新宿のねぎし、仙台にないねぎし

ひさしぶりに「ねぎし」で牛たん。

新宿を中心に手広くお店を展開している牛たん専門のチェーン店です。
焼いた牛たんを麦飯ととろろのおかずにして食べる。
汁はテールスープでね…、という仙台式の牛たんを生まれて初めて食べたのは実は仙台ではなく新宿にあったねぎしだった。

ビックリしました。
当時、ボクにとって牛たんと言えば焼肉の一品か、洋食屋さんで時折目にするシチューくらいでどちらも結構、高かった。
それが案外手頃な値段でたのしめて、しかも定食として食べられる。
そんなに気軽でいいんだろうか…、と思ったものです。
後に仙台に実際行って、本場の牛たんを食べたときにもねぎしの気軽さやメニューの豊富さにむしろ「進化」を感じたものでした。おいしさだけで言えば確かに本場はスゴかったけど、楽しませ方においてはさすが東京でツメを磨いただけのことはある…、ってそんな感覚。

かつてはジャズが流れる大人な雰囲気。
今ではちょっと明るくなって、昭和モダンなインテリアとも相まって気軽な感じが一層強くなっている。
メニューも増えた。
牛たんだけじゃなくて牛カルビだとか豚バラだとかも扱うようになっていて、牛たん専門というよりも「炭焼料理」の店みたいになってはいる。
でもやっぱり牛たんだなぁ…、と、牛たん3種盛りをとってみる。

白たん厚切り、白たん薄切り、それから赤たんの薄切りという組み合わせ。
それぞれ2枚で一枚が半分づつに切られているから、都合12切れがお皿の上にきれいに並ぶ。
昔はおそらく、赤たん、白たんという区別はなくて薄切りだけが売られてた。
歯ごたえがあり、ときに噛み切れないようなものもあったけど、それでも十分おいしく感じた。
その頃から比べると白たん厚切りという部位の分厚くジューシーで、歯ざわりやわらかで肉汁タップリなコトにはビックリ。ウットリします。

こんなに透き通っているのになんでこんなに味がしっかりしてるんだろう…、といつも感心するテールスープ。
ちょっとズルいコトもしているはずだろうけど、それが決して嫌味にならないところがステキ。
ネギがおそらくいい仕事をしているんでしょう。
シャキシャキトロリと食感もよし。
青菜の浅漬に南蛮味噌。これもずっと変わらず昔通りで、南蛮味噌を初めて食べたときにびっくりしたのを思い出す。

ボクのテーブルのほぼ正面にある焼台で、時折、炎がちらりと上がる。牛たんから滴り落ちた脂に網の下の炭の火がうつって炎になるのでしょうネ。
一緒に煙がふわりとあがり、それがたんにしがみつく。脂と煙がおいしい香りに変化する。この香りがなかったから、どれほど魅力がなくなっちゃうんだろう…、って思ってニッコリ。焼台の前の人の汗かく顔に感謝する。

固めにたけた麦飯は、そのまま食べてもコツコツとした食感と、麦の滑るような食感がたのしいけれど、トロロを注ぐと一緒にコツコツ。スベスベとした滑る食感が引き立ちおいしい。
昔はコレにうずらの玉子が一個入っていたけれど、生食の玉子はいろいろ難儀なコトがあるに違いなく、なくなりました。それがしみじみウレシイわたくし(笑)。安心をしてトロリとかけてズルズル味わう。
たんの上に南蛮味噌をちょっとのっけて、ぱくりと食べてテールスープをごくり味わう。口の中がおいしい雑炊みたいになるのがまたたのしい。
なつかしい店が今でもこうしてあることが、何よりシアワセ。オキニイリ。

 

関連ランキング:牛タン | 新宿三丁目駅新宿駅新宿御苑前駅

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。