シェイクシャックはどこから来てどこに行くのか…。

ところでシェイクシャックってどうなんだろう…。
ニューヨークのマディソンスクエアパークの再生を目的としたホットドッグカートからスタートした店。
のちに公園内の常設店舗としてリスタートしたけれど、そもそもチェーン化を目的として生まれた店ではなかったワケです。自らの集客のためでないビジネス。公園に人が集まれば街が荒廃することもなく、街の人のためになるに違いない…、と。
だから普通のハンバーガーレストランができないコトに手を出せた。ホルモン剤を使わず育った牛の肉であるとか最高品質のアイスクリームを使ったシェイク。マスプロダクション用のモノではない食材を使っているから、当然、仕上がりのばらつきはあり、でもそれも公園に人を集めるためならオッケー。街の人たちはあたたかく受け入れた。それが行列の原動力であったのでしょう。

2015年に日本に開業したとき外苑の銀杏並木に面したまるで公園のようなロケーションを選んで出店。
行列ができました。
でもその行列は、銀杏並木を散歩する人の新たなたのしみを提供してくれてありがとう…、的行列じゃなく、ただただアメリカの有名なハンバーガーショップが日本に来た。
行かなくちゃ…、って感じの行列。
ハンバーガーを食べたら散歩もしないで次の目的地に先を急ぐ人たち続出。ブームが終わればその行列もあっという間になくなっちゃいます。
二号店が恵比寿の駅ビルにできたときには、あまりに工夫のないロケーションにマイナスの意味でアッと驚く為五郎でした。公園のムードを必死にそれでも作ろうとコンクリートの床をしつらえ公園ベンチのような椅子…、とムード作りは上手だけれど結局一度もブレークすることなく今を迎える。

資本があれば。コンセプトがしっかりしていれば。そして経営する側に野心があれば店を増やすことは簡単です。特に今の日本は出店意欲が旺盛な会社、店舗が少なくて売り手市場といえなくもない。
でも「そのコンセプトにとってよいロケーション」を選んで出店し続けることはむつかしい。よいロケーションとは、お店のコンセプトを理解し行動する人が集まる場所。コンセプトを正しく理解し、その発信を怠りなく行うブランドでなくては、どんなロケーションも凡庸なロケーションに成り果てる。
さて、日本のシェイクシャックは本来のコンセプトを正しく発信できているのか。例えばニューヨークのヤンキースタジアムにシェイクシャックが出店していて、だから日本の東京ドームにシェイクシャックを作ってしまう。野球を応援することとホットドッグを食べることが表裏一体となったヤンキースタジアムと、焼きそばに唐揚げでよい東京ドームじゃどこにも共通点がないはずなのに…、って心配になる。

商品は悪くないです。
ふっかりとして口溶けのよいバンズは肉汁をしっかり受け止めみずみずしい。
細かく挽かれた牛肉は脂の香りがゆたかでまさに「肉を食べてる」という実感をわかせてくれる贅沢な味。
レタス、トマトもよき状態です。
けれど果たして、これがすべての人においしいハンバーガーかというと決してそうでもなくてどちらかといえば一風変わったハンバーガーに位置するものに違いない。
フレンチフライはおいしいです。
ザクザクとした歯ごたえたのしくするためにギザギザをつけた形状の芋。
油の状態もよくて食べはじめると止まらぬおいしさ。
なによりココのアイスクリームは本当においしい。
来るたびルートビアフロートをたのんで飲んでみるのだけれど、飲んでるうちにとけてルートビアと混じり合い、ソーダ分を含んだシェイクのようになるのがたまらない。ポッテリ喉を撫でながらシアワセ気分を作ってくれる。
ただ、これらすべてのシアワセを手に入れるために払うコストは2000円弱。セルフサービスレストランの価格がこれ…、と思うと気持ちがちょっとたじろぐ。でもおそらく、これが未来なんだろうなと思うもやっぱり早すぎる。

 

関連ランキング:ハンバーガー | 恵比寿駅代官山駅中目黒駅

コメント

  1. Eiko

    恵比寿のシェイクシャックは「知りたくなかったこの現実…」な感じがしてしまいます。

    平日の夕方なんぞに行くと、塾前の学生と、ランチを摂り損ねたサラリーマン(私のような)と、お買い物合間の主婦やら早番で仕事終わりのOLさんやらがごった返していて、モノは美味しいけれど文化を味わうには貧しい店内と見合わぬお値段設定。

    商品や場所に見合った価値を時間ごと提供するって、難しいですね…

    • サカキシンイチロウ サカキシンイチロウ

      Eikoさん
      なんでこんなところに作っちゃったんでしょう。しかもココが二号店。
      開業当初、2020年までに10店舗作るんだと立てた計画を何が何でも守りたかった。そんな焦りが見たくないものを作ってしまう。もったいないなぁ…、って思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。