日本一贅沢な肉野菜炒めに横濱チャーハン

新宿にでて昼ご飯。新宿西口メトロビルにある「万世グリル」にやってきてみる。
ランチはほぼハンバーグの専門店。
最近ではとんかつにも力を入れてはいるけれど、どちらかといえば牛肉を気軽にたのしむことができる洋食屋さんという性格を昔から守ってる。
お客様の年齢層は高いです。50歳以上がほとんどかなぁ…、ハンバーグという料理はもしかしたらそういう年齢層の人たちのゴチソウなのかもしれないなぁ…。昔は子供が大好きな料理だったけど今では違う。オモシロイ。周りの人たちがほぼハンバーグをたのしんでいるなか、ボクの好きなのは「黒毛和牛の鉄板焼」。名前からして贅沢でして、肉たっぷりのMサイズを選んでたのむ。

焼けた鉄板の上に野菜と牛肉。量にすればおそらく半分づつぐらいのバランスかなぁ…。キャベツに玉ねぎ、ニンジン、ピーマンが脂をまとってツヤツヤしながらジュージュー焼ける。もしかしたら日本一贅沢な肉野菜炒めかもっていつも見るたび思って食べる。
味は軽く塩胡椒だけ。芥子醤油のタレにつけて食べるというもの。
たまり醤油だからちょっと甘くてコクがあり、けれど自然な味だから野菜や肉の持ち味を邪魔することなくおいしくさせる。なにより芥子がたっぷりはいってて、ツーンっと鼻から抜ける辛さがオキニイリ。
ご飯にのせて一緒にパクリ。具だくさんのとん汁がまたおいしくておゴチソウ。

 

関連ランキング:ハンバーグ | 新宿西口駅新宿駅西武新宿駅

 

伊勢丹の地下で富麗華の黒酢の酢豚を買って帰った。
中国飯店系のお店です。
黒酢の酢豚といえば中国飯店の名物料理のひとつです。
ぶつ切りにした豚肉に分厚い衣をまとわせて、ガリガリになるまで揚げてそこに黒酢のあんをたっぷりかけて仕上げる。
噛みごたえがありザクッと壊れる、これって本当に豚肉なんだろうか…、って不思議に思う食感がまず特徴的。
あんは酸っぱい。甘みもあるけれど後口は濃厚でお腹が震えるように酸っぱくってそれが豚肉自体の脂の甘みを引き出している。揚げ物なのにすっきりしてて、一口ごとにお腹がすいてくるような味。しじみの汁をお供に食べる。

夜のメインは崎陽軒の横濱チャーハン。
チャーハン系の弁当には炒飯弁当と横濱チャーハンの2種類がある。どちらもチャーハンとシウマイがメインの弁当。けれどほんのちょっとづつ内容が違ってどちらにしようか悩む。
炒飯弁当はシウマイが3個、鶏の唐揚げ、塩焼きそばとおかずが豊富。一方、横濱チャーハンはシウマイが2個、鶏のチリソースとおかずは少量。代わりにチャーハンの上にグリーンピースとエビがのっかる。つまりチャーハンがメインという訳。横濱チャーハンの方が100円ほど安いということもあってでしょうか…、大抵売り切れ。今日は最後の一個をもらって買った。
そういえば横濱チャーハンには箸がつかずにスプーンがつく。パラッと口で散らかるチャーハン。噛めば噛むほど味や旨味がにじみだし、奥歯に当たるパラパラご飯の食感、そして噛みごたえにニッコリします。これもよし。

コメント

  1. あやーん

    サカキさん、ゴキゲンはいかがですか?
    これです!わたしの食べた横濱チャーハン。
    わたしの行く松屋浅草は横濱チャーハンしか見かけません。炒飯弁当、いつか食べなくっちゃ!と思います!

    • サカキシンイチロウ サカキシンイチロウ

      あやーんさん
      やっぱりこれでしたか…、横濱チャーハン。ボクがよく行く伊勢丹の地下には逆に炒飯弁当はいつもあるのに横濱チャーハンはレアなんです。お店によって品揃えが違うんでしょうネ。マーケティングを感じます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。