新宿ベルク、ビッグドッグにチーズをのせて…。

ひさしぶりにベルクに寄った。東京の東側での仕事が続いて、それでベルクに来られなかった。
今日はひさしぶりに新宿近くで打ち合わせ。ついでベルク。
朝、モスでちょっと残念なホットドッグを食べたこともあり口直しをかねビッグドッグを選んで注文。
セルフサービススタイルの店です。大抵の料理はちょっと待ってる間にできる。通常のサイズのホットドッグも丁寧に作ってくれはするけれど、立って待つのがたのしい程度の時間でできる。
けれどビッグドッグに限っては「少々時間を頂戴しますので」って言われてポケットベルをわたされる。
とは言え時間にして5分くらいでしょうか…、キッチンと客席を仕切るカウンターに前に作られた禁煙席でぼんやりしてると、ブルブルっとポケベルがなる。カウンターの中のお店の人と目があい、互いにニッコリ。もらって座る。

お供はアイスコーヒーにした。昨日から夏ちょっと手前のような陽気でちょっと歩くと汗ばむほど。体全体がアイスコーヒーを所望した。
ビッグドッグにはチリビーンズをトッピングして作ってもらうのを選ぶんだけど、今日はクワトロチーズを選んだ。4種類のチーズを溶かしてソーセージの上にトロンとたっぷりのっけて出来上がり。
いつもビッグドッグのソーセージの大きいことには感心するけど、今日のは特に大きく感じる。ドッグロールからはみ出すはみ出す長さは圧倒的で、その分ちょっとスリムに見える。とは言え大きなことには変わりはなくてウットリ眺める。それからパキッと先端部分を折ってみる。

熱々のソーセージです。
折った途端に「パキッ」と膜が折れてちぎれる音がする。
中はジューシー。
折れると同時に中に蓄えられていた肉汁がプチッと周りに飛び散り、指を濡らした。
口の中でもジューシーでした。
豚肉の旨味はそもそも繊細でスッキリとした旨味や甘みがそのまま中に閉じ込められてる。

それがジュワッと口の中を潤していく。肉はふっくら。それを包んだ膜がブルンとはぜながら肉がゆっくりとろけてく。スモークやスパイスの香りはほのかでおいしい肉の風味がずっと口の中に漂う。おいしいなぁ…、ズルいコトせず作った素材のおいしいコトにウットリします。

ドッグロールは表面サクサク。中はふっくらやわらかでほとばしり出る肉汁をしっかり受け止めとろけてく。ソーセージのやさしい味がパンに負けそうになるのをチーズの旨味や塩気で味がととのう。チーズのとろけもパンがとろける食感を引き立てなんとおいしいコト。
アイスコーヒーにポーションクリームを一個分。パッケージの蓋をパキッと割ってペリっと剥がして注いで味わう。氷の上にクリームが浮かんでしばらく溶けずに漂う。混ぜずそのまま飲むと自然にゆっくり混ざり喉を冷たくしてくれる。
いつもゆっくり食べようと思うのだけど食べはじめると止まらない。ムチュンパクリと食べ続けあっという間に最後の一口分が残った。食べたら次の仕事先へと移動しましょう…、ニッコリと。

 

関連ランキング:カフェ | 新宿駅新宿西口駅新宿三丁目駅

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。