新宿ベルクのビッグドッグにクワトロチーズ

ベルクで朝食。
ちょっと早めの時間帯で、禁煙席が珍しいことにガラガラ。空気もキレイで得した感じ。
トーストがメインの手軽な朝食セットもある。でも今日の気持ちはソーセージ。
ビッグドッグを選んでたのみ、クワトロチーズをトッピング。朝のカフェオレをたのんで朝のひと揃え。
大きくて太いソーセージを使った料理です。それで「茹でるお時間を5分ほど頂戴いたしますので」と言われて呼び出し用のビーパーをわたされる。お供の朝のカフェオレをビーパーと一緒にどうぞと手渡され、テーブルにつきのんびりと待つ。
朝のカフェオレは普通のカフェオレに比べて量はたっぷり。カップにソーサーではなく大きなマグでやってくる。ミルク多めでしかもぬるいからゴクゴク飲めて、朝のお腹にやさしいのがいい。

座ったのはキッチン正面。ホットドッグやサンドイッチを作る手元が見える位置。大きなソーセージが温め上がり、溶けたチーズをかけて仕上げる様子が見えて、そろそろボクの朝ご飯が仕上がるんだろうなって思う。
5分弱。テーブルにおいたビーパーがブルブル震えてビッグドッグの完成告げる。
ちょっと不格好なドッグロール。キレイな円弧を描いて反っくり返り、ドグロールからはみ出す立派なソーセージ。ソーセージの上から注いだ溶けたチーズがパンの切れ目から溢れ出してツヤツヤ光る。

なんと見事でうつくしい。
ソーセージはパーンッと張りつめシワひとつない。
それに対して溢れ出しているチーズはゆっくり冷えて、キレイなドレープが入ってくる。
手作りにしたソーセージってその両端が個性的。
一方はツルンと丸くて、もう一方は親指の爪のようにいびつに凹んで見える。

どっちが前でどっちが後ろなんだろう…、って思いながらパキッと爪の方を折る。
メッシュ細かな豚の挽き肉。断面なめらか。肉汁がじわりとしみ出し口に含むとおいしいジュースで口が潤う。上品な旨味の中に肉の酸味が混じって後口、スッキリさせる。おゴチソウ。

パンはふっかり。空気をたっぷり含んでやかれて噛むとクシュッと縮んで歯切れる。口の中に入った途端にそれがフカッと膨らんで、口の中をやんわり満たす。
プチュンプチュンとソーセージが歯切れ続けて、ムチュンムチュンとパンと混じってトロリ、チーズと一緒にとろける。パンに比べてソーセージが太く大きく、そのボリューム感は圧倒的で、なのにソーセージだけを食べるよりもパンの食感が混じった方がなぜだかソーセージの存在感を強く感じる。ホットドッグって不思議な食べ物。小さなパンのかけらにのっかる最後のひとくちソーセージ。ミルクが甘いカフェオレで〆にしましょう。さぁ、仕事。

 

関連ランキング:カフェ | 新宿駅新宿西口駅新宿三丁目駅

 

コメント

  1. レオ子

    あ〜〜美味しそう!
    お肉を食べなくなって何年か経ちますが、榊さんのブログ(特にベルク)を読むと食べたくなります!
    ブログを読み始めてから、自然と食べることを楽しむ姿勢を心がけるようになりました。
    いつも素敵なお話ありがとうございます。

    • サカキシンイチロウ サカキシンイチロウ

      レオ子さん
      生きていくために必要な「食べる」という仕事。
      せっかくならば楽しみたいですものね。ちょっとした好奇心と遊び心、そして感謝が食べることを豊かにしてくれるように思います。ステキなコメント、ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。