日曜日

asand日曜日の朝をサンドイッチではじめる今週。
昨日はお外のサンドイッチで、今日はオウチサンドでござる。
紀ノ国屋ベーカリーのグラハムブレッドの薄切りを、片面だけを軽くトースト。サックリさせて麦の香りを引き出し使う。

よく熟れたアボカドと、刻んだキュウリに茹でたエビ。それからナルトを入れてオレガノ。ツナの缶詰。
マヨネーズにほんのちょっとだけケチャップ入れて、タバスコちゃちゃっと注いで混ぜる。ボウルの中ですべてがひとつになるように、良く混ぜそれをパンの上にのっけてならす。
上に乗っけるパンを予め半分に切り、それをのっけてナイフを入れる。パンを押し付けなくても切り分けられてだからキレイにスパッと切れる。卵サラダのようなポッテリ系の具材のときはそういう切り方。キレイに切れた。

サクッと歯切れるカサカサパン。前歯でそれが壊れると、口を満たすのはトロリとろけるアボカドの味。キュウリがコツコツ奥歯をたたき、エビがムチュンと甘く歯切れる。
ときおりムチュンと何か不思議な食感がして、それがナルトでニッコリします。朝が来ました。日曜日。

owa1owa2owa3

昼を近所で…、食事を終えたらのんびり家で仕事をしようと思ってそれで「尾張屋」にする。
ぼんやりのどかで、やる気があるのかないかわからぬ、表から見るとしおれてみえはするのだけれど、これがどうして。かなりの実力。
しかも今日はほぼ満席で、先客と入れ違いでテーブルひとつやっともらえた。
のんびりビールを飲みながら、合鴨の炙りをつまむおじさんたちがいたりして、今日は日曜。そこはかとなきおやすみ気分をしみじみ感じる。
おじぃちゃまが一人で料理を作る店です。満席になると提供時間がかかってしまう。それもまたよし。のんびりしましょう。お茶を飲みつつ、隣近所の人たちが何を食べるか観察したりしながら待ちます。

owa hiruowari東京にあって珍しいことに、きしめんがおいしいコトを売りにしているお店でそれで、きしめん食べる人が多し。
しかもそのほとんどが「ごまダレきしめん」。
実はボクらもひとつたのんだ。

むっちりとした冷たいきしめん。お皿にこんもり盛りつけて、そこにごまダレ。かなりタップリ。
具材は茹でた豚もも肉に、キュウリにカニカマ。茹でて搾ったほうれん草。シコシコはりのあるわかめもタップリと、具だくさん。
そこにかかるタレはかなりの濃厚な味。
ポッテリとした練りゴマ独特の食感と軽い渋みに豊かな旨み、そしてコク。
どっしりとした出汁で薄められてはいるけど、胡麻の風味が力強くてそれをきしめんの平打ち麺がしっかりからめて口を潤す。
冷たいのだけど、お腹をあっためてくれるような不思議なおいしさ。
うどんでも、そばでもこのタレと麺との一体感を得られないんだろうって思います。ちょうどクリーミーなソースとフェットチーネの相性が良いようなモノ…、ウットリします。

一緒にかつ丼たのんで分ける。甘めのタレがご飯に染み込み、フッ借りとした衣がとろけるこの感じ。蕎麦屋、うどん屋のかつ丼ってなんでこんなにおいしんだろう…、って思ってパクリ。お腹も満ちてニッコリします。オキニイリ。

 

関連ランキング:そば(蕎麦) | 四谷三丁目駅曙橋駅信濃町駅

 

y nasuy nutay shougayaki

夜は今日も自宅でご飯を作る。今日も水なすの浅漬を軽く搾って薄削りのまぐろ節とグイグイ揉んだ。噛むと口から喉が潤うおいしさ。体がひんやりしてくるようで、今の季節にはこの上も無きオゴチソウ。
茹でた青柳と薄切りキュウリ。ゆずを搾ったポン酢と白味噌でぬた酢を作った和えて味合う。キュッキュと貝の歯ざわりが気持ちよくって、食欲すすむ。
豚バラ肉と茄子に玉ねぎで生姜焼きを作って食べる。肉より野菜をタップリ使って、これも野菜の料理のひとつって思って食べる。お腹が軽い。

y tamagoyaki玉子を焼きます。
具沢山出汁巻き玉子にしてやりましょうと、具材をあれこれ。
まずはピーマン。
細かく刻む。
それからもやし。豆のついたままの豆もやしを2つかみほど細かく刻む。
それからカニカマ。
これもほぐして粗みじん。
フライパンに油をひいて、もやしとピーマンを軽く炒める。しんなりしたら塩で下味をつけてそこにカニカマいれて、しばらくさまして休ませる。

玉子四個を出汁でわり、砂糖と塩で甘めに味付け。
玉子焼き用の四角い鍋で巻いては炒めた具材をのせて、再び巻いてまたのせて。太巻き玉子をキレイに巻くのに少々難儀をしてしまい、ところどころが崩落するのを、修復しながらなんとか玉子焼きにする。
切ると断面色合いにぎやか。食べるとシャキッともやしが歯切れ、緑の香りのピーマンやかにかまぼこの旨みや風味もごちそう感を盛り上げる。考えてみれば今日はじめての玉子だった…、って思ったりする。アリガタシ。

y tantany tantanmen夜の〆に麺を作った。
ディーンアンドデルーカで売ってる冷やし担々麺。
袋に麺とタレ、薬味が入った、広島の製麺所が作って売ってるモノを使って簡単に。

麺を5分茹でたら冷水でキリキリ冷やして、タレでからめて薬味を加える。
たったそれだけでかなり本格的な冷やし担々麺ができるというもので、それに具材を豊富に足した。
ピーナツバターとオイスターソースで炒めて作った豚挽肉の味噌炒め。
茹でた枝豆、同じく茹でてごま油と塩を加えた休ませたモノ。白いネギを刻んだモノをタップリ乗っけてワシワシかき混ぜ食べるだけ。

薬味に胡麻と山椒の粉が入ってて、そのコク、風味に山椒の痺れが担々麺的味わいとなる。ただ、練りゴマの濃厚な味がかけているのでそれを練りゴマ加えて足して、黒酢を注いで酸味をくわえてズルリと食べる。
麺ががっしり、噛んで味わうタイプの食感。食べごたえがあっておいしく、ソースの風味もなかなかのモノ。堪能しました。さぁ、寝よう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。