新宿のだぴん、さかなを食べる!

おいしい魚を食べようと、ひさしぶりに「のだぴん」に来る。
野暮用終えて時間が9時のちょっと前。電話をかけたらちょうど1テーブルだけ空いたとこという。
お客様が入れ替わるよいタイミングにニッコリしながら急ぎ足にてお店に到着。
預けてあった焼酎を緑茶で割ってまず乾杯。
ボトルキープをする習慣がほとんどないボクがボトルキープしている数少ないお店のひとつ。また戻って来ますからねと、覚悟をボトルの形に変えておいてく感じ。緑茶で割るとスイスイ飲めて料理の味を邪魔せぬところがまたうれしい。
野菜の料理をまずふたつ。天ぷらにした下仁田ネギは衣サクサク、ネギはトロンととろけて甘い。さやごと焼いたそら豆は香りゆたかで何より甘い。ホクホクとした焼き栗に似た崩れ感も焼けばこそ。季節の味にニッコリします。

海の幸の揚げ物ふたつ。ひとつはカニのクリームコロッケ。
俵状に仕上げたコロッケ。細かなパン粉が立ち上がるようにこんがり揚がって香りもおいしい。箸で半分に切り分け中を覗くとキレイなピンク。カニのほぐし身がたっぷり入って、割った途端に油の香りがカニの香りに置き換わる。ポッテリなめらかなクリームとカサカサとしたパン粉が混じって、ずっと味わっていたくなるようなおゴチソウ。
もう一種類はかきフライ。生がき、バター焼き、フライと用意されていて生がきもあきらめがたくもあったけど今の季節のかきを一番おいしくたのしむならばフライ…、とそれでかきフライ。海の旨味がギッシリパン粉に閉じ込められて添えられたタルタルソースもやさしくおいしい。

のだぴんと言えば刺身です。
今日もいろんな種類の魚が用意されていて、何にしようか迷って、迷ってしょうがない。
貝好きのボクです。メニューに並んだ魚介の中で「赤貝」の文字が飛び出して見えます。
それでそれ。
小肌と中トロはぜひ食べたくて、あとはお任せいたします…、とお願いをしてやってきたのが平目を加えた4点盛り。
ここの小肌はお腹をさいて中に大葉とガリを挟んでやってくる。むっちりとしたたくましい見質、大葉の香りとガリの酸味でお腹がシャキッとしてくるおいしさ。脂がおいしい中トロに平目はブリッと粘りつくような噛み心地。ザクっと歯切れてねっとり粘る赤貝と海のゴチソウを堪能します。

野菜も食べなきゃいけないね…、ってそれでゴーヤチャンプルー。ここは昔からポークたまごとかチャンプルーとか沖縄料理をずっと出してる。しかもこれがおいしくて、シャキシャキとしたもやしの歯ざわり、ゴーヤはゴーヤらしい苦味があってポークがカリッと焼かれているのがボク好み。
揚げ出し茄子豆腐。衣をつけて揚げた豆腐と素揚げの茄子。甘めの汁をたっぷりかけてフルンと味わいお腹をやさしくあっためる。
〆は寿司です。居酒屋料理は息子さん、寿司はお父さんの担当という二人三脚の厨房仕事。江戸前にぎりもしっかりしていてけれどロールがここの名物。中でもアボカドと穴子を巻き込み蒲焼のタレで味わうドラゴンロールのおいしいコト。ネットリとろけてお供の鉄火をおいしくさせる。食べてる間、ずっと笑顔が止まらぬお店。オキニイリです、またこよう。

 

関連ランキング:居酒屋 | 西武新宿駅新宿西口駅新大久保駅

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。