新宿ルブラン、元三越脇マダムなドリア

新宿の「ルブラン」。ビックロの小さな道を挟んだ向かい側にある。
ビックロの隣…、と書くとピンとこない。
かつてビックロは三越だったから、三越の隣にある店…、と表現すればその存在がちょっと特別って感じがしてくる。
実は銀座三越の隣にもここの銀座店がある。
開店同時におばさまたちが続々、お店にやってきて明るい声と笑声がホールを満たしてにぎやかになる。
食事メニューはパスタ、グラタン、ドリアがメインでお茶やケーキのメニューが充実。隣のおばさま二人連れが「ここは量が控えめで、わたしたちにちょうどいいのよ」と言ってらっしゃる。「なによりお茶がおいしいし」とも。

つまりこの店。おばさまのための高級喫茶店というのがおそらく妥当な位置付けでしょう。
おばさまポーション。おいしいものをほんのちょっとだけ控えめに…、とはまもなく還暦とおじさんにもいいポーションと思ってニッコリ。一番人気のドリアをたのむ。
お店の表に置かれた看板にもドリアの写真が載せられている。かつては「新宿で一番おいしいドリア」と説明されていたけど、いろいろ事情があってでしょう。その謳い文句はなくなった。
でもドリアをおいしく作って出そうと努力する店がほとんどないから、ボクにとっては今でもここは新宿1のドリアのお店。

まずコーンポタージュとサラダが運ばれそれを食べつつお腹の準備。テーブルに並ぶシルバーはスープスプーンにサラダ用のデザートフォーク。大きなスプーンにフォークと4種。背筋がのびるテーブルセットがマダム仕様でございます。

よく焼いてくださいとお願いしました。
浅めの丸いグラタン皿の表面こんがり、キレイな焦げ色。お皿の縁に当たったソースがグツグツ小さく沸騰しながらやってくる。
チーズが焦げた香りがおいしい。そして熱々。スプーンを入れると湯気がボワっ。おいしい匂いがひときわ強く鼻をくすぐる。
ソースはたっぷり。料理の層の半分以上がソースな感じ。イカにアサリ、エビもたっぷり。スベスベにソテした玉ねぎにマッシュルームもまたたっぷり。下に敷かれたご飯はバターと一緒に炊き上げたバターライスでこれまた風味がしっかりしてる。

ふうふうしながら口に運んでハフハフ食べる。口から蒸気が飛び出してきてメガネのレンズが曇る感じがオゴチソウ。
味はやさしい。
マダム味とでもいいますか…、ベシャメルソースは旨味強いも塩味やさしくチーズの風味が際立つ感じ。タバスコをバシャバシャかけておじさん味に仕上げて食べる。食事が終わるとパンナコッタとエスプレッソが運ばれてくる。喫茶店の小さな昼のフルコース。プチな贅沢、堪能す。

 

関連ランキング:イタリアン | 新宿三丁目駅新宿駅新宿西口駅

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。