熱々過ぎて、家にもって帰った頃が食べ頃だったりするのが本当に重宝。よく食べた。
そこが閉店してしばらくしてからこの店ができ、客席付きで気軽に飲めたということもあって二度ほど来たかなぁ…、いつもお昼でたこ焼きつまんで昼からハイボールって贅沢だねぇっていうのが口癖。今日はコーラをお供にしました。

タナカくんは猫舌で、しかもゆっくり食べる人だったからここのたこ焼きには往生してた。いつもお箸で穴を開け空気を芯に入れてしばらく冷やしてた。それを起用にもとに戻して口にパクリと入れるのだけど、それでも熱いってハフハフしながら食べていた。
今日は真似して食べてみたけどやっぱり熱い。舌の上でお手玉するようにしながら食べる。表面はカリカリ、中はとろりととろけるようでタコがゴリッと潰れる感じもおゴチソウ。
「コーラをください」と言ったら「ペプシですけどいいですか?」ってお店の人が確認するのネ。ハイボール酒場というこの業態はサントリーとの共同開発。だからコーラを含めてソフトドリンクはペプシ系。昔、アメリカのファストフードでよく聞いた「ペプシですけどいいですか?」って言葉をひさしぶりに聞きました。

 

関連ランキング:たこ焼き | 新宿御苑前駅新宿三丁目駅四谷三丁目駅

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。