新記でのんびり。レタスに排骨エビワンタンに大根餅

おやつどきに虫養い。四谷三丁目の新記に来ます。
とにかく野菜を食べたかったのです。手が込んでいなくていい。野菜の持ち味や食感を素直にそのまま味わうことができる料理となれば、ここには「レタスの湯引き」がありまして、まずはそれ。
レタスの葉っぱを大きくざっくりちぎったのをさっくり茹でる。軽くしんなりしたらお皿に移してオイスターソース。熱した油をバチッとかけたら出来上がり。
よく混ぜて食べます。小さな器からソースを飛び散らせないようにとひっくり返したり折りたたんだり。葉っぱ一枚一枚にきれいにソースが行き渡ったところでパクリ。レタスがパリッと歯切れて口の中をみずみずしさせ、軽い渋みにあまみが広がる。このシャキシャキを心置きなく楽しむために、今日の食事のメインは「排骨飯」。

熱々のご飯の上に骨付きの豚バラ肉の豆豉(トウチ)蒸しをのっけたぶっかけ飯。
タナカくんが好きだった。
彼は骨付きのものが大好きで、頑丈な前歯で引きちぎるように、貪るように。本当においしそうに食べていた。
とはいえここの排骨はよく蒸されていて、ちょっと前歯に力を入れればスルンと肉が剥がれてくれるのではあるけれど、骨を手に持ち貪る感じはやはり格別。
脂がおいしい。蒸された豚バラ肉からは脂がたっぷり滲んで小皿にたまり、甘くてしかも豆豉の塩気や風味、うま味が溶け込みおいしい。豚バラ肉にも脂がたっぷり残ってて、それはクチャっと潰れて奥歯や歯茎を撫で回す。

オキニイリの揚げワンタンと大根餅をお供にしました。
エビのすり身をたっぷり詰め込みパンパンに膨らみ仕上がるワンタンは、揚げているのに驚くほどにみずみずしい。すり身が含んだエビジュースが口の中を満たす感覚がとても特別。ふっくらとした大根餅でお腹を満たし、杏仁豆腐でお腹に蓋する。おごちそう。
毎年夏から秋への変わり目は気持ち、体ともに難儀をするシーズンなんだけど、今年は例年の10倍キツイ。三半規管の乱れにのせいで呼吸が浅くなってしまう。今年はそれにくわえて足に水が溜まって歩くことに難儀する。一日ほんのちょっとでも外にでないと気持ちがどんどん内向きになって生きることをたのしもうってモティーベーションをひねり出すのに一生懸命。お医者様はあと1週間から2週間で自然と食べたいものが頭の中に溢れ出して来ますよ…、それまでのんびりとって言ってくれます。のんびりと。

 

関連ランキング:飲茶・点心 | 四谷三丁目駅曙橋駅信濃町駅

コメント

  1. 匿名

    季節の変わり目。
    そんな時にフワッと香る金木犀。
    昔、中華のお店で桂花陳酒というお酒を飲んだことを思い出しました。
    今日サカキさんが召し上がったメニューは、そんなお酒に合いそうでした。

    いつも美味しい話題に、感謝してます。

    • サカキシンイチロウ

      匿名さん
      金木犀の季節。料理も夏から秋へと衣替えする季節ですよね。
      桂花陳酒はボクの母が大好きで、氷は入れずに冷蔵庫の中で冷やした炭酸で割ってよく飲んでいました。冷たすぎない温めの炭酸って料理の味を邪魔しないし、喉やお腹をくすぐって食欲をわかせてくれるから好きなのよね…、って。
      たのしい思い出がよみがえってきました。ありがとうございます。

  2. たつやぢる

    いつも楽しく拝見しています。

    「医食同源」
    サカキさんのブログを読むたび、その言葉を思い起します。
    元気で生きていくために、美味しい食事、楽しい食事は欠かせませんよね。

    どうかご無理なさらず、のんびり、ゆっくりのペースで歩いてください。
    これからも応援しています。

    • サカキシンイチロウ

      たつやぢるさん
      食べるものが体を作る。
      食べる気持ちがココロを豊かにしてくれるんだ…。
      そんなふうに最近しみじみ思うようになりました。
      ご心配おかけいたします。のんびり、無理せぬように早く笑顔で食事ができるようにがんばりますね。ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。