日曜の昼のサイゼリヤ

昼、サイゼリヤ。あまりに暑くて遠出してくなくってそれで家の近所のお店を選ぶ。
メニューが変わった。
掲載されている商品はそれほど変わってはいないけれど、掲載されるメニューの順番、イチオシメニューなんかが変わってお客様にあきられないよう試行錯誤の努力が見える。
前回までのメニューで提案されていたのは、調味料を使ってパスタやサラダをカスタマイズしてみては…、ってものだったけど今度のメニューではステーキのおいしい食べ方が目玉になってた。客単価を上げたいのかなぁ。どうなんだろう。
それからサラダのラージポーションができたというのも目玉のひとつ。ただ「シェアできますよ」という提案じゃなく、「野菜がたっぷり食べられますよ」ってメッセージ。今の人たちって料理をシェアする機会が随分減ったみたいでなんだか不思議。

二人でやってきて二人が同じものを食べる。
居酒屋なんかでもたのんだ人がたのんだものを独り占めして黙々と食べる姿を結構見る。
もったいないなぁ…。
二人できたら2倍、3倍たのしめるのに。
今日も二人であれやこれやたのんで分けるゴキゲンな昼。
まずは定番、エビのサラダ。メニューのおすすめ通りにラージポーションをたのんで食べた。
相変わらずレタスはパリパリ。ただトマトの形が変わりました。あらかじめサイコロ状に切り分けられたトマトソースを仕込みたくなる形のトマト。工夫したなぁ…、ってちょっと思った。
それから辛味チキンにかぶりつく。自分の脂で揚げ焼きされた鶏の手羽中。前歯をあてて軽くしごくとスルンと肉が骨から剥げて、むっちり口の中に収まる。

熟成サラミにルッコラのせてサラダの葉っぱやトマトも一緒につつむ。
ちょうど一口サイズの料理が完成。
パクっと一口。
口の中で肉の脂やサラミ独特の香りに酸味、野菜やトマトが潰れて一緒になっていくのがオモシロイ。

それにしてもお店はにぎやか。
満席です。
時間は11時50分ほど。おそらく開店と同時にやってきた人たちが一巡して2回転目のお客様と入れ替わり始めたタイミング。
人が足りていないのでしょう。
商品提供がかなり遅れる。
子供連れのファミリー客が多くて小さな子供がはしゃぎ、泣きわめく。
提供された料理はとっちらかっていて、厨房の中の阿鼻叫喚がお皿にのってやってきたよう。

人は足りていないはずなんだけど中間バッシングだけは確実に、頻繁にする。お皿が足りてないんでしょうネ…、おそらく食器洗浄コーナーはお皿の山でてんやわんやの大騒ぎ。
オキニイリのフリウリ風フリコ。マッシュポテトにチーズをくわえてオーブンの中でこんがり焼いた、ポッテリとしてチーズの酸味がおいしい料理。グリルソーセージにサルサベルデにフライドポテト。今日のフライドポテトがいつもと違ってサクサク感が弱くてこれもてんやわんやのせいかなぁ…。
お米がパリパリポリポリのパエリア風のシーフードパエリア。どれも味はしっかりしてる。お店を出るまでサービスのリズムが乱れていたのがちょっと残念で、せっかくのビジネスチャンスを活かせぬほどに人が少ない今の外食。もったいなくて大変だ。

ちなみに間違い探しは案外簡単。5分かからず解きました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。