日曜の尾張屋

日曜の昼。ひさしぶりに近所の「尾張屋」。
何にしようかなぁ…、と思ってテクテク歩いてやってきた。きしめんがおいしい店で、だからひさしぶりに味噌煮込みきしめんを食べようか…。玉子を落として餅を追加して、なんなら天ぷらもぶち込んで。
野菜がタップリ入っているから、ご飯をお供にするのもいいなぁ…、と。思いながら歩いて急に、やっぱりかつ丼!が天から頭の中に落ちてきた。
それでかつ丼。よく焼きで…、ってお願いしたら鍋底に直接触れたとんかつの表面がちょっと焦げてた。食べるとそこだけ「焼きカツ」みたいな感じで、その香ばしさがまたオゴチソウ。ふっくら、出汁をすいこみふわふわに固まった玉子とご飯を一緒に食べると、口の中は出汁まみれ。シャキシャキ煮えた玉ねぎも出汁の旨みにニッコリします。元気も滲む。

テーブルにつくと思った以上に混んでいて、周りの人がカレー南蛮をズルズル啜ってる。
カレー南蛮日和って感じの今日で、ならばと一緒にきた友人にカレー南蛮をたのんでもらい、分け合うことにするのであります。
エビの天ぷらを一本のっけて、麺は蕎麦。
カレー南蛮天ぷらそば!
細くて徐々にネットリしてくる蕎麦にカレーがとろりとからむ。
カレーそのものは典型的な日本のカレー。甘み、辛味のバランスが良くあとからじんわりお腹が熱くなってくような濃厚な味。そこに鰹節の出汁がまじって、出汁の酸味がキリッと味をひきしめる。

それにしても丼ご飯のおいしいコト。白いご飯に出汁が滲む。出汁だけじゃなくてとんかつの揚げた油が出汁に混じってコクになる。パン粉衣がたっぷり出汁を吸い込んで、ふくらみ出汁を含んだ玉子と見事に一体化する。
そこに海老の天ぷらもくわえて食べる。
それも衣にたっぷりカレーをすわせたエビの天ぷら。エビそのものは大きく太くて加水もしないたくましいモノ。噛むとブリン。歯ごたえがよく甘くて香りも豊かで旨い。食べてるうちに衣がはげていくのだけれど、剥げた衣がご飯のおかずにまたぴったり。カレーの汁をゴクゴクのみつつ、ご飯をパクパク。お腹がみちる…、オキニイリ。

 

関連ランキング:そば・うどん・麺類(その他) | 四谷三丁目駅曙橋駅信濃町駅

 

ちょっと食欲が出てきてそれで、おやつをふたつ。
ひとつはアルファルファ。
なぜだかスゴく食べたくなって買ってきた。
ワインビネガーにマヨネーズ、ケチャップをシャカシャカまぜて作ったソースをたっぷりかけてモサモサ食べる。
このモサモサとシャクシャクが口の中でひとつになって、徐々に口をみずみずしくする。青臭くってなぜだかそれがおいしくて潤う感じにニッコリします。
小さな新じゃがをかってまる茹で。それから少量の油で揚げて表面パリッとさせておく。フライパンにベーコンとにんにく、ローズマリーを入れて風味を漬けたら芋と一緒にいためてローズマリーポテトに仕立てる。香り豊かで甘くて旨い。午後のお腹がオゴチソウ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。