新宿西武、昭和喫茶でモーニング

新宿で朝。ひさしぶりに「西武」に来てみる。
喫茶店です。
どうしようもないほど昔から変わらぬ喫茶店らしい喫茶店で、昔東京のターミナル駅の近所には大抵こういうお店があった。
大きい。アールヌーボーっぽい装飾が随所にほどこされていて、豪華に見える。
シートがフカフカした椅子に小さいテーブル、隣の人が気にならぬよう通路は広めでついたてがある。
タバコが吸えて、煙をシートや絨毯、緞帳風のカーテンがたっぷり吸い込み四方八方からタバコの臭いが襲ってくる。これに数台の公衆電話がレジ横に置かれていたらバブルの頃、地上げ屋さんでにぎわった店そのもので、今や公衆電話はなくなったけど他はそのまま。ムカシノマンマ。

打ち合わせやら待ち合わせやらでにぎわう店も、朝の時間は静かでのんびり。トースト食べ放題の朝食セットとホットサンドイッチがメインのセットがあって、後者を選ぶ。
実はここ。むかし、カレーライスとサンドイッチなんていう朝からガツンとお腹を満たせる朝食セットがあって当時は好きだった。しかもそのカレーがC&Cっぽいスパイシーなサラサラカレーで、あれ、復活してくれたらいいのになぁ…、って今でも思う。もったいない。
お供にコーヒーをもらいます。ステンレスのピッチャーにたっぷりのミルク。ちょっと酸味が強く感じる喫茶店的コーヒーで、ところがミルクをたっぷり入れると酸味が失せて苦みばしった大人の味になるのがステキ。

で、肝心のメインのホットサンドの朝食セット。
たっぷりです。
どっさりでもある。
無造作に切ったレタスがドサッと手前に盛り上がり、そこにかぶさるようにサンドイッチが置かれてる。
ケチャップがぷちゅっとほどこされたソーセージが、これからお弁当箱の中に入るためスタンバイしているように見えたりもする。

トマトにポテトサラダがあって、おびただしい量のマヨネーズが搾り出されてひと揃え。
まずサンドイッチを一切れとりあげ食べるとなんとそこにバナナが埋もれてる。なんでこんな場所にお前はいたんだい…、と尋ねてみたくなる位置でおそらくサンドイッチは立った状態でそこにあったはずなんでしょう。それが倒れてバナナの上にかぶさっちゃった。クスッと笑う…、オモシロイ。

レタスをシャクシャク。みずみずしくて状態は良い。おそらくマヨネーズをつけて食べろということなのだろうけど、そのまま食べてレタス自体の甘みや渋み、軽い酸味をしっかり味わう。
カプッとかじってプチュンと歯切れる日本的なるソーセージ。サンドイッチの中身はローストチキンと千切りキャベツ、粒マスタードにマヨネーズ。薄切りパンがカサカサ前歯をくすぐる感じはオキニイリ。
朝のバナナは値千金。ポッテリ口の中でとろけて、甘みと軽い酸味がおいしい。さすがにたっぷりのマヨネーズはキレイに残して終えました。

 

関連ランキング:喫茶店 | 新宿三丁目駅新宿駅新宿西口駅

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。