新宿龍の巣、赤いモツ鍋、オキニイリ

r東京に帰って小さな忘年会。
龍の巣にくる。
最近、オキニイリの焼肉の店。
いつもニギヤカで予約しないとまず入れない。ただ、焼肉の店にしては回転がいいようでタイミングが合えばすんなり入れたり、あるいはお店の外のテーブルで飲みながら待つ…、なんてことができるところがうれしいお店。
2日ぐらい前なら十分、予約が取れるようでもあって、今日の予約はすんなりとれた。

それにしてもにぎやかな店。
お客様がにぎやかな以上にお店の人が元気で、馴染みのスタッフが揃ってる。おひさしぶりです…、なんて言われておなじみさんな気分を味わう。
悪くないなぁ、こういう雰囲気。

キッチンをグルリ囲むようにテーブル席が作られていて、どこに座っても臨場感を味わうことができるところもいい感じ。お客様の層は雑多でスーツ姿のサラリーマン、カジュアルウェアのグループ客に熟年カップルと新宿三丁目という街をそのままギュギュッと凝縮したような感じがするのもオモシロイ。

r-tanr-hormonr-liver

まずは焼きます。テーブルの上に四角い炉。中におこした炭を入れ網の上であれやこれやと。
ココは赤肉もおいしいのだけど突出しているのはホルモン類。だからまずは厚切りたんをこんがりと焼き、ホルモンメインに焼いていく。
上ミノ、ハチノス、ハツを次々。コリッと焼けて噛むとどんどん粘ってとろける上ミノは、牛の内臓というよりも貝。ホタテの紐ってこんな感じの食感、味わい。ハツはムチュンと歯切れて強い旨みがとろけて消える。
それからレバー。ブリンと焼けた表面、爆発するように弾けると中はトロリとなんとも滑らか。金属に似た鋭い渋みがまた旨い。

r-tripr-toripgohanそれにしてもハチノスのおいしいコト。
イタリア料理で言えばトリッパ。
ずっと煮込んで食べるものだと思っていたけど、焼くと煮たのとは違った風合い。
六角形の蜂の巣状に生えた繊毛が、チリチリ焦げて焼きあがる。
その裏側は焼いてるうちに脂が沸いて沸騰したように揚がってく。

サクサクでもあり、むっちりでもあり、香ばしくもありネットリでもある。噛めば噛むほどとろみと旨みが強くなる。
これはご飯だ…、とご飯をたのむ。そしたらこれが絵に描いたような山盛りご飯。日本昔話にでてきそうなめでたい様で、そこにちょこんとハチノス置いて脂をご飯に移して食べる。ご飯と一緒にハチノスがどんどんとろけて、脂でスベスベ、お米の粒がしてくるところにウットリします。

%e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a-1r-mesiそしてモツ鍋。
ココに頻繁に来ているという友人が、焼肉も旨いけれどモツ鍋も旨いんだよ…、というのでそれを試してみることにした。

鍋の中にキャベツにニラ、モツをタップリ。
そこにスライスニンニクにカスをタップリのっけてうどんの出汁を注いで炊いていく。
ココのうどんの出汁はおいしい。関西風の旨みと甘みのバランスの良い出汁にカスをくわえることで、カス独特の香ばしさと強い旨みと脂の甘味が滲み出す。
それをそのままモツ鍋のスープに使うという工夫。しかもそこに赤唐辛子の粉をくわえて、チゲ鍋風に仕上げてく。
クツクツ炊いていくと鍋の真ん中が沈んで具材がスープに浸かる。沸騰をしたスープの泡で洗われるように煮上がっていく具材がなんともおいしそう。

カスの味わいだけじゃなく、モツの旨みもスープにまじりキャベツに染み込みなんとも旨い。
せっかくだからとココの自慢の生キムチ。
もやしのナムルも鍋に投入。
ご飯の上に乗っけてパクリ。スープの辛味が後から後から追いかけてくる。
具材がなくてもスープがしみたご飯がそもそもおいしくて、鍋から具材を持ち上げてまずはご飯の上に一旦置いてハフハフ。そしてご飯をパクパク味わう。
プリプリのモツがとろけてく。食べてるうちにどんどん唇がツヤツヤしてくる。モツのプルプルがそのまま唇に感染ったようで、どんどん汗が滲んででてくる。食べ始めると止まらぬおいしさ。たまらない。

r-sime1r-sime2r-sime3

鍋の〆が3種類。関西風のやわかうどんか雑炊セット。どちらもおいしいに違いなく、けれど「黄そば」というのが気になった。黄色のそば…、つまりラーメンを入れて煮込んで食べるというもの。
たのんでみると、あらかじめ茹でたラーメンをそのまま入れる。煮込むとどんどんやわらかくなく、コシも芯もなくしながらもヌルンとなめらかな喉越し、食感がなんとも独特。しかもスープをたっぷりたぐって口の中へと導きこんでくれるのですネ。
スープのベースが和風の出汁。そこに動物の脂や旨みが混じったスープで、だからゴクゴク飲めちゃうおいしさ。食べてたちまちオキニイリ。また来なくちゃ…、って笑顔で帰る。オゴチソウ。

 

関連ランキング:焼肉 | 新宿三丁目駅新宿御苑前駅新宿駅

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。