新橋西口、カフェラミルから野菜のジュース

新橋で朝。カフェラミルのモーニングセットではじめることにする。
懐かしい店です。生まれたのはバブルの頃。ヨーロッパの片田舎の民家がテーマのインテリア。当時は陶器の器はリチャードジノリ、グラスはラリック。一流でした。
値段も一流で小振りのフルートグラスに入ったアイスコーヒーが1000円超え。気軽に来れる店ではなくて、けれどミルクレープがおいしくて、たまにこういうご褒美もいいんじゃないかなと言い訳しながらくる店だった。
今ではすっかりそういう尖りが取れて普通の喫茶店。
お店のインテリアや随所に置かれたエミール・ガレ風の照明器具が、贅沢だった時代の名残。浮世離れしていたメニューもすっかり大衆的になりました。

バタートーストモーニングっていうのをたのむ。
バターを塗り込めたトーストに、グリーンサラダに茹で卵。
茹で卵の殻があらかじめ剥かれているのが独特で、おそらく冷蔵庫の中で一晩くらいは過ごした茹で玉子でしょう。
水分を吐き出した白身が硬くて、ちょっと縮んでいるようでこれで卵サラダを作ったらおいしくなるに違いない…、って思ってパカっ。
半分に割る。
黄身まで硬く茹でられていて、口に含むと茹で栗が砕けて散らかるような感覚。思った通り白身は硬くて、甘みを感じる。ムチュンと歯切れる。

ゆで卵を食べながらグリーンサラダをお腹におさめる。モサモサとした葉っぱの食感が独特で甘いドレッシングと一緒に食べると野菜感をあまり感じぬところが勿体無い。
トーストは色白さん。よく焼いてください…、ってお願いすればよかったなぁと思うも、表面だけがサクサクでふっかりとしたこういうトーストもたまにはいい。特にバターが思う存分染み込んで唇をひんやりさせる背徳感はまた乙なもの。
トーストに塗られたバターがコーヒーの中に溶け出して、軽い塩味と乳の旨味がスッキリとしたコーヒーを濃厚味にしてくれる。

 

関連ランキング:喫茶店 | 新橋駅内幸町駅汐留駅

 

ところでこのお店が入ってるニュー新橋ビル。ビルの表口と裏口の両方にジュース屋さんがある。
ひとつはベジタリアンっていう店。もう一軒がオザワフルーツっていう店で、この店がとても新橋的でたのしい。
ジュースはコールドプレス系。時間をかけてじっくり搾る野菜ジュースの種類が多彩で、店の入り口に立つと野菜やフルーツの匂いがしてくる。素材はそれぞれ一人前ずつに小分けされ、几帳面にビニール袋に包んで奥の冷蔵庫の中に収納。
で、その冷蔵庫の前がなんとタバコの売り場。売ってるだけじゃなくてそこで吸うこともできるようになっている。
煙が拡散しないようビニールシートがぶら下げられてて、吸う人はその中に入って吸うのだけれど不健康と健康が隣り合わせというこのスタイル。まさに新橋。小松菜のジュースを作ってもらってゴクリ。健康サイドでニッコリす。

 

関連ランキング:ジュースバー | 新橋駅内幸町駅汐留駅

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。