新宿ルモンドでステーキ、リブロースにヒレ

新宿でランチタイムがはじまるタイミングで時間ができた。
ひさしぶりに「ルモンド」でステーキ食べるか…、とやってきてみたら小さな行列。
数えてみれば5人ほど。カウンターに10席ほどもあったはず。それで並んでみることにした。
5分ほどしてお店の人がやってきて、何にしますか…、と注文を聞く。
これで入ればほどなく料理にありつける。
注文をしてさらに5分で開店時間。席につくとテーブルマットにボクの注文が書かれた紙が挟まっている。それを目印に料理ができて、サイドの料理が運ばれる。メニューはとてもシンプルでステーキにサイドで10種類ほど。リブにサーロインにヒレと肉の種類も絞り込まれてわかりやすい。カウンターの向こう側ではすでに肉が焼かれておいしい匂いが漂う。

すべてのランチにサラダとライスがついてくる。今日はライスを抜きにしました。代わりにコーンポタージュつける。
ココのサラダはとてもシンプル。ちぎったレタスだけというモノ。
ただレタスの状態がとても良い。キリッと冷たくパリパリ、葉っぱの歯ざわり、歯切れに目が覚めるよう。ドレッシングはほんの少しの油とレモン。レタスの持ち味を心おきなくたのしめて、しかもお腹がスキッと空いてくる感じ。コンポタージュも濃厚味です。ぽってりしていて舌にのっかりしばらくそこに留まるおいしさ。甘くて風味ゆたかで、これぞポタージュって感じがうれしい。オキニイリ。

サラダにスープを食べ終えて、しばらく待ってメインが到着。
リブロース150gとヒレ110gの盛り合わせ。
「ダブルサービス」っていう二種類のステーキを自由に組み合わせることができるサービスで、付け合せが一人前分減ることで100円引きにしてくれる。
今日はご飯を抜きにして、肉でお腹を満たす所存で、さぁ、食べる。

ステーキという料理に何を期待するかによって、おいしいステーキの基準は変わる。
例えばガツン!と奥歯に叩きつけるような歯ごたえや征服感を味わいたいなら塊肉を塊のまま鉄板にのせガンガン焼きつつ食べるのがよい。
脂の旨味を味わいたければ鉄板焼きにまさるものなし。けれど牛肉のもっているネットリとした食感や奥歯や歯茎にからみつくような肉感的をたのしみたければ、表面だけをこんがりやいてしばらく休ませじっくり熱を通したレアのステーキがよい。

それがココのステーキで、よくできたローストビーフとステーキの焦げた風味を同時に味わうことができると思えば贅沢。脂控えめのヒレにはベーコンをぐるり巻き付け、脂の風味をまとわせる。メンドテールバターをたっぷり添えてやってくるのもありがたい。
レアに仕上がったヒレのネットリ、とろける食感。リブロースの脂の風味と奥歯に軽く抵抗しながらちぎれる繊維のたくましさ。醤油とどこか昆布や鰹節の海の旨味をたたえたタレがまたおいしくて、ただただひたすら切っては食べて、切っては食べて。付け合せのポテトフライに茹でたいんげん豆もよき相棒で、切っては食べて切っては食べて。あっという間にお腹にすべてが収まって、気持ちも満ちる。オゴチソウ。

 

関連ランキング:ステーキ | 新宿駅都庁前駅新宿西口駅

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。