新宿ベルクでハムにパン

新宿駅のベルクで朝。伊勢丹会館のBUNが閉店してしまってから、ベルクに来ることが多くなった。
雑然として、朝からニギヤカ。色んな人がいろんな目的でやってくる。そしてそれぞれ違った楽しみ方をして、みんな同じような笑顔で帰っていくお店。新宿という街の縮図のようで好き。

ちょうど一席。カウンター前の禁煙席が空いててそこに座って朝とする。
シアワセなことに朝からビールを飲んでのんびるする人やコーヒーだけをもらって外に飛び出していく人もいる。急ぐ人もいればぼんやりしている人もいてと、見ているだけでウキウキしてくる。
カウンターの下にどっさりビア樽が積まれているのにさすがと思う。さぁ、朝ご飯。ハムサンドイッチを選んでたのむ。

先日、ビールと一緒にハムをパンの上にのっけただけのひと皿をたのんでいた人を見て、ありゃ、なんだろうって思ってた。メニューを探すと、ハムサンドイッチという名前で確かにオープンサンドイッチと呼べなくもない。
でもその作り方のシンプルなコト。パンをお皿の上におき、そのパンを覆うようにハムをのせる。パンは二枚、ハムも二枚。ひとつの上にはスライスピクルス、もう一種類にはザワークラウト。たったそれだけ。この二枚のパンを重ね合わせて、二枚のハムを挟んでやればハムのサンドイッチになるんだろうけど、この形。いろんな食べ方を試してみて…、ってことなんだろうといろいろ試す。

まずはハムだけちょっとちぎって試し食べ。
しっとりしていてピトッと舌にはりついて、塩の風味と肉の旨みを口に広げる。噛むとホロリとほどけるように崩れてちらかる。
旨いハムです。正直なハム。
パンだけ食べると、ボロリと崩れるそっけないパン。
やわらかい。けれどフカフカなわけじゃなく、口の中の唾液を奪って口を乾かすような生地。
一緒に食べたらどうなるんだろう…。
パンを一枚おりたたみ、サンドイッチのようにする。

ふっかりパンが前歯をくるむ。
ムチッと歯切れてハムが前歯にあたってムチリ。ハムだけ食べたときに感じたキリッと強い塩味が、パンと一緒になってやさしい旨みに変わる。
このハムを味わうためにこのそっけないパンがいいんだろうなぁ…、逆にこのパンをおいしく味わうためにはハムの脂や塩気が必要。サンドイッチであるべくしてある料理ってステキだなぁって、指の温度でたちまちとろけてツヤツヤしてくるハムの脂をみて思う。

パンをひとかけ、ちょうど舌にのっかる程度の大きさをちぎってそこにハムをのっける。一緒にピクルスを一片のっけて舌の上においてみる。鼻からハムの脂の香り。酸味を帯びたピクルスの匂いにつづいて小麦の香り。おいしい香りが口を満たして、唾液がパンに染み込んでいく。
噛むとたちまちとろけます。
考えてみれば調味料をまるで使わぬこの料理。ハムにパン、そしてピクルスを素材同士がひきたてあって、味が整う。見事なり。朝のカフェオレをもらって口から喉を潤し目を覚ます。仕事にしましょう…、ニッコリと。

 

関連ランキング:カフェ | 新宿駅新宿西口駅新宿三丁目駅

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。