新宿のベルク、ビッグドッグにチリチーズ

新宿の朝、ベルクではじめる。
時間がいつもより早かったからでしょうか…、ちょっとのんびり。それで時間のかかる注文をする。
ホットドッグのソーセージだけを大きく太いモノに変更したビッグドッグ。注文してから茹ではじめるので最低5分はかかってしまう。
それにチーズとチリをのっけてもらうというモノ。
注文したら「ビッグドッグチリチーズ」とオーダーが厨房スタッフに通されて、その瞬間に「おおっ」て軽くどよめく感じがするのがたのしい。
ページャーとお供のアイスコーヒーをわたされテーブルでのんびり待ちます。ボクの隣では朝の酒盛り。ピルスナーに入ったエールにグラスのワイン。どうも二丁目あたりの人たちみたいで、なるほど彼らの時計では今が夜中というコトでしょう。噂話がオモシロイ(笑)。

のんびり待ってジリリとページャーが震えて鳴る。
ボクのお皿の雄々しいことが、ボクが座ってた厨房前の席に座ってもうかがいしれる。
ロールブレッドからはみ出るほどのソーセージ。
長くはみ出てて分厚くはみ出る。左右に上にとあふれこぼれるソーセージにたっぷりかかったチーズがとける。
溶けてロールブレッドから溢れ出しとろけるチーズの下にはたっぷりチリビーンズ。くるっとお皿を回転させて裏側みるとチーズ色から一転チリ色。ウットリします。ビッグドッグには普通くわわることのないスライスオニオンまでもがどっさり入ってソースを突き抜け天を向く。カウンターまで取りに行き、それを手にして席に戻るたった数歩が晴れがましくて、背筋を伸ばしてにんまりします。

まずはソーセージの端をつまんでパキッとおる。
若干抵抗。皮がメリッとひび割れてブルンと一切れ。チーズやチリがこびりついててパクっと食べるとみずみずしい。
良きソーセージは肉から生まれて肉を越え、特別にしてあらたな存在になるのでしょうネ。風味豊かでムッチリしててさっくり歯切れて口の中を旨味で満たす。
パンを一口。小麦の香りは香ばしく、ほどよき弾力。塩の風味も豊かで歯ごたえが良い。
さて、ソーセージと一緒にパクリ。普通サイズのホットドッグに比べて太く、だから最初は一口分を口が少々もてあます。
口の中が満たされ、一杯になるのを感じて戸惑って、しかし口を満たしたすべてがおいしく、味わい深いことにウットリ。
ソーセージの弾力、旨味、みずみずしさ。
パンの乾いてこうばしいコト。チリビーンズの酸味に風味、そしてあとから強い辛味がおいかけてくる鮮やかな味。ひき肉のホツホツとした食感に豆の砕けて壊れる様子。それらをすべてひとつにまとめとろかすチーズのなめらかさ。

とんでもなくおいしいものを、しかも手づかみ。食べるというより喰らうたのしさに、一口ごとにワクワクしてくる。食べ進めると指がどんどん汚れてくるのもかまわずパクパク。指までなめて堪能します。
それにしてもたっぷりのチーズにチリビーンズ。無駄にしないようパンの角度をあちらにこちらに変えながら、もれなく口の中に収めるよう工夫しながら食べるのだけど、やっぱり溢れてお皿にたまる。スプーンを一本借りてきて、チリビーンズのチーズあえとして食べるとこれがまたおいしくて、隣のビールをじっと見つめる…、うらめしや(笑)。アイスコーヒーにミルクを少々垂らしてゴクリ。舌に唇、それから指がヒーヒーしてます。それもよし。

 

関連ランキング:カフェ | 新宿駅新宿西口駅新宿三丁目駅

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。